ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ナナロク社の本にうっとり。

私は(といっても、私が誰だかわからない人も多いですよね……。『デザインのひきだし』を編集している、津田です)無類の本好きです。小学生の頃はマンガ一辺倒でしたが、中学生くらいからいきなり文字の本に嵌り、以来、マンガと本にお小遣いのどれだけ高い割合を費やしてきたか。

社会人になってからは、内容が面白そうなのはもちろん、ブックデザインがいいものも買うようになって、その本屋さんへの貢献度はより一層高くなり、現在に至ります。とほほ。

「ジャケ買い人生に一片の悔いなし」と心の中で思い、カバーはもちろん、表紙や本文組み、製本や素材などじろじろ見回し、触ってにおいをかいで、全体のブックデザインが気に入ったものは、中身に興味がなさそうでも、とりあえず買ってしまいます。そこからある体験をして、ブックデザインのすごさを身にしみて感じたんですが、それは昔つくった『BOOK DESIGN』というムック本に掲載しましたので、ご興味ある方は立ち読みしてみてください。(今は、1号2号が合本になった『BOOK DESIGN 復刻版』というものが書店にあると思います)

というわけで、私はブックデザインに並々ならぬ興味を持っているんですが、最近、新しくたちあげられた出版社から出される本が、なんだかすごくすてきなブックデザインのものが多くて、ついつい手にすることが多いのです。

その中のひとつが、ナナロク社。写真集『未来ちゃん』も祖父江慎さんのブックデザインが効いていて、即買いしました。コデックス装で仕上げられた本は、背標(いや、背丁か!?)でタイトル文字が表されてて、本文の開きもよくて。他にも、近藤聡乃さんのスケッチ原画集『kiyakiya』もすてきだったなぁ。角丸ですべてペラ丁合された本文ページ。背が寒冷紗でくるまれたままのプロトタイプ感もすごくよかった。(amazonの書影だと何もわからないけど)

c0207090_1730392.jpg

今年に入ってからも『モダンタイムス』(カバーなしの上製本で、タイトルがガッツリ箔押ししてあって、花布の赤がニクい! 本文ページにベタベタにニス刷ってる感じもいいわぁ)『近藤聡乃エッセイ集 不思議というには地味な話』(とにかく、カバーにグラシン紙かけてるのにキュン! 扉前の遊び紙や表紙もうっとり)『ファミコンの思い出』(装画が絶妙で、クロスステッチ刺繍のイラストもすてき。あと本が軽くて開きがいいのが、この本にぴったり。においも木の香りでうっとり)と、どれも悔しくなるほどのブックデザインの良さ。どれも寄藤文平さんと鈴木千佳子さんのブックデザインです。

うーむ、どれも粒ぞろいですごい。ブックデザインの惹かれて手に取って、読んだら面白かった! っていう人も、多いだろうなぁ。次にまたどんな本に出会えるのか、ナナロク社の新刊が楽しみ!

(ここで紹介した本、一応リンクつけてるんですが、実物見て開いて触って読まないと、本のステキさがわからないのと思うので、リアル書店で見ることをおすすめします!)
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-28 17:32 | こんなん見つけた。

新発売のオフセット用蛍光インキがすごい!

今日は、来月新刊の見本があがってくる日。できあがるよろこびも大きいのですが、致命的な間違いがないか、ドキドキ……。この後どうやってみなさんに見ていただけるようにしていくかなど、よろこび以外の気持ちの方が大きいのでした。

さて、そんな中、こちらも皆さんにぜひみていただきたい。ドンッ!(机をたたく音)

今月発売した『デザインのひきだし16』の「編集部注目PICK UP!」でご紹介した、新しい蛍光インキ「TOKA FLASH VIVA DXシリーズ」。

これは、従来からオフセット印刷用の蛍光インキでは、その蛍光感の高さで定評のあるT&K TOKA。そのTOKA FLASHシリーズが、蛍光色の濃度アップして新発売されたのだ。

ジャーン。
c0207090_1511062.jpg


写真じゃよくわからないと思いますが、従来の蛍光色より、ホントに濃い! 蛍光感高い!! 他社の蛍光色と一緒に見てみると、他社のもの普通の色に見えるよ……。
ずっと見ていると目が痛くなるほどの鮮やかさ。

