ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

すばらしい箔押しカレンダーをプレゼント!

デザインのひきだし12』、全国書店で現在好評発売中ですが、今回の号では、すごくステキな読者プレゼントが2つあります。そのひとつが、箔押会社「美箔ワタナベ」の特製カレンダーです。

2011年が始まって、もうだいぶ経つというのにカレンダー? と思われるかもしれませんが、いやいやこれは、そんなこと抜きにして、絶対応募した方がいいです! だって、あまりにステキすぎるカレンダーなんです!!

と、鼻息も荒くなってしまうほど、ステキうっとりなカレンダーなんです、これ。美しい箱にも、そして中に入ったカレンダーは、12ヶ月どの月も、それぞれにすばらしいデザインが、さまざまな種類の箔やエンボス加工などで表現されています。デザインしたのは、AD&Dの高谷廉さんと、相澤千晶さん。

ちらりと写真でお見せしますが、まずこれが箱。
c0207090_1731447.jpg


アップにして見てみると、細いラインが金の箔で箔押しされていて、これだけでももう美しさに釘付けです。
c0207090_1734341.jpg


そして箱を開けると、中には12枚のカレンダー。
c0207090_1765454.jpg


これは1月で、金の細いラインで縁取られた文字は、全体が透明ホログラムの箔押しもなされ、(おまけに元旦は赤い顔料箔も!)最後に彫刻版で立体的にエンボス加工がされています。海外のペーパーバックの表紙で、タイトル文字がブロック状に立体に箔押しされているものがありますが、あれが彫刻版。通常の腐食版ではできない、有機的な形がエンボス加工できるんです。
c0207090_1763216.jpg


8月は、『デザインのひきだし12』でご紹介した「蛍光箔」がこれでもか!と使われています。本誌で実物綴じ込みした蛍光ピンクを始め、蛍光イエロー、蛍光オレンジ、蛍光グリーンも使われています。そしてその箔の部分がエンボス加工されているので、まるで蛍光色のカラフルな水滴がついているかのよう。
c0207090_1771528.jpg


9月の箔押しは、これも見たときにうなりました。細かいラインが交差した地紋で文字が形作られているんですが、左ななめの線はピンクメタリックの箔で、右ななめのラインは金箔でといった風に、別の箔を重ね合わせられていて、これが不思議でステキなんです。もちろん、金のラインだけの文字も美しい。
c0207090_1784443.jpg


11月は、『デザインのひきだし2』の表紙でも使った、盛り上がった箔押し。これは、スクリーン印刷で糊のようなものを盛り上げて印刷し、そこに箔を転写するという加工です。エンボスと違って紙の裏は真っ平らのまま。表もエンボス加工とは違った盛り上がりの感じがします。細いラインが本当に美しい。
c0207090_1711258.jpg


他にも、どの月も工夫がこらされているこのカレンダーを、なんと50名様にプレゼント! 詳しくは『デザインのひきだし12』の141ページをご覧下さい。ファックスアンケートにお答えいただいた方にプレゼントします(応募者多数の場合は抽選となります)。これはもう、本当にもらわなきゃ損ですよ!(もうひとつの読者プレゼントは、また別の機会に)
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-21 17:17 | ただいま制作中!

「Zapf 展」が待ち遠しすぎる!

昨年も今年も、文字やタイポグラフィに関連したイベントや展覧会、トークショーなどがたくさんあって、なんともうれしいばかりですが、今年はもう目がウルウルするほど楽しみな展覧会が開催されます。

それが Zapf 展 「ヘルマン・ツァップ&グドルン・ツァップ カリグラフィーの世界」 です。
c0207090_1934462.jpg

OptimaやPalatinoなど、数々のフォントを生み出し続ける、フォントデザイン界の世界的巨匠ヘルマン・ツァップ氏と、その奥様である、カリグラファー・書体デザイナーでもあるグドルム・ツァップ=フォン・ヘッセさん、ご夫婦による日本初カリグラフィー展覧会だそう。

