人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

アルバイト急募!

※急な募集にも関わらず、大変たくさんのご応募ありがとうございました。ご応募多数につき、また、お願いする方が決まりましたので、締め切らせていただきます。(9/9 19時)

どうしても間に合わない作業があり、お力を貸してくださる方を急募します。
以下の日程・条件でアルバイトに来てくださる方がいらっしゃれば、ぜひご応募いただければ助かります。

●アルバイト募集要項
日時:2021年9月11日(土)1日のみ 10時〜17時
  (1時間お昼休憩含む。実労6時間。
   仕事がすべて終われば早い時間でも終了。
   その場合でも日給は変更ありません)
場所:東京都千代田区九段北にあるグラフィック社(地下鉄九段下駅より数分)
仕事内容:紙をスキャンするお仕事です。
給与:日給1万円+交通費実費(当日現金払い)
募集人数:1名
応募資格:年齢性別学歴不問、スキャンや簡単な画像補正など、Photoshopの基本操作ができる方
応募期間:2021年9月9日〜10日(早期終了の可能性あり)
応募方法:お名前、ご住所、お電話番号、年齢を書いたメールを、yuki@graphicsha.co.jpまでお送りください(件名は「デザインのひきだしアルバイト募集」でお願いします)。お仕事をお願いする方にのみ、折り返しこちらよりご連絡いたします。
注意事項:出社時、また作業時含めマスクの着用をお願いしたします。
---
弊社はリモートワークの社員も多く、社内もアクリルパネルやクリアシートで個別に区切られております。また消毒液なども常備し、感染症対策に務めております。当日は土曜日のため通常より出社人数も少なく、他の社員等とあまり近づくこともございません。
---

お力お貸しいただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご応募ください。どうぞよろしくお願いいたします。
(担当:雪)

# by design_hikidashi | 2021-09-09 13:57 | その他

アルバイト急募!

※たくさんのご応募ありがとうございました。ご応募多数につき締め切らせていただきます。(7/10 17時)

どうしても間に合わない作業があり、お力を貸してくださる方を募集します。
以下の日程・条件でアルバイトに来てくださる方がいらっしゃれば、ぜひご応募いただければ助かります。

●アルバイト募集要項
日時:2021年7月12日(月)もしくは13日(火)のどちらか1日 10時〜17時
  (1時間お昼休憩含む。実労6時間。
   仕事がすべて終われば早い時間でも終了。
   その場合でも日給は変更ありません)
場所:東京都千代田区九段北にあるグラフィック社(地下鉄九段下駅より数分)
仕事内容:紙をカッターで切ったり、紙にアイロンをかけたりの軽作業です。
給与:日給1万円+交通費実費(当日現金払い)
募集人数:1名
応募資格:年齢性別学歴不問、上記仕事内容ができる方
応募期間:2021年7月10日〜11日(早期終了の可能性あり)
応募方法:お名前、ご住所、お電話番号、年齢を書いたメールを、hikidashi@graphicsha.co.jpまでお送りください。折り返しこちらよりご連絡いたします。
注意事項:出社時、また作業時含めマスクの着用をお願いしたします。
---
弊社はリモートワークの社員も多く、社内もアクリルパネルやクリアシートで個別に区切られております。また消毒液なども常備し、感染症対策に務めております。当日は会議室でお一人で作業していただきますので、他の社員等とあまり近づくこともございません。
---

お力お貸しいただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご応募ください。どうぞよろしくお願いいたします。

# by design_hikidashi | 2021-07-10 16:35

『デザインのひきだし43』は和紙特集!

時間が過ぎるのが早過ぎる! ついこの間、グッズ特集の42号が出たと思ったのに、今日はもう『デザインのひきだし43』のお知らせです。

特集は「和紙のステキさ、再発見」。日本全国では北は北海道、南は沖縄まで、それぞれの土地で、魅力的な和紙がたくさんつくらています。でもふと思い返してみると、自分で本をつくっているとき、紙の選択肢に和紙が入ってないことがほとんどだった……。こんなに紙、紙いってる私なのになんでだろうと考えたときに気がつきました。

和紙の見本帳をあまり持ってない。そして和紙のことを詳しく知らない。

そう、いつも紙を選ぶときは頭に思い浮かんだ紙のイメージを、紙の見本帳をめくりながら確定して決めていきますが、そのおおもととなる和紙の種類やイメージが頭の中にちょっとしかなく、加えて実物見本も手元にないのが大きな理由ではないかという結論に至りました(私の場合)。

日本各地でたくさん魅力的な和紙がつくられているのに、それを使わないなんてもったいなさすぎる!!