蛍光色は通常、オフセット1度刷りでは効果があまり高くならず、2度刷りしている人も多いことかと。この「TOKA FLASH VIVA DXシリーズ」は、1度刷りでもかなりの蛍光感を出すことができるので、コストも時間も抑えられるといううれしいインキ。(値段も従来のVIVAと変わらないとの噂)

『デザインのひきだし16』では、「TOKA FLASH VIVA DXシリーズ」のうち6色をコート紙と上質紙に1度刷り、2度刷りしたものを綴じ込んでいますので、ぜひこのすごい蛍光色の現物をごらんください!
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-25 15:12 | ただいま制作中!

白インキ徹底テスト結果展 今週金曜日まで!

先週の日曜日18時から開催した、「白インキ徹底テスト結果展」トークショー、予想以上にたくさんの方にきていただけて、本当にうれしかったです。大島依提亜さんのお話も、相変わらず変態っぷりを発揮してておもしろく、また見本をみなさんに見せる係で名久井直子さんにもお手伝いいただいて(なんて豪華なアシスタント!)、出た本人が一番たのしかったのでは……と一抹の不安も。。。

さて、そんな「白インキ徹底テスト結果展」ですが、いよいよ残すところ今日を入れて3日となりました。22日(金)の19時には撤収してしまいますので(また、今回以外に展示の予定もありません)、お時間ある方は、ぜひ金曜日までにご覧ください。

c0207090_15355258.jpg


---
『デザインのひきだし16』第二特集連動
「白インキ徹底テスト結果展」

■日時:2012年6月8日(金)〜6月22日(金)
■会場:青山ブックセンター本店内・デザインコーナー
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-20 15:36 | イベント・展覧会・新製品情報

「もじ部」参加者募集! 次は「フォントの目利き」竹下直幸さん編!

*こちらの募集は6/29(金)AM10:00をもって締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
*7/2(月)抽選の結果をお送りしました。当選者の方のみのご連絡になります。ご了承くださいますよう、お願いいたします。


こんにちは。編集部・雪です。
本日は、次号『デザインのひきだし17』に掲載の「もじ部~ フォントの目利きになる!~」参加者募集のお知らせです。

今回の「もじ部長」は、モリサワ「竹」や「イワタUD新聞明朝」「UCDAフォント」を手がけた、フリーランス書体デザイナーの竹下直幸さんです。竹下さんは、かつて「街でみかけた書体」というブログを展開し、どんな書体もすぐに特定してしまう、「フォントの目利き」でもあります。

今回は、「イワタUD新聞明朝」を中心に、竹下さんがデザインした書体がどのようにつくられたのかをお聞きするほか、どうしたら竹下さんのように書体を見分ける目を身につけることができるのかについてお話いただきます。街で見かけた気になる文字が何の書体なのか、つきとめるチャンスかもしれません!

「書体、フォントはどのようにつくられているのだろう」「タイプデザイナーってどんな仕事なんだろう」などなど、日頃から疑問を抱いていた方や、とにかく文字が好き、文字が気になるというみなさん、ふるってご応募ください!

以下、詳細です。

【デザインのひきだし連載企画「もじ部〜フォントの目利きになる〜」】

フォントの良し悪しって、どうやって判断したらいいんだろう? 書体の制作背景や作り手の意図がわかったら、フォント選びがもっと楽しく豊かな時間になるかもしれない。

そんなふうに思っている『デザインのひきだし』読者に集まっていただき、フォントメーカーや個人の書体デザイナーの方などフォントの作り手を訪ねて、制作背景やコンセプト、この書体のここを見てほしいというポイント、フォント選びの考えかたなどを、じかに教えていただこうという企画です。