リリースをいただいたので、以下に転載します。

----
Zapf展
ヘルマン・ツァップ&グドルン・ツァップカリグラフィーの世界

会期:2011年3月22日(火)~4月3日(日)(休廊日 3月28日)
開場時間:11:00~19:00最終日は17:00まで
*3月26日(土)は六本木アートナイトにより21時までオープン
会場 :ギャラリ̶ル・ベイン
   東京都港区西麻布3-16-28lebain1F
入場料:1,000円
作品数:50数点を予定(直筆作品、複製品、フォント制作資料、金属活字など)
主催:ジャパン・レターアーツ・フォーラム
   小林章(ドイツ・ライノタイプ社タイプ・ディレクター)

■みどころ
*ツァップ夫妻の原点、カリグラフィーに焦点を当てた展覧会
*文字芸術の魅力を堪能できるカリグラファー&デザイナー必見の展示内容
*ヘルマン・ツァップの貴重な直筆作品3点日本初公開
*グドルン・ツァップ作、珠玉の手書き本、直筆作品多数展示
*ツァップ氏がデザインした金属活字の特別展示(嘉瑞工房所蔵)
*ライノタイプ社所蔵フォントデザイン関係資料特別公開
*若きツァップ氏伝説のカリグラフィー指導映像『TheArtofHermannZapf』DVD特別上映
*シルクスクリーン、直筆カリグラフィー作品を含む50数点を展示予定

■展覧会の特徴
海外のファッション雑誌や高級ブランドの広告を目にする人、あるいは欧米の書籍に親しんでいる人の多くは、Optima、Palatino などツァップ夫妻のデザインしたフォントも同時に見ているといってほぼ間違いないでしょう。
その美しさゆえに高級化粧品や有名ブランドが使いたがり、その読みやすさゆえに多くの書籍の本文に採用されるツァップ夫妻のフォントのデザインの原点は、彼らが若い頃から情熱を注ぎ続けているカリグラフィーにあります。
ツァップ夫妻による直筆も含めたカリグラフィー作品、金属活字やデジタルフォントの制作途中のメモを併せて展示することで、彼らの70年以上にわたる創作活動の一面を紹介します。展示物には日本人カリグラファーとフォントデザイナーによる日本語での細かな解説がつきます。
美術全般に興味のある人はもちろん、カリグラフィーに興味のある人、欧文フォントデザインの神髄に触れたい人が見ても興味深い、また資料的価値も高い展示です。

■ 関連プログラム
DVD『The Art of Hermann Zapf』(1967年 Hallmark社制作 嘉瑞工房所蔵)特別上映
日時:3月27日(日)&4月3日(日)1日2回 13:00 15:00(上映時間約18分)
場所:展示会場内
内容:伝説のカリグラフィー指導映像。若きヘルマン・ツァップが教授する手書き文字の極意。カリグラファー&デザイナー必見の動画。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-16 19:38 | イベント・展覧会・新製品情報

活版エキスポ1に行ってきました

c0207090_17282881.jpg


先週末、ちょっと所用で関西方面に行ったのですが、その直前に「活版エキスポ1」というイベントが大阪梅田で開催されているということを聞きつけ、これは絶対にどこかのタイミングで行ってみたい! と思っていました。

夕方、飛行機で伊丹空港から羽田に戻る予定だったのですが、その直前に伺うことができました。

c0207090_17283873.jpg

いやー、すごい人! お世辞にも広い会場とは言えないものの、自分の目線から写真を撮ったのでは、前にいる人の背中や頭が写るだけなので、上から撮ってみました。ね、大盛況でしょ?