周りのひとたちはどうだろうと、いろいろな人に「和紙つかってる?」とか「どんな和紙が好き?」とか聞いてみると、みんなの頭の中にある和紙も、結構狭い範囲の和紙だということもわかった。ご祝儀袋に使われているようなものとか、そのくらいの感じ。

でも調べれば調べるほど、使ってみたいと思う魅力的な和紙がたっっっっくさんあり、伝統的なものも、モダンなものも、大胆なものも、極薄のものも、本当にたくさんある。これを使わない手はない。使いたいと思っているひとに、どんな和紙がどこでつくられていて、どこに問い合わせたら買えるのか。実物見本もできるだけお届けしつつ、印刷加工もできるような情報や和紙グッズが得意な会社など、和紙をつかった紙ものづくりに役立つ情報をまとめよう。そんな思いからつくった1冊です。

『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11582672.jpg
『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11583300.jpg
『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11585190.jpg
『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11592155.jpg
『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11592558.jpg
特集内で紹介した和紙156枚を収録した和紙見本帳と、和紙グッズの実物サンプル5種類がつき、表紙もオリジナルの越前和紙(これについてはまた改めて詳しく紹介します)、本文用紙も全部和紙! そんな中身も外見もみんな和紙でいっぱいです。

『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11580008.jpg




---

『デザインのひきだし43』
『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_12001532.jpg

【特集】
日本各地でつくられる魅了的な紙
和紙のステキさ、再発見

和紙、と言われて真っ先に思いつくのは、ご祝儀袋や高い割り箸の袋に使われている大礼紙、というひとは多いだろう。そこから「古臭い」「自分の仕事で使いたいとは思わない」と感じてしまう人もいるかもしれないが、実は和紙にはさまざまな種類があり、そこには知ればぜひ使ってみたいと思う、魅力的な紙がたくさんあるのだ。

でもその情報は今どこにもまとまっていない。そこで本特集では、日本全国のすばらしい和紙紹介を中心に、その実物サンプル集と和紙製品サンプルを付録。今の和紙を知りたいひと必見の徹底大特集です。


●付録が超豪華!

特集関連付録→156枚綴じ込んだB6サイズ「和紙見本帳」+和紙グッズ実物5種類

連載関連付録→「祖父江慎の実験だもの」ポッティングシール+再帰反射印刷実験シート

『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11595517.jpg
『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_11593700.jpg


●表紙はオリジナルの越前和紙。

模様もロゴも「漉き込み」手法で和紙に入れた柄で表現。印刷はいっさいしていません!

『デザインのひきだし43』は和紙特集!_c0207090_12013079.jpg


【連載・記事】

もじモジ探偵団 File17[ワードライタの文字]

こだわりのある紙モノ・刷りモノ店へ[日本初の貼箱専門店 BOXNEEDLE

名工の肖像[銅版印刷(エングレービング) 鈴木聡]

祖父江慎の実験だもの。[プクッ、プリッと樹脂が盛り上がる、透明度が高いポッティング加工に挑戦!]

本づくりの匠たち 43[市谷の杜 本と活字館]

アノニマスデザイン史 第18夜[デザインの墾道み 田名後亜紀子]

編集部注目PICK UP![色の強さや物質感を徹底追求、待ちに待った展示がいよいよ開催! グラフィックトライアル2020

○○のデザインを考える 第8回[日常と非日常のデザインを考える]

ひきだし通信

微塗工上質紙「OKピクシード0ゼロ1ワン」ラインナップが大拡張!



全国書店で6月初旬に発売予定です。店頭に並ぶまで、もう少しお待ちくださいませ。

# by design_hikidashi | 2021-06-01 12:01 | ただいま制作中!

グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!

2月上旬に発売となった『デザインのひきだし42』、内容紹介シリーズ第三弾。今回は、編集部・雪が担当している連載2本の内容をご紹介します!

まずは「もじモジ探偵団」。
「街で見かけた気になる文字を調査し、レポート」する本連載、今回のテーマはこれです。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22350974.jpg
ピンと来た方も多いのでは?
1978年発売以来、愛され続けているロングセラーのビスケット「たべっ子どうぶつ」です!
グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22273888.jpg
ビスケットに印字されている文字や、パッケージの「たべっ子どうぶつ」の文字。これはだれがつくったものなのでしょう? アイアイ探偵と助手のネコくんが、メーカーのギンビスをたずね、そのナゾにせまります。誌面には、「たべっ子どうぶつ」全46種類のビスケットの写真を載せています! どんな動物がラインナップに入っているのか、それぞれどんな文字・形なのか……、ぜひじっくりとご覧ください。

それからもうひとつ、その道数十年の印刷加工現場の職人の方々をたずねるインタビュー企画「名工の肖像」。今回の名工はこちらです。
グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22274793.jpg
活版ぼかし印刷職人の清水康晴さん(長井紙業)。