この連載企画では、毎回、読者の方から参加希望者を募集します。
第6回「もじ部」の開催概要は以下のとおり。

※第6回のもじ部の様子は『デザインのひきだし17』誌面に掲載します。

【第6回「もじ部」開催概要】
●日時:2012年7月11日(水)19:00~22:00
●開催場所:東京都内(新宿)
●もじ部長(スピーカー):竹下直幸さん

※ 竹下直幸さんプロフィール:1970年、埼玉県生まれ。1993年多摩美術大学を卒業後、モリサワに入社。同年『モリサワ国際タイプフェイスコンテスト モリサワ賞』で銀賞受賞。1997年に同社を退社し、1998年、タケノコ・デザインルームを設立。2007年、オリジナル書体「竹」をモリサワより発表。2006年に一年間限定のブログ「街でみかけた書体」を、2009年には「世田谷でみかけた書体」展を開催した。多摩美術大学非常勤講師(2006年~)、東京藝術大学非常勤講師(2012年~)。
http://d.hatena.ne.jp/taquet/


●募集定員:5名

●参加対象者:書体、フォントに興味のある方でしたら、どなたでも。ただし、フォント制作に関わるお仕事をされている方はご遠慮ください。また、『デザインのひきだし』誌面に顔写真、お名前などが掲載されることをご了承いただける方に限らせていただきます。

【応募方法】
氏名、年齢、職業(学校名)、メールアドレスに、竹下直幸さんに聞いてみたいことを添えて、デザインのひきだし編集部までメールをお送りください。

●メールの件名は「もじ部参加希望」でお願いします。
応募先 → hikidashi@graphicsha.co.jp

※定員を上回る方のご応募があった場合、抽選とさせていただきます。
※結果は当選者にのみ、メールにてお知らせいたします(7月3日頃までにご連絡の予定)

【応募〆切】

6月29日(金)午前10時まで

以上です。みなさまのご応募をお待ちしています。
どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-14 08:46 | ただいま制作中!

『レイアウト、基本の「き」』発売中!

いろいろな人から「レイアウトの基本を知るために、おすすめな本ってある?」と聞かれることがある。その度、うーんと考え込み、書店で探したりするのですが、どうにも本当に基本をしっかり抑えてあっておすすめの本というのは見あたらなかった。

基本と銘打っていても、それは「レイアウト」の基本ではなく、「アプリケーション操作の基本」だったり、「実践で役立たない基本」だったり。また内容がよくても、作例がダメダメで読む気にならなかったり。

何年間もずっとそんなことを思っていたところ、『デザインのひきだし』のアートディレクターも務めていただいているアジールの佐藤直樹さんが、「それなら書くよ!」と言ってくださったのが1年ほど前。

そこから艱難辛苦……というほどでもないかもしれませんが、紆余曲折ありつつ、『レイアウト、基本の「き」』という、本当に最初に読んでいただきたい、基本中の基本がつまった本ができました。

ジャジャーン。
c0207090_17413384.jpg


本書は「0章」から始まります。0章っていうのも、改めて考えてみると変な感じですが、これは導入ページで、佐藤さんが本当に目の前でしゃべって教えてくれているような、そんな気になるページです。

それら含めamazonの「なか見!検索」で、内容がチラッとみられますので、よろしければそちらもご覧ください。→こちら

担当編集の私が思う、本書のポイントをご紹介します。

●本書の4つのポイント
1、25年間、デザインの第一線で活躍してきた佐藤直樹氏による、実践的な基本だけを掲載。
2、意識して「見る」ことが、レイアウト上達に一番大事だということを、実践をふまえて多数紹介。
3、「単にかっこいい」という雰囲気ではなく、どうしてこうするといいのかという「訳」を解説。
4、全体構成、書体・文字組み、写真やイラストの扱い、グラフやチャート・表のつくり方、色や配色など、レイアウトに必要な一通りの知識を網羅。

これからレイアウトを始める人はもちろん、どうにもレイアウトがうまくならないと悩んでいる方、きちんと情報を整理してレイアウト発注したいという編集者や発注者の方々にも、お役立ていただけると思いますので、ぜひ一度、書店店頭でごらんください!

