ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

今回の「もじモジ探偵団」はテレビ美術の文字!/『デザインのひきだし36』

こんにちは、編集部・雪です。
「紙もの文具&玩具のつくり方」特集の『デザインのひきだし36』、入手された方々がSNSなどで「筆記適性にこだわった紙ノート」の表紙色(全20色のなかから1色が付録)や、組み立て消しゴム(全13種類のなかから1つが付録)にどれが入っていたー!と報告してくださっているのを、うれしく拝見する日々です。
さて今日は、そんな『ひきだし36』のなかから、連載記事のひとつについてご紹介。
c0207090_12093514.jpeg
「もじモジ探偵団」は、人気画家ヒグチユウコさんが描く探偵アイアイと助手のネコくんが、街などで見かけた気になる文字を調査する連載。だれがどんなふうにつくっている文字なのか、どんなところで使われているのか? など、調査結果をレポートしています。

第10回を迎えた今回のテーマは「テレビ美術の文字」。
c0207090_11324653.jpg
掲載している作例のひとつ。江戸時代のお店のメニュー

時代劇やドラマに登場する看板や手紙などの描き文字の数々について、テレビ美術のプロ集団「伊佐梅」さんを訪ねて、TBS緑山スタジオに行ってきました。

同社は、テレビドラマや映画、CMなどに登場する描き文字や小道具の制作を一手に引き受けています。現在はTBS、テレビ朝日、NHKの3局に出張所を置いているのだとか。本誌記事では、いろいろな描き文字の作例や、制作実演の様子をご紹介。くわしくはぜひ本誌の記事をご覧いただきたいのですが、ここでは、誌面に載せきれなかった描き文字以外の実演をご紹介します!


①提灯への家紋の「刷り込み」

時代劇ではよく提灯が登場しますよね。家紋や文字の入った提灯が必要な場合は、無地の提灯に描き込むのですが、何本もの骨が入って凸凹した表面に描くのは、むずかしいもの。下描きもなかなかうまくいきません。そこで「刷り込み」という手法を使うのだそうです。

「刷り込み」とは、入れたい絵柄や文字を切り抜いた型(この場合は紙)を貼って、アタリを入れていくこと。ステンシルのような感じですね。まず下の写真のように型を貼り……
c0207090_11373976.jpg

短い刷毛に絵の具をつけてポンポンとたたきながら、アタリを入れていきます。
c0207090_11404863.jpg
c0207090_11422075.jpg

ある程度アタリを入れたら、今度は筆でそれをなぞっていきます。
(写真は実演のため、アタリ入れの途中で墨入れをしていただいています)
c0207090_11432244.jpg

出来上がり!
c0207090_11463212.jpg
この凸凹した提灯の表面に、こんなにきれいに家紋を入れるのは、とっても大変なのだということがわかりました。すごい!!


②木目の看板

時代劇やドラマのセットに使われている看板類は、木の板や金属に見えても、実はスチレンボードなど、まったく違う軽い素材でつくられていることが多いそう。木目の看板も一からつくると聞いて、ぜひ見せてください! とお願いしてみました。

白いボードに、まずベースとなる色を1色、塗ります。絵の具はわざと完全に混ぜきらず、ムラが出るようにしています。
c0207090_11535435.jpg

次に、木目になる色を塗っていきます。
c0207090_11545462.jpg
ここで取り出したのが、この道具! ジャジャーン。
c0207090_11583485.jpg
道具の名前をお聞きしたところ「木目をつけるやつ」だそうです(笑)
表面はゆるやかな曲面になっています。

そして、先ほど濃い色をのせた部分を、この道具を揺らしながらなぞっていくと……
c0207090_12002617.jpg
木目が現れました! びっくり!!

「ぼくたちは、こうやってなんでも捏造しちゃうんですよ(笑)」と伊佐梅さん。
こんなふうに、なんでもつくってしまうテレビ美術のプロ集団・伊佐梅さんの描き文字仕事は、『デザインのひきだし36』「もじモジ探偵団」に5ページにわたり掲載しています。ぜひご覧ください!


# by design_hikidashi | 2019-02-13 12:10 | その他

デザインのひきだし36付録「筆記適性にこだわった紙ノート」がすごいのだ!

