ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「活字地金彫刻師 清水金之助の本」完成記念実演会

89歳の活字地金彫刻師、清水金之助の半生をまとめた本の完成を記念して、直彫り実演会を開催します。

活字地金彫(活字直彫、種字彫刻)とは、活版印刷で使われる活字のもととなる母型(凹型)を作るための、さらにもととなる種字(父型)を、鉛・錫・アンチ モンの合金である活字材に原寸・左右逆字でじかに凸刻していく技術のことです。新聞などに使用される大きさのわずか数ミリ四方の小さな活字材に、下書きも なくまたたくまに美しい文字を彫り上げるさまは、まさに神業。人の手がこれほどの仕事をできるのかと驚くばかりですが、昭和30年代(1950年代後半) にベントン母型彫刻機という機械による母型彫刻が普及するまでは、こうした種字職人が活字を生み出していたのです。

すでに種字からの母型製作は途絶えて久しく、直彫りを行える職人さんも、ごくわずかしか残っていません。現代の私たちからは想像もつかない神業を見ることができる、貴重な機会です。ぜひ、みなさまお誘い合わせのうえ、お越しいただければ幸いです。

日時:2011年7月17日(日)13:00 〜 17:00 (時間内出入り自由)
場所:大田文化の森 4階(東京都大田区中央2-10-1)
   アクセスマップ
※入場無料、申込不要です。どなたでもご来場ください。


【問い合わせ先】
清水金之助の本をつくる会事務局(担当:雪 朱里)

株式会社グラフィック社 「デザインのひきだし」編集部内
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-14-17
TEL.03-3263-4579 FAX.03-5275-3579
Mail: kinnosuke_kai@excite.co.jp
BLOG:http://kinnosuke.exblog.jp/
Twitterハッシュタグ #kinnosuke

※お問い合わせはできる限りメールにてお願いします。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-06-27 17:46 | イベント・展覧会・新製品情報

もじ部 〜 フォントの目利きになる!〜参加者募集のお知らせ

※こちらの応募は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

こんにちは。『デザインのひきだし』編集部・雪です。
すっきりしない梅雨空が続く日々ですが、ひきだし編集部はどんよりした空にも負けず、次の『デザインのひきだし14』(10月上旬発売予定)の編集を始動しております!

さてさて、このたび、『デザインのひきだし12』からスタートした連載企画「もじ部〜 フォントの目利きになる!〜」、第2回目の参加者を募集することになりました。

今回の「もじ部長」は、タイプバンクで「つたわるフォント」などのデザインを手がけてきた高田裕美さんです。実際にフォントをつくっている方々の仕事場を訪ね、直にお話をうかがえるチャンスです!
「書体、フォントはどのようにつくられているのだろう」「『ユニバーサルデザイン』『UDフォント』ってどういうものなんだろう」「タイプデザイナーってどんな仕事なんだろう」「タイプデザイナーになるにはどうしたらいいんだろう」などなど、日頃から疑問を抱いていた方、とにかく文字が好きというみなさんに、ふるってご応募いただければと思います。

以下、詳細です。

【デザインのひきだし連載企画「もじ部」概要】

フォントの良し悪しって、どうやって判断したらいいんだろう? 書体の制作背景や作り手の意図がわかったら、フォント選びがもっと楽しく豊かな時間になるかもしれない。

そ んなふうに思っている『デザインのひきだし』読者に集まっていただき、フォントメーカーや個人の書体デザイナーの方などフォントの作り手の仕事場を訪ねて、制作背景やコンセプト、この書体のここを見てほしいというポイント、フォント選びの考えかたなどを、じかに教えていただこうという企画です。

この連載企画では、毎回、読者の方から参加希望者を募集します。
第2回「もじ部」の開催概要は以下のとおり。文字好きのみなさん、ぜひご応募ください!

※第2回もじ部の様子は『デザインのひきだし14』誌面に掲載します。

【第2回「もじ部」開催概要】

●日時:2011年7月6日(水)14:00〜17:00
●訪問先:タイプバンク 高田裕美さん
 タイプバンクが慶應義塾大学 中野泰志教授と共同開発したユニバーサルデザイン書体シリーズ「つたわるフォント」の制作過程を中心にお話を伺う予定です。

※高田さんは1985年にタイプバンクに入社。最初の5年間はビットマップフォントのデザイン、その後、アウトラインフォントのデザインを手がける一方で、書体としてのルール決めや黒味や大きさなどの統一チェック、字体チェック、書体のプレゼンなど、タイプバンクのフォントの品質管理も担ってこられました。タイプバンク明朝・ゴシックファミリーを含む全てのTB書体にたずさわり、最近手がけた主な書体に「つたわるフォント」「漢字タイポス」「鉄筋隷書」「流飄行書」などがあります。