---
レイアウト、基本の「き」

佐藤直樹+ASYL 著

デザイナーを目指す人、必見!
レイアウトができない、上達しないのは、「基本中の基本」がわかっていないからかも。

今までレイアウトなんて一度もやったことがないのに、自分で手がけなくてはならなくなった。美大に通っているけど、実際にチラシをレイアウトしてみようと思ったら、どうにもうまくまとまらない。デザイン事務所で働きだしたけど、なかなかレイアウトにOKがでない。こんな悩みを持った人に、ぜひとも読んでもらいたいのが本書。今までのレイアウトの入門書とはひと味もふた味も違うレイアウトの本です。

B5判 並製 定価:本体2,300円(税別)
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-13 17:42 | イベント・展覧会・新製品情報

白インキ徹底テスト結果展&トーク開催のお知らせ

今週発売になった『デザインのひきだし16』、第二特集では「今までちゃんと知らなかった。 白オペークを極める」という記事を掲載しています。

オフセット印刷で白を表現する際、「紙の白」を使うことも多いですが、色紙などでは「白インキ」を刷って表現します。でも、白インキを刷っても、実際には「オフセットだと白が薄くて……」ということも多いでしょう。

でも、実は、インキの選び方と刷り重ね、そして紙との相性で、白は想像以上に多彩に表現できるのです。……というか、本誌編集部でも今回の特集でのテスト刷りで、その力を始めて認識したのですが。

本誌には、そのテスト刷りを通して、これは実物があった方が参考になるのでは? という紙とインキの組み合わせで、白3度刷りまで試した白インキ見本帳がドドンと綴じ込まれているのですが、この特集のために、実は73通りもの組み合わせで、白インキ刷りテストを行いました。

それはそれは見応えがあるテスト刷りで、これを編集部だけで持っているのはもったいない。ずっとそう思っていたところ、本誌の発売にあわせて、青山ブックセンター本店で、このテスト刷りを展示していただけることになりました!

その名も「白インキ徹底テスト結果展」。……すみません、何のひねりもないタイトルで。

この展示では73種類のテストの中から、5種類の紙×4種類の白インキ=20種類のテスト刷りを展示します。本誌に綴じ込んでいない紙を中心に展示しますので、ぜひ現物をご覧ください!

---
『デザインのひきだし16』第二特集連動
「白インキ徹底テスト結果展」

■日時:2012年6月8日(金)〜6月22日(金)
■会場:青山ブックセンター本店内・デザインコーナー


そして6月17日(日)には、この展示を前に、トークイベントを開催します!

本特集で全面的にご協力いただいた、デザイナーの大島依提亜さんに、今回の白インキ徹底検証についての悲喜交々(?)や、白インキ刷りのコツなどをお話いただきます。実際にやってみないとわからないことだらけだった、白インキ徹底テストについて直接話が聞ける貴重な機会ですので、ぜひお越し下さい! 疑問、質問どんどんお答えします!!

---

『デザインのひきだし16』(グラフィック社)刊行記念
大島依提亜(グラフィック・デザイナー)×津田淳子(デザインのひきだし編集)
■日時:2012年6月17日(日)18:00~19:00(集合時間17:45~)
■会場:青山ブックセンター本店内・デザインコーナー
■入場料:無料
■ご予約不要
※店内で行われるイベントですので、お立ち見での参加となります。予めご了承ください。
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-07 12:12

『デザインのひきだし16』発売です!

ここのところ、製紙工場への取材や出張が目白押しで、どこの工場もそれぞれに違う特徴の抄紙機から、魅力的な紙がダーッッと出てくる様をみて、わくわくドキドキの日々です。(これは10月発売の号でみなさんに、現物の新しい紙とともにその様子もお見せできると思います!)

今週、『デザインのひきだし16』が発売となりました(流通の関係上、来週になってしまうところもあると思います。すみません)。今回は特集が3本。スクリーン印刷、オフセット印刷による白オペーク研究、そして紙に関連する全国スポットを紹介した紙トラベルです。

スクリーン印刷は、私は印刷のなかで最も自由度の高い印刷だと思っているのですが、今回、改めていろいろなスクリーン印刷会社に伺って、こんなにもいろいろな印刷表現ができるのか! と、本当に驚きました。

一見印刷とは思えないような疑似ラインストーン印刷
c0207090_11322630.jpg


蛇革の質感が気持ち悪くなるほどリアルなテクスチャー印刷
c0207090_11321928.jpg


食べられちゃう印刷・可食印刷
c0207090_11331854.jpg


などなど、実物が11種類も綴じ込まれていますので、それを見たり触ったりしながらぜひご覧ください! また表紙ももちろん、スクリーン印刷が施されています。その一部をアップでご紹介。
c0207090_11282384.jpg


なんだかわかりますか? 実は「ビーズ印刷」という技法を使っているのです。ちょっと斜めから見るとより効果的に見えますので、ぜひ実物を書店店頭でご覧ください!