編集部・雪です。
昨日ぐらいから、書店店頭に『デザインのひきだし36』が並び始めました。コロコロ風表紙の「紙もの文具&玩具のつくり方」特集号です。
c0207090_16121575.jpg
  
今回の「紙もの文具&玩具のつくり方」特集では、「文具をつくるための専門知識」として、筆記適性のよい・書きやすい紙とはどんな紙なのか、紙選びのポイントや、筆記適性にこだわった紙も紹介しています。
c0207090_16163297.jpeg
「書き心地のよい紙」を集めて、試し書きの写真、ひとことコメント、規格を紹介

そして、この連動付録としてついているのが「筆記適性にこだわった紙ノート」。さまざまな筆記用具での書きやすさを追求した28種類の紙を16ページずつ収録した、実際に書き味を試せるノートです!(表紙の紙は全部20色のうち1色が使われています)
c0207090_16135436.jpg
これらの記事やノートをつくるにあたって、編集担当・雪、いろいろな紙に試し書きをしました。どーん!!
c0207090_16271883.jpeg
いろいろな紙にひたすら「ひきだし」と試し書き!

万年筆・油性ボールペン・鉛筆・蛍光マーカーで、ひたすら書いて書いて書きまくりました!!

今回取り上げたのは、ノート用紙や手帳用紙、便せんやレターヘッドに使われる紙など文具用途を想定して開発された紙や、筆記専用紙ではないけれど、実は書き心地がよいと評判の紙たち。白やクリーム色の紙が中心となるのですが、実際に何十種類を集めて比べてみると、同じ「白」「クリーム」といっても紙の種類によって微妙に色がちがうのがわかります。ノートの断面を見ると、色のバリエーションがあるのがわかりますよね。
c0207090_16151251.jpeg
そして、実際に書き比べをしてみると、同じカテゴリーのなかだけでさえ、紙によって特徴が全然違うのがわかって楽しかったです。

たとえば手帳用紙。手帳は持ち歩くので、各製紙メーカーはできるだけ薄くて軽く、かつ、インクが裏抜けしないように配慮して紙をつくっています。でも、同じ目的でつくられていても、パリパリした手触りの紙、しなやかで安定感のある紙、やわらかくゆらゆら揺らぐはかなげな紙、薄い手帳用紙のなかではフカッと感じる紙、表面が平滑につぶしてあってツルツルしている紙などさまざま。

「トモエリバー」は、手帳用紙のなかでもかなり有名な紙。もちろん以前から紙に触れたことはあったのですが、他の紙と比べてみることで、地合(紙の肌)のムラがかわいく、はかなげな手触りの紙なのだということに気がつきました。

一方、同じく手帳用紙の「サンライズ手帳」は均一な肌でコシがあり、書き心地も「安定感があるな〜!」という感じ。実際に書いてみること、それも、比べてみることで紙の新たな魅力に気づけたのは、とてもおもしろい体験でした。
c0207090_16434916.jpeg
ノート本文は、実際にノートにしたときをイメージしやすいように、細罫・太罫・ドットを印刷しています。もちろん、無地ページもあり

ぜひ皆さんも、実際に試し書きして、お好きな紙を見つけてみてください! 筆記具によっても、書き心地が全然違いますよ。





# by design_hikidashi | 2019-02-08 17:15

デザインのひきだし36 もうすぐ発売です!

毎度毎度、ブログ更新が新刊の内容紹介ばかりになってしまいすみません……。亥年こそ、もう少し頻度高く更新していきたいと思います。こんなこと取り上げて欲しい、という話題などあれば、hikidashi@graphicsha.co.jpまでメールくださいませ!


というわけで、2月初旬発売の『デザインのひきだし36』をご紹介させていただきます。


まずは表紙! ジャジャーン。


c0207090_09563213.jpg


ふふふ、どこかで見たことある感じがしませんか? 実は今回の表紙は、月刊コロコロコミック(小学館)の表紙デザインを33年間手がけている佐々木多利爾さんに、コロコロ風に密度感ぎっしりにデザインしていただきました! すごい! 本当にコロコロっぽい!! うれしい!!!


どうしてこんな夢のような表紙が実現できたかは、本誌内の連載「アノニマスデザイン史」と「月刊コロコロコミックリスペクト! ビーズ加工の表紙はこうしてつくられた」の両記事をみていただければと思いますが、コロコロ編集部にも正式にOKをいただいて、コロコロ風の表紙が実現したんです!