●募集定員:5名
●参加対象者:書体、フォントに興味のある方でしたら、どなたでも。
ただし、フォント制作に関わるお仕事をされている方はご遠慮ください。
また、『デザインのひきだし』誌面に顔写真、お名前などが掲載されることをご了承いただける方に限らせていただければと思います。

【応募方法】
●氏名、年齢、職業(学校名)、メールアドレスに、タイプバンク 高田裕美さんに聞いてみたいことを添えて、下記デザインのひきだし編集部までメールをお送りください。

hikidashi@graphicsha.co.jp

※定員を上回る方のご応募があった場合、抽選とさせていただきます。
結果はメールにてお知らせいたします。

【応募〆切】
6月27日(月)午前10時まで
[PR]
by design_hikidashi | 2011-06-20 09:55 | ただいま制作中!

紙好き、箔押し好き必見! 「BEFORE_AFTER展」

昨年大阪で開かれた『 Think PAPER 5 「BEFORE_AFTER展」 』が、パワーアップして東京で始まりました。さまざまな紙と箔押しを実験し、それらのポスター作品をじっくり見ることができます。紙と印刷や加工の組み合わせは、頭のなかで考えているだけでは、うまく想像できないものがほとんど。というか、想像できないおもしろさがあるからこその魅力とも言えるのではないでしょうか。

本展覧会では、試してみたいけどなかなか試せない、いろいろな紙と箔押し、空押しなどの実験が数多く見られます。会期の前半は、平和紙業の方が常駐し、それぞれの作品がどのようにつくられているのか、どんな工夫や苦労した点があったのか、どうしたらうまく紙と加工を使えるのかなど、いろいろなことを個別に解説してくださるそう。

そして、この展示会と連動して、『デザインのひきだし13』の「タテヨコナナメ・デザイン談義」に記事を掲載。加えて、増永明子さんがデザインの、この展示会の実験の一部を実物綴じ込み!
c0207090_18155912.jpg


ふわふわなウーペケーネスに加熱型押ししたこの付録の制作行程は、こちらの「ようこそ!行列のできる『箔押し印刷工房』へ」ブログに掲載していただいています。

「BEFORE_AFTER展」紙好き、箔押し好きは、行くしかない!

--
■日時: 2011年6月6日〜17日 9:00〜19:00
   : 2011年6月20日〜30日 9:00〜17:00
    ※土・日休館 / 入場無料
    ※オープニングパーティー 6月13日(月) 18:30〜20:00

■場所 : 平和紙業株式会社 東京本店(ペーパーボイス東京
   〒104-0033 東京都中央区新川1-22-11
   Tel: 03-3206-8541

■主催 : 平和紙業株式会社 東京本店
■協力 : 有限会社コスモテック
[PR]
by design_hikidashi | 2011-06-07 18:18 | イベント・展覧会・新製品情報

『デザインのひきだし13』巻末特集は対談3本立て!

今日、書店に行ってきましたが、早いところにはもう『デザインのひきだし13』が並び出しているようです。所によっては来週以降になってしまうところもあって申し訳ありませんが、気長にお待ちください(なんで、こんなに場所によって並ぶ日が違うかというと、ひきだしは、流通コード上は「雑誌」ではなく「書籍」扱いで、書店さんへ弊社営業マンが注文をいただきにいって、それから出荷となるので、タイムロスがあるのです……。すみませぬ)

さて、『デザインのひきだし13』は、幣誌としてはめずらしく「対談」記事が3本も載っています。以前から不定期で、幣誌アートディレクターの佐藤直樹さんが、今、話を聞きたい人を突撃する「直撃!」という記事を掲載していました。過去には祖父江慎さんや有山達也さん、松本弦人さんのところへ伺いました。

今回は、佐藤さんはもちろん、編集部で最近特に気になっているデザイナー2名に、この人を直撃してもらったらおもしろいだろうなぁという方のところを訪ねていただいて、デザイン談義をしていただきました。その記事が巻末特集「気になるデザイナーに直撃! デザイン対談・対談・対談」です。

c0207090_17572282.jpg


組み合わせと内容はこんなかんじです。

平野甲賀×大原大次郎
雑味が混じるくらいがちょうどいい。

尾原史和×原田祐馬
ジャンルにしばられない マルチプルをつくりたい

寄藤文平×佐藤直樹
デザインとは、意識の中にある認識のステージを持ち上げること

どの対談も、今まで聞いたことがない、読んだことがない話ばかりでとても刺激的なのですが、それぞれの記事中には、心に残る言葉がいくつもありました。

平野甲賀さんと大原大次郎さんの対談から。平野さんのことば。
「デザインにも手癖や色気が欲しいじゃない? 僕の場合は「かわいい」なんて言っちゃうのね。「もっとかわいさがほしい」とかね。上手すぎるものは、面白くもなんともないから。」