この「活版エキスポ1」は、大阪の老舗活版印刷会社さんなどが主体となってつくられた「関西活版倶楽部」が主催しているイベントで、テキンによる活版の体験ワークショップや、8名のクリエイターによる凸版で刷られたポストカードの展示・販売、また活字を使ったキーホルダーの販売などが行なわれています。

c0207090_17285949.jpg

テキンや活版印刷の道具も展示されています。

c0207090_17293461.jpg

c0207090_17295399.jpg

活版でつくられた作品の展示。


c0207090_17301193.jpg

c0207090_17302377.jpg

これらは参加クリエイターの方がデザインした活版ポストカード。1枚でもセットでも購入できます。

今月の27日(日)まで開催されています。物販、ワークショップともに、25、26日以外はやっているそうです!(ちなみに私はポストカードもキーホルダーも買いました!)。詳しくはこちらをご覧下さいませ。

活版エキスポは、大阪・梅田のブリーゼブリーゼ2Fで開催中ですが、その会場のエスカレーターを登って2階へ行き、会場に向かう道すがら、なんだかステキな酒樽(菰樽)が。
c0207090_17235993.jpg


これは、「こもらぼ」というプロジェクトだそう。

「こもらぼ」とは、おめでたい席を演出する「鏡開き」を 中心に、日本古来からの伝統文化を受け継いできた 「菰樽」を、よりモダンにカジュアルに贈りものという スタイルで明日につなげていきたいという思いから はじまったプロジェクトです。 菰樽の歴史・背景を見つめ、クリエーターの創造力で 生まれるこれからの菰樽を提案していきます。(Webサイトより)

両手で持てるサイズの、このプロジェクトの菰樽は、こちらでも販売されているそうです。(会場でも売ってました)

ちなみに写真の中断右端は、『デザインのひきだし』で「Life Stripe」を連載してくださっているSPREADさんデザインの菰樽。ステキ!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-15 17:32 | イベント・展覧会・新製品情報

新しい金銀紙「コズピカ」

『デザインのひきだし』は創刊号で「金銀ピカピカな印刷・紙・加工テクニック」という特集を掲載し、大変ご好評いただきました。やっぱり、ここぞ!というときには、金銀を使いたいことが多いですよね。

メタリックを表現する方法は、印刷、加工、紙とさまざまあります。つくっているものや予算などに応じて使い分けていると思いますが、そんな「メタリックの紙」に、新しい仲間ができました。

それが「コズピカ」です。
c0207090_1184496.jpg


これはこの度発売になった『デザインのひきだし12』に掲載しているのですが、連載「祖父江慎の実験だもの。」で、祖父江慎さんが考案・実験し、紙加工会社であるヨシモリ株式会社が製造販売しているもの。そう、本誌発の新しい紙なんです!

名前はコズフィッシュの祖父江さんが考案した、金銀のピカピカ紙、というところから。わかりやすいでしょ?

通常、金銀の紙というと、銀は一色で金にバリエーションがあったりしますが、コズピカはそうじゃありません。「シロ銀」と「クロ銀」という、2色の銀があるんです! これがどちらもかっこいい。シロ銀は、軽く粉っぽい感じの銀。クロ銀は、まるで濃い鉛筆で塗りつぶしたかのようなドス黒い銀。そして「」は、これも渋い色目の金で、もう、うっとりです。

c0207090_11195873.jpg

これが塗工した金銀。

厚いもの(四六判換算で86kg)と薄いもの(四六判換算で34kg)の2斤量があり、それぞれ上記の3色がラインナップされています。

この紙がどうやってつくられたかなどの詳しいレポートと、実物の「コズピカ」2斤量×3色=6アイテム全てが、『デザインのひきだし12』に綴じ込まれていますので、ぜひともご覧下さいませ。

そして、この紙は、本誌のために実験しただけでなく、誰でもどこでも買って、印刷物などに使えるんです! すごいー!!