さらにアップ。


c0207090_09565709.jpg

タイトルまわりと「ふろく」の文字部分は、こんな風に立体的な金ピカ加工が施されています。スクリーン印刷を使ってのビーズ印刷の進化系といったらいいんでしょうか。私は仕上がってきたのを見て「ゴージャスな数の子みたい!」と思いました(笑)。これは京都のアトリエヤマチュウさんに加工してもらっています。驚きの加工工程なども、ぜひ本誌記事内でご覧ください。


では、中身のご紹介を。今回の特集は「紙もの文具&玩具のつくり方」です。

c0207090_10090695.jpg


自分で、もしくは仕事で頼まれてノートや手帳、メモ、付箋、シールなどなど、紙もの文具をつくりたい場合は多いですよね。そんなときに役立つ「使う」ということを主眼に置いた使いやすさや機能性と、見栄えの良さなどの意匠性を併せ持った「紙もの文具」をつくるには、どんな知識が必要なのかという、製本加工や紙についてご紹介しています。


例えば、「書きやすい紙ってどんな紙?」という記事では、筆記適性にこだわってつくられ、かつ、我らが誰でも購入して紙もの文具に使える一般品の紙についてドドンとご紹介。

c0207090_10102348.jpg


こちらの記事に連動した別冊付録も必見! その名も「筆記適性にこだわった紙ノート」。

c0207090_09575287.jpg

28種類の筆記適性のいい紙を各16ページずつ綴じこんだこのノートは、実際にどんな書き心地か試した上で、紙選びができるようにとつくったスペシャルノートです。全448ページもあるので、ものすごい厚み。

c0207090_09580605.jpg

クリーム色の紙も多いんですが、同じクリームといっても、銘柄ごとにその色味が違うのも一目瞭然。それぞれの紙には、銘柄名や問い合わせ先、また罫線やドットなどが、実際のノートや手帳づくりに役立つよう、印刷してありますよ。

c0207090_09581661.jpg
c0207090_09582322.jpg

変わり種としては、書くと脳が活性化!?するという「OKシナプス(名前もいい!)」なんかも綴じ込まれています。

c0207090_09583427.jpg

これが本誌に投げ込まれているので、すんごいボコッとしています(苦笑)。

c0207090_10112209.jpg


ちなみに、小口側を見ると、あれ? 色が違う!! 実は「筆記適性のいい紙ノート」の表紙は、独特の色目が美しくカラーラインナップも豊富な「グムンドカラーマット-FS」から20色を使っていて、どの色のノートが入っているかは運次第! というわけなんです(いや、この小口を見ればわかるんですが……)。どの色も綺麗なんでぜひ実物をみていただきたいです。

c0207090_09590399.jpg

本誌特集に戻りますが、特集後半では、紙もの文具と玩具を1ページで1アイテム(中には2ページにわたっているものもあり)ご紹介。お願いできる製造元はもちろん、最低ロットやコスト、納期、注意点などなど、実際に頼みたいときや検討するときに役立つ情報が満載です。

c0207090_09591465.jpg
c0207090_09591952.jpg
c0207090_09592462.jpg
c0207090_09592853.jpg

綴じ込み付録には、昔懐かしい、印刷でつくられた紙もの文具「発泡印刷スタンプ」なんていうものがついています。記事ももちろん特集内に。私が愛用している「印刷時インキ限界まで盛る。若干のツブレOK」の文言も入ってますので、ぜひ切って使ってみてください。発泡印刷でつくった簡易スタンプながら、けっこう綺麗に押せるんです。

c0207090_09594554.jpg

他にも、特集記事と連動した投げ込み付録がわんさか!

c0207090_09595394.jpg


四方金したカードや、加熱型押しで透明化するパチカを使ったシール、組み立て消しゴム、紙フォルダー、四方縁色付きカードなどなど盛りだくさん。


「紙の手帳」もすごいんですよ。2019年4月始まりのこの手帳は、手帳製本という1年間のヘビーユースに耐えるすごい製本の技が詰め込まれたもの。どこにその工夫が詰められているかは本誌記事をご覧いただくとして、いくつかご説明すると、型抜きされたインデックスが入っているんですが、そこに入った文字がビシッと揃った位置に入っていること(製本を知っていればいるほど、この難易度はわかるはず)、インデックスの表裏にコーティングが施されていること、360度開いても壊れにくいことなどなど……。本当にどこもかしこもすごい!