尾原史和さんと原田祐馬さんの対談から。尾原さんのことば。
「やってみたらどうなるかというのを知りたいんだよね。実験したいし、体験したいし、自分の身体に刻み込んでおきたい。」

寄藤文平さんと佐藤直樹さんとの対談から。寄藤さんのことば。
「広告っていうのは、意識のステージの最下層にあって表面化していないものの概念をメディアの力を使って、一気にファーストステージまでもっていくことで、自分がやっている一連のことは、そのステージを数段持ち上げてやるための方法だと思うんですよね。」

他にも思わず赤線をひきたくなることばがそこかしこに。ぜひとも、渾身の対談3本立て、ごらんくださいませ。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-06-07 17:48

『デザインのひきだし13』発売です!

本自体を型抜きした『デザインのひきだし12』をついこの間刊行したような感じがしていましたが、あっという間に『デザインのひきだし13』号が発売となります(こんなに時間がすぐに経ってしまうなんて、老化だ……)。

今回は「少部数から使える 刷りも価格もステキな印刷」と題して、実はみなさんのすごく身近にある、さまざまな印刷をご紹介しています。私も仕事柄、印刷をお願いすることは多いのですが、大多数は通常のオフセット印刷。それ以外の印刷となると、表紙周りに特殊印刷・加工をするために、スクリーン印刷や箔押し、エンボスなどを施すと考えがちで、実際にそれらをお願いすることが圧倒的に多いのが現状です。

でも、実は気がついていないだけで、北海道から沖縄まで、どこの地域でもお願いできる他の印刷がたくさんあるんです。正直それらの印刷は、一般的には「欠点」と言われてしまう特徴がいろいろあります。見当がずれる、擦れる、色むらがでるなどなど。でも、それは本当に欠点なのでしょうか。

私にはまったくそうとは思えません。自分が予想し得ない印刷結果がでる。それも素朴ですてきに。こんないい印刷、どうして今まで使って来なかったんだろう! と、自分の頭をたたきたくなったくらいでした。

とまあ、こんな具合に、またもや入れ込んでしまっているのですが、本当にステキな印刷をいろいろとご紹介しています(実物付録も、製本会社さんに呆れられるほど入ってます!)。

ちなみに、表紙は「青焼き+箔押し」という、制作途中なんだか終わってるんだか、貧乏なんだか豪華なんだか、どうにもわからない感じの表紙なのですが、これが我ながらうっとりするステキさ。ぜひ現物を書店店頭でご覧下さい!
c0207090_12475270.jpg


----
c0207090_12503118.jpg『デザインのひきだし13』

デザイン・印刷・紙・加工テクニック情報が満載!
今回の特集は「少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷!」です。









自分の発想したデザインを、いかに効果的に印刷/加工表現するか。そんなデザイナーに必須な印刷・紙・加工などの技術情報をわかりやすく紹介する『デザインのひきだし』。第13号である今号では「少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷!」です。身近にある小さな印刷所では、「ピンクマスター」や「レトロ印刷」「デジタル孔版印刷」といった昔ながらのステキな印刷や、最新のオンデマンド印刷など、さまざまな特徴ある印刷ができる!という今まで見たことのない特集です。付録満載で永久保存版の1冊です。

c0207090_12522626.jpg

巻頭では画家の牧野伊三夫さんが個人的に出版している、ピンクマスターで刷られた本についての座談会。本をデザインしたデザイナーの西島秀慎さん、横須賀拓さん、ピンクマスターで印刷した日本システム印刷の武田さんによる座談会からスタート。

c0207090_12513057.jpg

大塚いちおさんに描いていただいたイラストで、ピンクマスターの実物印刷サンプル多数!

c0207090_1257577.jpg

ピンクマスターは、アナログ製版の場合、製版時の露光時間の長さによって、ずいぶんと仕上がりがかわる。同じ原稿を標準、短い、長いと露光時間を変えた3種類のテストチャートを綴じ込み。

c0207090_130728.jpg

デジタル孔版印刷の紹介では、サテリオを使ったトライアルを浅生ハルミンさんが(写真左)、リソグラフを使ったトライアルを布川愛子さんが。どちらも9枚ずつ紙や刷り色、絵柄を変えてトライアル!