お値段は薄いものの方が、550×800mmサイズ、包み(200枚)の場合、48.4円/枚。
厚いものの方が、650×800mmサイズ、包み(200枚)の場合、62.4円/枚。

ここに書いてあるサイズ以外でも、幅(550と650mm)は固定ですが、流れ方向(800mmの方)は、希望に応じたサイズにカットしてもらうこともできます。なので、無駄なく使うために、薄い方を550×750mmサイズにとかもできる、ということです。また四六全判もこれから順次対応予定とのこと。

使いたい場合は、印刷会社さんや紙の販売店にお問い合わせいただいてもいいですし、ヨシモリ株式会社へ直接ご連絡いただいてもかまいません。その場合は、TEL.06-6464-3636/mail : info@yoshimori.co.jpまでご連絡を。

この紙をつくる実験工程は、もちろん、本誌で詳しくご説明していますが、たっくさん写真を撮っていて、内容も盛りだくさんだったため、載せられなかった写真も数多くあります。そこでこぼれ話をこちらで。

この実験では、結果的にはプレーンな紙が販売されましたが、紙に模様をつけてみよう、ということもいろいろ試しています。麻袋の模様とか、防虫ネット模様など、ホームセンターで買い込んできたものを、塗料の塗工機内に巻き付けて、それで模様を転写したんですが……

c0207090_11123147.jpg

「これも、なんとか頼みます!」(祖父江さん)

といって祖父江さんが差し出したのは、「靴のインソール」。えーっ! そ、祖父江さん、いくらなんでもそれは無理なのでは……。

c0207090_11125681.jpg


……あれ? 巻き付けてる……。

どんなことでも「やってみよう!」精神にあふれる、意欲的なヨシモリの現場の方々は、「内股がいいかな?」などと、ノリノリでインソールをローラーに貼付けてくれたのでした……。

でも、インソールを貼付けた部分だけが非常に高くなってしまい、塗工途中に紙が破けてしまい、あえなく失敗。残念だったものの、ヨシモリの方々の柔軟さに、一同感動した瞬間でした。

そうそう、この実験は大阪にあるヨシモリの工場で行なわれたんですが、同じく「ひきだし12」に掲載している「本づくりの匠たち」の取材のため、大阪に来ていたデザイナーの名久井直子さんも、急遽現場に駆けつけました。

そして、何をしているのかと思いきや……

c0207090_11175394.jpg


祖父江さんと二人で、ヤレ紙から、表面のアルミを剥がし

c0207090_11182660.jpg


口に当てて「ヴーヴー」と声を出してみたり、鏡のようなピッカピカな紙を見つけると、「これで足下を隠したら、浮いてるように見えるかな?」と試したり。

c0207090_11193856.jpg


いったい、二人とも何歳なんですか!(笑)
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-10 11:25 | ただいま制作中!

TAKEO PAPER SHOW 2011「本」は4月22日〜24日

c0207090_17201214.jpg

今日、TAKEO PAPER SHOW 2011の発表会があり、行ってきました。今年のテーマは「本」だそうです。

--(リリースより)

竹尾ペーパーショウ2011では、現存する紙の本を様々な角度から検証し、紙の本の価値観を問い直します。
多様な領域で活躍しているおよそ70人の識者が、自身の考えを託すことができる一冊の本の呈示とともに、本に関する所感を発表。これらの本とテキストを、ブックデザインに精通したクリエイターが、それぞれの着想とデザインで、書籍として具体化し、紙の本の可能性を拓く本として提案します。また、電子書籍と紙の本との新しい共存のかたちの在り方を試みます。
紙の本にはどのような役割や可能性があるのか。来場者の方々とともに思索し、交感できる場をつくってみたいと考えています。

<主な内容>
・識者による本に関する所感と、その考えを託す1冊の本の呈示。※所感は2011年3月よりweb上で順次公開予定。
・ブックデザインに精通したクリエイターによる、これらの所感を編んだ、紙の本の未来を拓く本と、電子書籍の展示・販売。
・新製品紹介

