ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんな印刷しているの? T&K TOKAの凝った印刷カレンダープレゼント!

みなさん、こんにちは。ひきだし編集部の津田です。

昨日は席移動に伴って放出品プレゼントを行いましたが、今日もまたプレゼント企画です。昨年もこのブログでご紹介して大好評だった、T&K TOKAのカレンダープレゼントを今年も行います!

めっちゃくちゃ蛍光感の高いオフセット用蛍光インキ「TOKA VIVA FLASH DX」シリーズや、漆黒のような濃い墨インキ「サタンブラック」「デビルブラック」、そしてUVオフセット印刷インキでは業界トップのインキメーカーがT&K TOKAです。ひきだし本誌でも、何度もご紹介させていただいているので、おなじみの方も多いのでは。

T&K TOKAは毎年、自社のインキを効果的に使った、凝ったカレンダーをつくっているんですが、そのカレンダーをひきだし読者というか、このブログをご覧になっている方にプレゼントしてくださるそうなんです。

今年もいの一番に送って来てくださいました。昨年は全ページ蛍光色でしたが、今回はピカピカな金銀、そして濃い墨などなど、他のインキもたくさん使われていて、カレンダーとしてはもちろんなんですが、オフセット印刷の見本帳としても価値の高いものだと思います。

写真でご紹介してもよくわからないので、実物をご覧いただくのが一番なのですが、プレゼント発送は12月20日頃だそうですので、その前にチラッとお見せします。

まず表紙はこちら。
c0207090_17453786.jpg


今回メインで使われているインキ、金・銀・蛍光・濃い墨がどどんと刷られています。そして次に目につくのが製本部分。昨年までは普通の金具を使ったものでしたが、今年はリング部分もすべて紙。

c0207090_17464375.jpg

中正紙工さんの「ペーパーリング」が使われているんですねー。これだと、捨てるときにわざわざ分別する必要がなくて、リング部分も本体最後のページも一緒に捨てられて便利です。

……といっても、私はこうしたカレンダーは「見本帳」として、家のひきだしにしまい込んでいるので、捨てないのですが(苦笑)。

中身を開いてみると……おお! これはどうやって刷っているのだ!? と、いきなり目を近づけてしげしげ眺めてしまう月ばかり。

例えば、1-2月は金を主体に刷られているんですが、微妙に色味の違う金が散見しています。
c0207090_17515221.jpg


今、オフセット印刷のことを調べているからこそ……かもしれませんが、「もしかして金の下に色を敷いて、色味の違い金色を表現しているの?」とか「金を2種類使ってるの?」とか、いろいろ勘ぐってしまいます。

他にも、4-5月は蛍光ピンクを主体に、その上に桜が刷られているんですが、この表現が不思議! なんかパール色のような、ここだけ浮いているような、摩訶不思議な感じに刷られています。
c0207090_1754590.jpg


6-7月は、墨表現が主体なのですが、色味の違う感じの墨がそこかしこに。
c0207090_1755122.jpg


……この勢いだとすべての月を紹介してしまいそうなので、ここまでにしておきます。

じろじろルーペで眺めた後、一番最後のページを見てみると、そこに使ったインキと刷り順が載っています。おお、こんな少ない数で刷っていたのか。先に金を刷っていたのかーと、自分の考えが合っていたかどうかを確認できます(笑)。

こんなすばらしい来年のカレンダーを、なんと250名様にドドーンとプレゼントしてくれるそうです。これはうれしい!

応募の方法などは以下をご覧いただき、TOKAさんのWebサイトからお申し込みください。こんなカレンダーが無料でもらえるとは、またとないチャンス!

●T&K TOKA 2014年カレンダープレゼント
応募資格:デザイン関係の仕事をしている企業・個人・教育機関(但し学生を除く)
プレゼント数:先着 250名 (1社[1名]につき1部とさせて頂きます)
応募期間:今日から本年いっぱい。250名に達した時点で受付を終了します。
※システム上、受付を止めることが出来ませんので、251名以降の方には当選に漏れた旨をメールにてご連絡致します。
発送予定:12月20日ごろ/ゆうメール(旧冊子小包)にて配送予定
応募方法:T&K TOKA 問い合わせページより。「必須事項」に入力の上、ご応募ください。会社名欄には、必ず社名又は職業(フリーランス・デザイナー等)を入れてください。
[PR]
by design_hikidashi | 2013-12-10 18:04 | イベント・展覧会・新製品情報

放出品、差し上げます!