他にも「ガリ版」や「青焼き」などを詳しくご紹介したり(ガリ版は、徳島の離島で今でも現役でガリ版を生業にされている方をご紹介! ガリ版印刷発注できますよー)、最新のオンデマンド印刷紹介(こちらも実際の印刷サンプル多数)など、幅広い内容になっています。

巻末特集は、対談3本立て。
●気になるデザイナーに直撃! デザイン対談・対談・対談
平野甲賀×大原大次郎 雑味が混じるくらいがちょうどいい。
尾原史和×原田祐馬 ジャンルにしばられない マルチプルをつくりたい
寄藤文平×佐藤直樹 デザインとは、意識の中にある認識のステージを持ち上げること

どれも、何度読んでもおもしろく、そして学ぶことが多い対談記事になっています。

他にもご紹介したいこと満載なのですが、長過ぎるので今日はこの辺で。また追々ご紹介させていただきます。

グラフィック社編集部・編 定価:2,000円(税別)
amazonは6/7発売になってますね。早いところは明日くらいから書店店頭に並び始めます。

---目次---

巻頭特集
ピンクマスター、デジタル孔版印刷、青焼き、ガリ版、オンデマンド印刷などなど
少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷

020 きれいな印刷はつまらない! ピンクマスターで画集をつくる
   牧野伊三夫×西島秀慎×横須賀拓×武田美津子 座談会
024 粒子感や少し甘めの風合いがステキ! ピンクマスターの作品紹介
026 ピンクマスターってどんな印刷?  ←付録① ピンクマスター12種類
034 自分で印刷することも! デジタル孔版印刷を使いこなす
   イワフチメグミ インタビュー
038 クラフト感がたまらない デジタル孔版印刷の作品紹介
044 デジタル孔版印刷ってどんな印刷?  ←付録② リソグラフ10種類
                     ←付録③ サテリオ10種類
050 離島に生きる味わい深いガリ版印刷
   坂本秀童子 インタビュー
056 手づくりの味わいが懐かしい ガリ版印刷の作品紹介
058 ガリ版の頼み方/道具を入手して、自分でやってみよう!
060 万博当時の竣工図が そのまま青焼きポスターに!
062 独特の色味が魅力的! 青焼きの作品紹介
064 青焼きってどんなもの?
068 オンデマンド印刷が可能にした新しい個人出版のシステム「bccksbunko」
   松本弦人 インタビュー
072 オンデマンド印刷を使いこなした作品紹介
074 オンデマンド印刷ってなに?  ←付録④ オンデマンド印刷5種類


連載・記事
003 装丁道場[名久井直子/水戸部功/高田唯]
081 もじ部[字游工房・鳥海修さん編〈後編〉]
086 レイアウトあぶりだし②[平林奈緒美の巻]
090 本づくりの匠たち[古紙問屋]
096 編集部注目PICK UP![色ライナー] ←付録⑤ 色ライナー
098 名工の肖像[杉本友太郎(特種東海製紙)]
102 北川一成の負けた![大阪万博のシンボル『太陽の塔』その衝撃に負けた!]
104 タテヨコナナメ・デザイン談義
   [松田行正/平和紙業/廣村正彰]←付録⑥ ウーペにホットスタンプ
110 祖父江慎の実験だもの[オフセット印刷でレンチキュラーに挑戦!]
114 金剛地デザイン研究所[Why don't you PINK?展]
118 海外の現場から[台湾唯一の活字鋳造所]
122 活版六尺
124 Life Stripe

巻末特集 気になるデザイナーに直撃! デザイン対談・対談・対談
128 平野甲賀×大原大次郎 雑味が混じるくらいがちょうどいい。
132 尾原史和×原田祐馬 ジャンルにしばられない マルチプルをつくりたい
136 寄藤文平×佐藤直樹 デザインとは、意識の中にある認識のステージを持ち上げること

[PR]
by design_hikidashi | 2011-06-03 13:15 | ただいま制作中!

荻窪活版室

明日、明後日と開かれるイベント「荻窪活版室」のご紹介です。活版印刷でつくられた作品が見られるそうで、楽しみです。

---
c0207090_11423922.jpg

荻窪活版室

会期:2011年6月4日(土)、5日(日)11:00〜19:00
会場:Atelier-haco
   東京都杉並区荻窪5-1-12
出展:池上 直樹(コトホギデザイン)
   タナカミチエ(materialmichemon)
   西川 圭
   芳賀 八恵(8plus)
   平川 珠希(LUFTKATZE design)

企画:○活版ミニワークショップ 
   6月4日(土)12:00〜14:00/16:00〜18:00
   日本にない大きさの活字、60pt Caslonを使って、
   ポストカードに一言組んでAdanaで刷ります。
   予約不要。5枚、1,000円、約20分。

   ○洋傘パン店・焼き菓子販売  
   6月5日(日) 開店より売り切れ次第終了
   お店を持たない出張パン店が、
   クッキーやマフィンなど焼き菓子を荻窪初出店いたします。 
   ○特別展示
   DMを数色・数種の紙を使用して印刷致しました。
   そのDM全種とその他実験、日清紡ペーパープロダクツ様の
   ご協力をいただいた様々な紙で、
   活字・色・ベタなど試したものを展示いたします。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-06-03 11:43 | イベント・展覧会・新製品情報