<識者>
天野祐吉 安野光雅 石上純也 糸井重里 今福龍太 岩崎一郎 太田徹也 柏木博 勝井三雄 上島松男 隈研吾 クラフト・エヴィング商會 後藤繁雄 小林弘人 五味太郎 小山薫堂 坂田和實 佐藤可士和 佐藤隆信 佐藤卓 佐藤直樹 柴田文江 杉浦康平 杉本博司 鈴木芳雄 須藤玲子 瀧本幹也 竹原あき子 谷川俊太郎 2×4 津村耕佑 東京ピストル 遠山正道 中川淳 長友啓典 西沢立衛 間奈美子 橋本麻里 羽鳥和芳 幅允孝 林望 平野啓一郎 廣瀬通孝 深津貴之 藤本壮介 松岡正剛 皆川明 港千尋 宮川和夫 三宅一生 宮島達男 向井周太郎 室賀清徳 茂木健一郎 柳本浩市 山口昭男 山下裕二 山田尚郎 山中俊治 … 

<クリエイター>
葛西薫 菊地敦己 祖父江慎 中島英樹 服部一成

(五十音順、敬称略。2011年2月9日現在参加を表明されている方々)

会期:2011年4月22日(金)〜24日(日)
会場:丸ビル ホール(7F)

巡回展(大阪展)
会期:2011年5月27日、28日
会場:松下IMPホール

---

今回は「本」がテーマ。本好きの私としては、大変楽しみです。中でもやはり、<クリエイター>として名前の挙がった5名の方が、識者の方々の本に対するコメントと書影を中身とした本をつくられ、それを会場で買える、というのが今から楽しみ、楽しみ。書店売りはしないとのことなので、これは行くしかない、ですな。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-09 17:20 | イベント・展覧会・新製品情報

蛍光の箔押し!?

『デザインのひきだし12』は順調に書店に並んでいるようで、ほっと一安心しているところです。今回は本の天地がガタガタなので(ちゃんと書棚に立つようにはできてますが)、実を言うと、何か問題が出ないかとドキドキしていたのでした。ホッ。

さて、そんな『ひきだし12』ですが、特集は紙の抜き加工について。これはチラッとひとつ前のブログでご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

他にもいろいろな連載を掲載していますが、その中のひとつ「編集部注目PICK UP!」では、蛍光色の箔を使った箔押しをご紹介しています!
c0207090_10195575.jpg


「えっ!? 箔押しに蛍光色なんてあったの???」と思う方も多いと思います。私も実は今まで知りませんでした。

でも、あるんです! 今回、実物サンプルで綴じ込んだのは、蛍光ピンクの箔押しですが、その他の蛍光色もありますよ。詳しくはP.126〜掲載していますので、ご覧下さい。

※おまけに、この箔押しの実物サンプルは、彫刻版でのエンボス加工もされていて、有機的な凹凸がすばらしいです!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-09 10:21 | ただいま制作中!

『デザインのひきだし12』発売です!

今年始めの『デザインのひきだし』が、いよいよ発売となりました。早いところだと昨日あたりから、遅い地域は書店店頭に並ぶのが来週になってしまいますが、すみません、もう少しお待ちくださいませ。

今回は、まず本体自体が「型抜き」されて、天地がガタガタになっているのが特徴です。というのも、こうした「抜き加工」を中心とした紙の加工が、特集記事になっているんです。
c0207090_1223044.jpg


まずは、概要を書かせていただきます。それぞれの記事の詳細は、来週、徐々にお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いします。


『デザインのひきだし12』
c0207090_1213656.jpg


デザイン・印刷・紙・加工テクニック情報が満載!
今回の特集は「抜いたり、貼ったり、折ったり、紙の加工をもっと知る。」です。

特集●なんでこんなにワクワクするの!?
抜いたり、貼ったり、折ったり、紙の加工をもっと知る。

抜き加工されたステキな紙もののご紹介や、アートディレクター・古平正義さん、絵本作家/イラストレーター・いしかわこうじさんのインタビュー、そしてベーシックな平打ち抜き機でどんなことができるのか、厚みのある本やメモ帳などはどうやって型抜くのか、そして最近見かけることが非常に増えた、レーザーカットってどんなものか、などなど、今までなかなかわからなかった抜き加工のA to Zを詳細にご紹介。トライアルや実物綴じ込みもふんだんにし、抜き加工を知るための決定版です!
c0207090_1231881.jpg