c0207090_10001253.jpg
c0207090_10001835.jpg

そして、カレンダー部分には、ひきだし読者のみなさんに関連しそうな記念日が入ってますよ。

c0207090_10002641.jpg


組み立て消しゴムは、形からオリジナルでつくれる消しゴム紹介の連動付録なんですが、全部で13種類あるうちのどれか1つが入っています。上の方を見るとちらっと見えるかも……。

c0207090_10004395.jpg

ゼイゼイ……。特集をさらっと紹介するだけで、だいぶん長文になってしまったので、今日はここまで。連載記事など他の情報は、また別途アップします。


こんなに連動付録もたくさん入った『デザインのひきだし36』はもうすぐ発売。書店店頭ではこんな風に、モコっと盛り上がって積まれると思いますので、ぜひ現物をお手にとってご覧くださいませ。

c0207090_10010026.jpg
アマゾンでの予約がスタートしています。他ネット書店でもそろそろ予約が始まると思いますし、リアル書店でも早いところで来週末くらいから販売開始されると思います。現物をご覧いただければうれしいです。どうぞよろしくお願い致します。




# by design_hikidashi | 2019-02-01 10:12

短期アルバイト募集

※たくさんご応募いただき、ありがとうございました。募集を締め切らせていただきました(1月22日15時14分)

グラフィック社編集部では、下記の要項で短期アルバイトを募集しています。

急な募集で恐縮ですが、以下、可能な方がいればぜひご応募くださいませ。
※「デザインのひきだし」の編集作業の募集ではございません。

日時:2019年2月4日(月)〜2月8日(金)
   午前10時30分〜17時(12時30分〜1時間昼休憩)
場所:千代田区九段北1-14-17 グラフィック社内
   (地下鉄九段下駅より徒歩5分)
謝礼:日給1万円+交通費全額
  (作業が早く終わっても謝礼の変更はありません)
仕事内容:企業やお店へ電話をして撮影物の取り寄せ作業をして頂きます。


【応募方法】
ご応募いただける方は、氏名、住所、電話番号、年齢を明記のうえ、 k.ohba@graphicsha.co.jp (担当:大庭)までメールにてご連絡ください。メールの件名は「アルバイト応募」でお願いいたします。

【応募〆切】1月23日(水)18:00まで(決定次第、早期終了の可能性あり)

ご応募お待ちしております。
# by design_hikidashi | 2019-01-22 10:13 | その他

『デザインのひきだし35』特集は「紙の加工」徹底攻略ガイド!!

つい先日、34号の特集内容をご紹介したと思えば、はやくも35号の発売です。毎回書いていますが、時の経つのはどうしてこんなに早いのでしょうか…

さて、2018年10月初旬に発売となりました『デザインのひきだし35』。今回の特集は【「紙の加工」徹底攻略ガイド】です!
c0207090_16332412.jpg

ひとくちに「紙の加工」と言ってもいろいろありますが、今回は大きく「抜き加工」「切る・削る加工」「凸凹させる加工」の3つに分けて、徹底的にご紹介。たとえば「抜き加工」にも、1枚もののペラを型抜きするのか、製本されたものをさまざまな形に型抜きするのかでは抜き加工の種類も異なります。しかも、最新のレーザーカッターを使うと、いままでの抜きの概念をくつがえすような、すごい加工ができてしまうんです。

たとえば、上↑にアップした『デザインのひきだし35』の表紙。画家のヒグチユウコさんによる、ひとつめちゃんの絵が印象的なデザインです。実はこれ、印刷ではなく、なんです!!!
このとおり。
c0207090_16365501.jpg
画像(ビットマップ)データをドット化して、そのドットひとつひとつをレーザーでカットしているため、網戸のように小さな穴だらけの表紙なっているのです(厚い紙を加工しているので、意外と強度もあります)。そんな最新鋭のレーザーカッターから、個人でも導入可能な卓上タイプのレーザーカッターまでを幅広くご紹介。