「ぼかし印刷」とは、たとえばこういうもの。
グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22303540.jpg
活版印刷機のインキローラー上でインキを練りながら混ぜることで生まれる、網点のないグラデーションです。白い紙にすうっと溶け込むような「ぼかし」には、何度手にしても見とれてしまいます。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22304301.jpg
本誌はこれまで、清水さんの美しい「活版ぼかし印刷」を何度も紹介し、実物もお見せしてきました。最近の号だと『デザインのひきだし40』名刺・カードの特殊印刷加工特集で、活版印刷による網点レスのグラデーション印刷として、黄色とピンクのなめらかな「ぼかし」の実物サンプル付録を刷っていただいています。
グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22514818.jpg
この美しい印刷一筋で40年近くやってこられた清水さんは、どんなふうに修業を積み、技術を身につけていったのでしょう。じっくりとお話をうかがってきました。

---
ほかにも、連載記事ももりだくさんです!
『デザインのひきだし42』(グラフィック社)「ハンドプリントで! プロに頼んで! 紙もの&刷りものグッズづくりのA to Z」特集の『デザインのひきだし』、みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

グッズ特集の『デザインのひきだし42』連載記事にも注目!_c0207090_22311503.jpg




# by design_hikidashi | 2021-02-05 09:20

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2

先日も内容紹介をアップした2月上旬発売の『デザインのひきだし42』、書店店頭に並び始めたようです。


42号の特集は「ハンドプリントで! プロに頼んで! 紙もの&刷りものグッズづくりのA to Z」と題し、こだわった紙もの・刷りものグッズをつくりたい方に、自作する= ハンドプリントの方法と、プロに頼んでつくる方法の両面から、徹底的に紹介しています。

今回のブログでは、前回に続き、盛りだくさん全17種類!の
特集連動付録から、いくつかご紹介していこうと思います。興味を持ってくださった方は、ぜひ書店でお手にとってみてくださいね。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_14582818.jpg

さて、グッズ特集「プロに頼んでつくる編」では、このように、ネットで検索しただけでは出てこないような、こだわりの紙もの・刷りものグッズを、どこに頼めばつくれるのか、ロットやコスト、納期はどれぐらいなのかといった情報と一緒に50以上紹介しています。さらに、ここでご紹介したグッズのなかから17種類の実物サンプルが、特集連動付録として投げ込まれているのです。

たとえば、
グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_14595195.jpg
こちらは「強圧活版印刷の一筆箋」。和紙をつかった一筆箋です。表紙はオフセット印刷なのですが、
グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15001039.jpg
一筆箋本文は、銅版でキュッと圧をかけて刷った活版印刷。裏から触ると印刷部がでっぱっているのを感じるぐらい、ギュギュッと圧をかけてもらいました。和紙というと、にじむイメージがあるかもしれませんが、こちらの「うづき」は筆記適性が高く、万年筆や筆でも書きやすい紙なのです。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15050727.jpg
それからこちらは、回数券やコーヒーチケットなどに使えるミシン目入りのチケット。針金がループ状に飛び出している「アイレット綴じ」をしていて、フックに引っかけておけるんですよ。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15064939.jpg
こちらは小銭や切手を入れるのにぴったりの、小さな小さな「プチ袋」。こんなに小さい袋は通常、手貼りになってしまうのですが、この「プチ袋」は機械で製袋しているんです。すごい!

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15082184.jpg
こちらは「ポリクラ」というパッケージ資材。片面はこのように透明フィルム、そしてもう片面はクラフト紙。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15083530.jpg
こちらがクラフト紙面。フィルム面・クラフト紙面とも、フレキソ印刷で印刷可能。クラフト面の素朴な仕上がりがすてきです。白が映えますね。

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15121634.jpg
今回の付録には2種類のノートが入っています。そのうちひとつがこちらの薄い中ミシン上製本ノート。縦長の変型サイズです。
グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15123510.jpg
本文用紙にも、書きやすいと評判の紙を使用しています。
グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15160062.jpg
こちらは、一見オフセット4色印刷の名刺大のカードに見えるのですが、暗い場所で見ると……

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15161018.jpg
光るんです!(光っている画像は、一部をトリミングしています)

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15172542.jpg
それからそれから、ボードゲーム(印刷加工てんこ盛り)も付録に入っているんですよ! 紙の表面の模様、これは、こういう紙を使っているのではなく、「ロールエンボス加工」を施して凹凸模様をつけているのです。さらに……

グッズ特集の『デザインのひきだし42』内容紹介その2_c0207090_15191380.jpg
ちぎって遊ぶという斬新なルールのこのゲーム、ちぎってみると、両面印刷した2枚の紙が貼り合わされていることがわかります。ぜひ遊んでみてください!

……まだ全部はご紹介しきれていないのですが、付録紹介だけで長くなってしまいました。

そのほかの記事については、またあらためてご紹介します。
「ハンドプリントで! プロに頼んで! 紙もの&刷りものグッズづくりのA to Z」特集の『デザインのひきだし42』、書店店頭に並び始めています。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!
(編集部・雪)


# by design_hikidashi | 2021-02-04 15:26