人気ブログランキング |
ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

苫小牧はすばらしい。

次号のひきだし(明日くらいから書店に並びます!)の巻末特集では「素朴な紙」と題して、ザラッとしたすてきな紙をいろいろとご紹介しています。

そんな素朴な紙として、ひきだし編集部・津田も大好きな紙のひとつに「アドニスラフ」というシリーズがあるのですが、今回その紙を作っている王子製紙の苫小牧工場に、ブックデザイナーの名久井直子さんと一緒に伺ってきました! 興奮しっぱなしの現場見学記は本誌を見ていただくとして、今日はそのとき案内してくださった苫小牧工場の猪股さんが東京にいらしていて、名久井さんと会うということだったので、私もご一緒させていただくことに。

c0207090_21143942.jpg


そこで今度新たに発売される、アドニスシリーズの見本などをいただき、名久井さん共々大喜び(ちなみに今回のひきだし本文用紙として使用してます!)。いやぁ、また苫小牧工場にお邪魔したいなぁ。真夏に取材だったけど、カラッとして涼しく、気持ち良かったなぁ……。おまけに工場内には松がずっと流れてて、その香がなんともよくて。

こんないいところで作られてる紙なんだから、そりゃ、ほっこりふんわりするはずだ、アドニスシリーズ!(いや本当はそんな理由じゃないけど)

写真は左から王子製紙苫小牧工場の猪股さん、王子製紙洋紙技術部の屶網さん、鈴木さん、紙見本をもらってよろこぶ名久井さん。そうそう、屶網さんが手にしているブルーのものは、王子製紙グループがつくっている「青い紙」ばかりを集めた紙見本帳「OPL Colorful Blue」。これはOJI PAPER LIBRARYで無料配布中! もらうしかない!!
# by design_hikidashi | 2009-10-01 21:14

竹尾見本帖本店2階で

c0207090_19223099.jpg

今、「THE SEARCH」展示が開催されているので、ちょっと行ってきました。10人のデザイナーの方々が紙、印刷、加工を駆使して作品をつくり、展示してあります。

いろいろ面白かったのですが、なかでも「ミランダ」という紙を使って作られた「おりがみ」という作品に、目を引かれました。これは折り方がわからなくても折れるおりがみ、というもので、山折り、谷折りがそれぞれ筋が押されている。実際に折るのはちょっと難しそうだけど、この「ミランダ」という紙は微細なガラス粉が入っていて、すっごくきれいにキラキラするんですが、それが蝶々のリンプンのように見え、上品ですてきでした。

折る前のものを各色もらうことができるとのことなので、もちろんいただきました!

明後日までやっているので、ご興味のある方はぜひ。
# by design_hikidashi | 2009-09-30 19:22 | 見学記

ピカピカ

c0207090_15491689.jpg

今朝電車に乗ったら、目の端にピカッと光のを感じた。むむむ、と思って見回してみたら、をを、これはまばゆい。文字がすべて金色の箔押し。商品のゴージャスさがわかりやすくアピールされてて、こういうストレートなの、けっこう好きです。
# by design_hikidashi | 2009-09-29 15:49 | こんなん見つけた。

2010年・日めくりカレンダー「ハローサンロクゴ」

c0207090_15482858.jpg

次号のひきだしでもご紹介させていただいてますが、印刷機でおなじみのハイデルベルグジャパンが、JAGDAと協力してすごいプロジェクトをやっています。その名も「プロジェクト365」。

詳しくはここを見るとわかるのですが、365人のデザイナーが1日分ずつデザインし、それを11種類の用紙に15種類の印刷技術(6社が担当)で表現しているという、すんごい日めくりカレンダーなんです。

その完成発表会がさきほど行われて伺ってきたのですが、完成品、おもしろい! 会見会場の後ろにすべての刷り出しが貼ってあったのですが、ニスの効果や、高輝度シルバー/パール、コールドフォイルの効果を、上から下から右から左から斜めからと、気持ち悪い動きをしながら(苦笑)、じっくりと眺めました。

現物はここから買えるそうです。ちなみに10月25日までに予約すると割り引き価格の3000円だそうですよ。印刷物好きな編集部・津田は即買いです!
# by design_hikidashi | 2009-09-28 15:48 | その他

ポスター内職中

『デザインのひきだし』は、全国の書店(150店舗くらい)と美術・芸術系大学に、発売に合わせてポスターを貼っていただいています。といっても貧乏な媒体故、豪華なポスター印刷は無理……。おまけに表紙はいつも特殊印刷・加工のオンパレードなので、印刷ではなかなかわかりづらい。

そこで1号のときから、あまった表紙を、本体と同じくらいの発泡スチロールに両面テープで貼り、実際の『ひきだし』のようなものを作ります。それを、1色か2色程度で印刷したB3サイズのポスターの真ん中にどーんと貼る、というポスターを作って、各所に貼ってもらっています。

だいたい200個くらいつくるのですが、その担当は編集部・河村。

c0207090_14464921.jpg


マスクをしているのは、新型インフルエンザというわけではなく、発泡スチロールの粉が飛ぶのをすわないため。こんな内職作業でつくったポスター、「うちにも貼ってあげるよ!」という書店、店舗、事務所、会社、その他の場所などをお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひ編集部までご一報ください。すぐに手づくりポスターお送りします!
# by design_hikidashi | 2009-09-25 14:47 | ただいま制作中!