他にも、オフセット印刷(油性/UV、両方とも)で白オペークインキを様々に刷り比べて、どうしたら効果的に白が刷れるのかを追求した、第二特集「白オペークを極める」も、読み応え、見応えばっちり。4種の白インキを各種用紙に刷り比べ(それも白三度刷りまで!)、実物綴じ込みしている白オペーク見本帳は、仕事ですごく役立つと思いますので、ぜひみなさんにご覧いただきたいです。
c0207090_11435830.jpg


そうそう、その綴じ込みサンプルは、北海道のアイワードさんと、大阪の大昇印刷さんに刷っていただいたのですが、アイワードさんがその様子をWebで詳しくご紹介してくださっていますので、そちらもぜひご覧ください!

第三特集は「日本・紙トラベル」と題して、紙をつくっているところ、紙を展示しているところ、紙を売っているところ。日本中に紙に関連するスポットを、北は北海道から南は沖縄まで網羅してご紹介しています。巨大抄紙機のある製紙工場も見学できるんだ! とか、こんなステキショップが! とか、見ているだけでも楽しくなること請け合いです。

連載など、他のみどころは、また後日ご紹介させていただきます。

-----
c0207090_11404611.jpg

『デザインのひきだし16』

第1特集
五感すべてを刺激する
スクリーン印刷ですごい印刷!

「視覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」など多くの感覚に訴えかけることができるスクリーン印刷ついて特集しています。スクリーン印刷ならではの色表現/金銀・蛍光・偏光パールを刷る/さまざまな厚盛り印刷/ラメ印刷/香料印刷/リオトーン/発泡蓄光印刷/テクスチャー印刷/ちぢみグラデーション印刷/印刷でラインストーン/ビーズ印刷/食べ物にも刷れる!/立体物への印刷と、スクリーン印刷を全方位から徹底特集!

第2特集
今までちゃんと知らなかった。
白オペークを極める

予算がなくてオフセット印刷しかできない。そんなときにもちょっと変わった特殊印刷物がつくれる、強い味方。それが「白オペークインキ」。今まであまり詳しいことは知られていない白オペークインキを73パターンの印刷テストを通じて徹底解剖。それを元にした、白3度刷り×4種類+CMYKというすごい刷り内容で、さまざまな用紙に刷った18種類の実物綴じ込み見本帳は必見!

第3特集
紙に関するスポットを大紹介!
日本・紙トラベル

紙をつくっているところ、紙を展示しているところ、紙を売っているところ。日本中に紙に関連するスポットを、北は北海道から南は沖縄まで網羅してご紹介しています。

連載・記事
新連載 クリエイターのための法律相談所
もじ部[フォントワークス・藤田重信さん編]/名工の肖像[青木英一(松岳社 青木製本所)]/秀英体101/編集部注目PICK UP![TOKA FLASH VIVA DXシリーズ]/本づくりの匠たち[日本製紙・石巻工場]/北川一成の負けた[巨大なえんぴつの塔に負けた!]/海外の現場から[グムンド]/デザインを考えない/活版六尺/金剛地デザイン研究所[Pam東京『初版本と装丁』編]/祖父江慎の実験だもの[影押し加工]

初版限定特別付録
各種スクリーン印刷サンプル11種類+白オペーク印刷見本帳+TOKA FLASH VIVA DX色見本12枚+影押し

表紙のヒミツ
まるで色付きビーズで絵をつくっているように見える。しかしそんなことで1万部も表紙はつくれない。実はこれ、オフセット印刷で絵柄を刷った上に、透明ビーズをスクリーン印刷で貼付けているのだ。詳しくは本誌P.58でご紹介しています。

amazon(なか見!検索あり)
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-07 11:44 | ただいま制作中!

書籍「コレクションシリーズ」2冊が好評発売中!