フジモトマサルさんがトライアルしてくださった、繊細なレーザーカット。この細かい抜き加工は圧巻です!

c0207090_124858.jpg

切手の目打ち加工をトライアル。シートの裏は、もちろん濡らすと貼れる裏糊シートです。


新連載
もじ部~ フォントの目利きになる!~ [字游工房・鳥海修さん編〈前編〉]
海外の現場から[中国の巨大製紙会社に潜入]
レイアウトあぶりだし[グルーヴィジョンズの巻]

連載・記事
装丁道場[大島依提亜/望月玲子(新潮社装幀室)/原田祐馬]
タテヨコナナメ・デザイン談義[松田行正・三谷基・森本裕子]
本づくりの匠たち[フロッキー加工]
祖父江慎の実験だもの[新しい金銀紙づくりに挑戦!]
名工の肖像[大松初行(築地活字)]
北川一成の負けた![英会話教室ベルリッツの車内広告に負けた]
編集部注目PICK UP![蛍光箔+彫刻版]
金剛地デザイン研究所[羽田空港新国際線ターミナルのデザイン]
Life Stripe

初版限定特別付録●
各種抜き加工トライアル+プラップ折り+新しいピカピカ紙「コズピカ」+蛍光色箔押し

グラフィック社編集部・編 定価:2,000円(税別)
ISBN978-4-7661-2213-8 C3070

amazonは10日発売になってますね。それにしても、表紙の天地を切らないでくれぃ!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-04 12:08 | ただいま制作中!

清水金之助さんの本

あっという間に今年も12分の1が過ぎてしまいました。この間お正月だったはずなのに……。

『デザインのひきだし12』は、早いところでは今週末くらいに書店に並びます。明日、詳しい内容などご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

その前に、今日は、『デザインのひきだし6』でも取材させていただいた、活字の種字直彫り職人・清水金之助さんの本をつくることについてお知らせをアップさせていただきます。

清水さんは、御歳89歳の活字地金彫刻師。活字地金彫刻師とは、活字の元になる種字を、鉛の棒に直に彫って作り上げる職人のこと。清水さんは14歳で弟子入りした後、途中長いブランクはあるものの、現在もご自分のペースで種字を彫られています。

といっても、もう活版印刷自体が、印刷の主流から外れて久しく、新たな母型をつくることもなくなっている現在、仕事として種字を彫ることはなく、ご自分の技術を、私たち活字全盛期を知らない世代などに見せてくださる目的もあって、彫っていらっしゃるのです。

もう、全国でも数えるほどしか残っていらっしゃらないであろう活字地金彫刻師。その清水さんのこれまでの軌跡を、今だからこそ本として記録し、後世に残したい。そうした思いから『活字地金彫刻師・清水金之助の本』(仮)をつくろうと、編集者・ライターの雪朱里さんが発起人となり、「つくる会」を立ち上げました。

残念ながら、商業出版として本を刊行する目処がたたず、それでも出したいという思いからの「つくる会」です。そのため、出版資金のご協力を、主旨にご賛同頂ける方にもお願い致したいと思っております。

私がうだうだ説明するより、発起人の雪さんが書いてくださったものが、しっかりまとまっていますので、そちらをご覧いただければと思います。

【活動趣旨】『活字地金彫刻師・清水金之助の本(仮)』をつくります。

「清水金之助の本」刊行基金にご協力のお願い

こちらをお読み頂き、ご賛同頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します。

書籍は現在、清水さんご自身でのチェックが終了し、また校閲協力の小塚昌彦さんによるチェックも進んでおります。この後、活版での組版印刷にむけて、動き出すところです。進捗状況はこちらのブログでも随時、お知らせ致します。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-01 13:06 | その他