ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

新刊案内『実例で学ぶ「伝わる」デザイン』

こちらも先月発売した新刊です。日本最大のデザイン事務所・アレフゼロが、実際に仕事でデザインした雑誌や冊子などの校正段階から完成に至るまでの、修正箇所、そのワケを赤裸々にあかします。実際の仕事の裏側を、このようにしっかり見られる書籍は類を見ないのでは。デザイナー必読の1冊です。

---------------------------------------------------------------
c0207090_14495857.jpg


『実例で学ぶ「伝わる」デザイン』

日本最大のデザイン会社「アレフ・ゼロ」が、
実際にデザインした雑誌や会社案内、
リーフレットなどの製作物を例に
どうすれば消費者・読者に「伝わる」レイアウトが
できるのかを解説します。


雑誌や書籍、会社案内や広告物など、デザイナーはさまざまな媒体をデザインしますが、そのデザイン案が1度で通るということは難しいものです。それは、クライアントがどのようなものを望んでいるのか、そしてそれをどのようにデザインしたらよりよく「伝わるのか」ということを、話し合いやレイアウトをやり取りする中でしっかりと捉え、形に落としこんで行く必要があるからです。
そこで本書では、日本最大のデザイン会社「アレフゼロ」が著者となり、デザイナーが初校やアイデア段階で出したデザインに対して、クライアントやアートディレクターから指摘された修正依頼を具体的に説明し、どう修正すればクライアントが求めているものになるのか、どうすればより読者や消費者に「伝わるのか」ということを踏まえて、実際に世に出たデザインはどのようになったのかを解説します。どれも本書のためにつくった架空のデザインではなく、実際にアレフゼロが請け負ったデザインワークを題材にするため、大変実践的にデザインが学べます。

判型:B5変形判/並製/140頁/ISBN978-4-7661-2224-4
定価:本体2,400円(税別)
著者:川崎紀弘、アレフ・ゼロ

amazon
[PR]
by design_hikidashi | 2011-05-18 14:50
<< トークショー「メッセージが伝わ... 新刊案内『デザインワークショップ』 >>