ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

今度はジュンク堂へ

c0207090_13322740.jpg

沖縄・那覇での夕食後、今度はジュンク堂那覇店へ。観光客で賑わう国際通りから1、2分歩くと、をを、見慣れたジュンク堂のグリーンの看板が。

すが県内最大だけあって、1階から3階まで広いフロアにはあふれんばかりの本、本、本。2階には県産本がこれまたたくさんあって、またも散財……。

3階の芸術書コーナーも超充実で、「デザインのひきだし」も3〜7号まで揃い、面だしして並べていただいてありました。おまけに、「標準 印刷見本帳」シリーズや「セオリー」シリーズなど、私が手掛けた他の本もかなり充実。「しかけのあるブックデザイン」も置いていただいてましたよ。ありがとうございます!!
[PR]
# by design_hikidashi | 2009-09-21 22:06 | その他

沖縄で浅葉克己さんの講演を聴く

c0207090_13354315.jpg

那覇市内を車で走っていると、与儀公園付近にあった掲示板に「オキナワデザインの現在」という文字を発見。むむ、なんだこれはと思って、急いで携帯で検索してみると、県立美術館で今現在この展示をやっているではないか!

急遽進路変更して県立美術館へ来てみると、ちょうど10分前から、浅葉克己さんが記念講演をやっているとのこと。なんたるタイミング。まだ少々席があるとのことで入れてもらいました。

でもその空いている席というのは来賓席。そそくさと一番前のその席に座らせてもらって、すごいお仕事の数々を冗談いっぱいで説明してくださる講演を楽しみました。いやー、与儀公園付近でキョロキョロしてよかった!
[PR]
# by design_hikidashi | 2009-09-21 17:38 | 見学記

宮脇書店とまりん本店

c0207090_12384460.jpg

編集部・津田は暇さえあれば島へでかけるのを趣味としていますが、このシルバーウィーク(いつの間にか、こんな名前がついてたんですね)は、沖縄本島と水納島という島へ来ています。

今回の目的のひとつが、今年、那覇に巨大書店がふたつ出来たので、そこに行ってみようということ。沖縄は県産のユニークな本がたくさんあるのも興味深いし、「ひきだし」も置いていただけてるかしら、というのも気になるし。

今日は一軒目の宮脇書店とまりん本店に来ています。とまりんというのは、離島へのフェリーうあ高速船などの港「泊港」に隣接した施設。ここの2、3階が宮脇書店になっているのだ。

2階は県内の出版社を始めとして、沖縄に関する書籍や雑誌がおかれていて、ついつい旅の途中だというのに、8冊購入。これから離島に行くというのにどうするのだ……。

3階にあがって芸術書のコーナーにいくと、ありました、ありました、「デザインのひきだし」の5号が1冊、6号が2冊。芸術書コーナーの担当者さんにもごあいさつ。これからもよろしくお願いします!
[PR]
# by design_hikidashi | 2009-09-21 12:38 | その他

やはり、めくる。


次号のことや別件なども含めて打ち合わせをしに、アジールへ来ています。

お土産に(?)表紙の見本を持って行ったら、アートディレクターの佐藤直樹さんもさっそくめくってます。やっぱり面白いですよねー。

「わっ、びっくりした!」

佐藤さん、めくったところのビジュアルに驚いてますが、そのビジュアル作ったのアジールさんじゃないですか(笑)。

「いや、そうなんだけど、実際にめくってみたら、びっくりしたー」

確かに。私も「やっちゃった!」ってびっくりしました、始めは。

発売前でまだ現物お届け出来ないのに、こんな話ですみません!
c0207090_13383294.jpg

[PR]
# by design_hikidashi | 2009-09-18 19:21 | ただいま制作中!

今回は200名くらいに読者プレゼント!

今朝、会社に来ると、重いダンボールがひとつ。バリバリっと開いて中をみると、をを、表紙のヤレが届いた!

c0207090_17153643.jpg


次号(10月初旬に全国書店に並びます)「デザインのひきだし⑧」の第一特集は「シール・ラベルはこんなことまでできるんだ!」と題して、子どもも大人も大好きなシールについての大特集なのですが、それにあわせて、表紙が全面シールになっているのは、ブログ初日にお話した通り。

このシールをはがすのが思いのほか楽しいのですが、ふと考えてみると、2000円出して買った本の表紙を思いっきりはがしてしまう、というのは、ちょっと勇気がいるかも。という気がして、それなら、表紙制作時に出たヤレ(ちょっと型抜き位置がずれたりして、実際の製品には使わないもの)を、3枚1セットにしてプレゼントすれば、ヤレを無駄にしなくてすむし、もらった方も思いっきりシールを楽しめるし、一挙両得ではないか、と思った次第。

それを表紙の印刷/型抜き加工をしてくれた福永紙工の社長・山田さん(本誌に登場します!)にお話したところ、「じゃあ、ヤレは処分せずに全部送りますよ」といってくださっていたのだが、それが今日、届いたというわけ。もう既にシールをはがしたくてしょうがないのですが、これは読者プレゼント用。固い決意で我慢して(苦笑)、誰にも触られないように、倉庫に保管しました。応募方法などは、本誌の最後の方に載っているので、ご希望の方はぜひご応募ください。先着順にどんどんお送りします!
[PR]
# by design_hikidashi | 2009-09-17 17:16 | ただいま制作中!