(13時20分、追記)募集は締め切りました。数多くのご応募、ありがとうございました!

みなさま、こんにちは。年の瀬にはまだ少し早いですが、会社(会長)から「席を移動せよ。そして荷物を片付けよ!」と厳しい達しが出てしまいました。この会社に入社して8年半、その間も毎年、荷物はせっせと片付けていたつもりだったのですが、席を移動するとなると(入社以来はじめてです)、今まで見ないふりをしていた資料なんかも、片付けなくてはならないわけで。

『デザインのひきだし』をつくっていると、いろいろな紙や印刷・加工関連の資料・サンプルがたまってくるので、物量がものすごいことになっていたのです。

「席を移動したくない」とか「もっと収納場所を」とムダな抵抗をしてみたのですが、文字通りムダで、席移動+収納場所も半分くらいになる、という暗澹たる結果に(涙)。

もうこうなってはしょうないと、意を決して、きのうの日曜日、席の引っ越しをしました。でも、あまりに処分しなくてはならないものが多すぎて、twitterに泣き言を書いたところ……なんと、救いの天使が2人登場してくれました! 皆さんご存知のブックデザイナーの名久井直子さんと、今年独立したばかりなのにてんてこ舞い大忙しのブックデザイナー黒岩二三さんです。

わーわーわー、ありがたや!

そんなお二人が、私の新しい席に置ききれない資料や見本帳、サンプル品などを、福袋形式で詰め込んでくれました。じゃじゃん。

c0207090_1223419.jpg


それがこの15袋。それぞれお二人がテーマ(?)を決めて、入れてくれました(中身の説明はブログの最後に)。これを「ほしい!」という方がいらっしゃったら差し上げますので(もちろん無料です)、ぜひご応募ください。捨てるにはしのびないので、どなたかに役立てていただけたらうれしい限りです。

応募法はメールにて。件名を「放出品プレゼント希望」としていただき、本文に

1、どの袋が希望が
2、発送先の郵便番号、住所、電話番号、お名前(会社のかたは会社名も)

上記2項目を書いて、 hikidashi@graphicsha.co.jp までメールにてご応募ください。先着順に差し上げます。(上記項目に不備があった場合は、次の方に繰り下げになりますので、ご注意ください!)

さて、最後に福袋の詳細です。(コメントは、福袋をつくってくれた名久井さんが書いてくれましたよ)

紙見本セット(2セットあり)
 なじみの紙から、めずらしい紙まで、
 紙の見本がどっさり詰まっています。

風変わりな紙見本セット(2セットあり)
 合成紙やフィルム、不織布など、
 ちょっと変わった紙の見本がどっさり詰まっています。

加工見本セット(3セットあり)
 LCコートや箔をはじめ、3D、タックシールまで、
 たくさんの加工見本がわんさか。
 いつか使える時を夢見てください!
 
インキ大好きセット(1セット)
 インキ見本がいろいろ。見本帳になっていないものもたくさん。
 なかなか手に入らないスクリーン印刷のインキ見本も。
 インキ缶もオマケに入っています。小物入れに最適。

更紙大好きセット(1セット)
 漫画雑誌の色更紙から、いろんなクラフト紙など、
 ざらっとふわっとした紙が、ずっしりと詰まっています。

板紙大好きセット(1セット)
 手に入りにくい板紙やライナーなどの見本がたくさん。
 今では製造中止になった板紙見本もあるので愛でてください。

かわいい見本セット(1セット)
 印刷加工見本で手に入った、かわいい印刷物がごちゃごちゃと
 たくさん入っています。紙好きな方は楽しめるかと。

実用セット(2セットあり)
 ノートや便せんや付箋など、実際に「使える」セットです。
 紙まわりの仕事じゃない方も是非。

本関係セット(2セットあり)
 束見本や、本まわりの仕事の方に役立ちそうなセットです。
 
以上です。ぜひご応募ください!(どなたかもらってくれないと、会長に捨てられる!)
[PR]
by design_hikidashi | 2013-12-09 12:48 | その他