すっかり制作日誌をサボっていたわけで、新刊紹介のときばかりでてきてすみません。でも新刊と言いつつ、もう先月、先々月の新刊紹介をさせていただきます……。

2冊とも、カバーデザインは名久井直子さんにお願いしていますが、どちらも内容に併せて、紙や印刷加工に凝ったものになっています。でも、予算は限られているので、貧乏やりくり満載で。いずれそんなこともご紹介していきますので、懲りずにブログをご覧くださいませ。

そうそう、2冊目の『特殊印刷加工グラフィック・コレクション』は、カバーに箔押し+ロー引き加工が施してありますが、その箔押しの様子を、加工を担当してくださったコスモテックさんがアップしてくださっていますので、ぜひこちらもご覧ください!

----
c0207090_14554759.jpg

使い方がうまい! 紙もの・紙加工ものコレクション

グラフィック社 編集部 編

ファンシーペーパー、クラフト紙からチープな紙、工業用紙、産業用紙まで、紙づかいが抜群な作品と型抜き、折り加工、タック加工、ホットスタンプなど参考にしたい紙加工作品の貴重コレクション!

『デザインのひきだし』での読者アンケートでも、圧倒的に要望が多いのが「紙のことをもっとしりたい」という意見。仕事でも、個人的な趣味としても、紙ものが好きな人、紙もの、紙加工されたものをつくる人は数多くいます。
そこで、さまざまな紙をうまく使いこなした紙ものと、紙に上手に加工を施してつくられた紙加工ものを集めて掲載。
自分で優れた紙もの/紙加工がされたものを探さなくても、これ1冊あれば、デザインに参考となるたくさんの紙ものが掲載されています。読者のデザインソースとなる資料集です。

●掲載カテゴリ
●さまざまな特殊紙・ファンシーペーパーを 効果的に使った作品
きれいな色紙やエンボス模様紙、透け感のある紙やピカピカキラキラなメタリックペーパーなど、ステキなファンシーペーパーを、上手に使いこなした作品をご紹介。
●折ったり、抜いたり、さまざまに紙加工を施した作品
折り加工や型抜き加工を施すことで、立体になったり、複雑な形状になったりと、幅広い魅力を持たせることができる紙加工。そんな紙の加工を匠に使いこなした作品をご紹介。
●チープな紙、機能紙、産業用紙を工夫して すてきに使っている作品
一見なんでもないチープな紙や包装用紙、板紙、そして一般的な印刷物ではあまり使われない機能紙や産業用紙などを使いこなした作品を多数ご紹介。
●こんな使い方! 驚きの紙使いをした作品
普通の紙の裏面を糊引き加工して、シールにして使用したり、木と紙を合板したりと、大変な工夫を凝らして紙を使いこなしている作品をご紹介。

B5判 並製 総216頁 定価:本体2,800円(税別)
978-4-7661-2351-7 C3070

amazon (なか見!検索 あり)

-----
c0207090_1458478.jpg

技術もすごい!予算もクリア!特殊印刷加工グラフィック・コレクション

グラフィック社編集部 編

スクリーン印刷をつかった、見た目もひと味違う特殊印刷作品や、
オフセットや活版印刷などの身近な印刷をうまく使いこなした特殊印刷作品
エンボスや箔押し、空押し、ホットスタンプなどを施した特殊加工作品
青焼きやレンチキュラーなど目を見張る特殊加工など、
参考にしたい特殊印刷や特殊加工作品の貴重コレクション!

箔押しやエンボス加工、スクリーン印刷を使ったさまざまな特殊印刷など、巷には数多くの特殊印刷、特殊加工と呼ばれる技法があります。印刷物にお金をかけられない現在、それでもこうした特殊印刷を使うのであれば、今までより、よりいっそう効果的に使いたい。そして、なるべく安く使える方法を知りたい、というのが読者の希望だと思います。そこで、さまざまな特殊印刷、特殊加工が施された印刷物を集めて、加工ごとにカテゴリ分けして掲載。読者のデザインソースとなる資料集を提案します。また各章の頭では、それぞれのプロに、どうしたらコストダウンできるのか、うまい使い方、使い方のコツなどをインタビューし、解説記事を掲載しています。

B5判 並製 総216頁 定価:本体2,800円(税別)
978-4-7661-2367-8 C3070

amazon (なか見!検索 あり)
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-06 15:00 | イベント・展覧会・新製品情報