そのほかにも、たとえば昔ながらの抜き加工として、クッキー型のような型で手作業で抜く「ポンス抜き」を使った、こんな付録もついています。
c0207090_17030298.jpg
この猫ちゃん、ペラ1枚を型抜きしたのではなく、実は広げるとこんなふうに…
c0207090_17034881.jpg

蛇腹折りにしたものを型抜きしているんです。両面印刷なので、全部で8匹の猫が現れます。

c0207090_17055523.jpg
それからこちらのカレンダーは、紙の加工の基本ともいえる「断裁」の応用テクニック「ななめもーる」を活用したもの。メモの断面が斜めにカットされており、メモをめくってもめくっても、最後の1枚までカレンダーの絵柄がなくならないという、すごいワザ。
c0207090_17070380.jpg
今回の付録はその「ななめもーるカレンダー」のミニチュア版。カレンダーの玉(数字)をどこまで小さくできるか、極限にチャレンジしたもの。感動ものの細かさです。ぜひ実物でご覧ください!

それから、凸凹させる加工の代表格「エンボス加工」を用いた、美しいエンボスカードも付録。
c0207090_17102713.jpg
繊細な絵柄の中央に「ありがとー」の点字と「THANK YOU」の文字が入っています。絵柄の細かな凹凸もさることながら、点字の高さにもワザがあります。

c0207090_17124416.jpg
こちらはエンボス加工のお役立ち見本。彫刻版を用いてのエンボス加工は、浮き上げの角度や高さを変えると、凸凹の印象が変わります。指定するときの参考になるよう、4種類の角度と3種類の高さでチャートをつくったものを綴じ込んでいます。

このほかにも、いま日本でできる「紙の加工」を徹底的にご紹介。もちろん、それぞれの加工がどういうもので、どんなしくみで行われており、どんなものがつくれるのかという解説記事も網羅しています。
c0207090_17231377.jpg

* * *

そして、特集以外にも付録が盛りだくさん!
まずはこちら、ささやかな輝きが魅力の手軽なパール紙「キラキラ」の短冊見本帳全色全連量が収録されています。
c0207090_17251896.jpg
「キラキラ」はオフセット印刷ができるのが特徴。鹿児島睦さんの素敵なイラストを印刷した、4色とモノクロ両方のサンプルも本誌に綴じ込んでいます。
c0207090_17293320.jpg



そして!
本誌が初めて、雑誌らしいことをしました!
カレンダーが付録についているのです!!

c0207090_17412361.jpg
c0207090_17452855.jpg
「ポルカ」や「ブンペル」「OKミューズコットン」などなど、多くのファンシーペーパーがつくられている王子エフテックス・富士製造所。そこで紙ができるまでの現場を、カメラマン・木寺紀雄さんが撮影、名久井直子さんデザインで、1年間のカレンダーに付録しています。紙好きなら見逃せないカレンダーです!!

* * *

今回も、特集も付録も盛りだくさん!
『デザインのひきだし35』ぜひご覧ください!!

『デザインのひきだし35』

魅力的な紙ものをつくる際に必須なのが、「紙加工の知識」。
抜き加工、切る・削る加工、そして凸凹させる加工を徹底網羅し、
これからの紙ものづくりに役立つ決定版!

c0207090_17501781.jpg



















特集「紙の加工」徹底攻略ガイド

印刷物や紙ものをつくるとき、紙に印刷をするだけではなく、たとえば抜き加工を施して変わったかたちに仕上げたり、エンボス加工を加えて紙をモリッと盛り上げたりと、紙加工について知っていると、自由自在に紙ものをつくることができるようになります。とはいうものの、日本でできる紙の加工にはどのようなものがあって、どこにお願いすればできるのでしょうか。そこで本特集では、抜き加工(レーザーカット、トムソン抜き、ダイカット抜き、ブッシュ抜き、ポンス抜きなど)、切る・削る加工(各種断裁、Vカット加工など)、凸凹させる加工(エンボス加工、空押し加工、加熱型押し加工など)を最新情報から定番技術までしっかりおさえて紹介。どこにお願いすればそれができるのか、加工会社のリストも掲載しています。紙の加工に詳しくなるために必須の完全保存版です!

グラフィック社編集部・編
ISBN 978-4-7661-3168-0 C3070 本体:2,000円









# by design_hikidashi | 2018-10-09 18:06 | ただいま制作中!