ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『本当は記号になってしまいたい』が11位!

昨年の初夏に発売した『デザインのひきだし10』では、活版印刷を特集しました(詳しくはこちらを)。

その中で、函や表紙から本文まで、全て活字を組んで活版印刷した詩集『本当は記号になってしまいたい』の製作過程をレポートしました。この詩集、中身も外味(ブックデザインや印刷・紙・加工)も本当にうっとりするくらいステキな本なのです。私もできあがった本を見たときは、思わずほおずりしてしまったくらいに。
c0207090_18144498.jpg

そして、今年に入って、すごくうれしい話を耳にしました。この『本当は記号になってしまいたい』が、青山ブックセンター青山本店での「2010年売れた文芸書ランキング」で、な、なんと、11位にランクイン! すっごーい!

著者の斉藤倫さんが、ご自身のブログで、写真とともにご紹介されていますので、みなさまもぜひご覧下さい!

ちなみに『本当は記号になってしまいたい』をぜひ買いたい! という方は、税込み1800円で販売中ですので、hikidashi@graphicsha.co.jpまでご連絡いただければと思います。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-01-25 18:15 | ただいま制作中!

アジール、コズフィッシュの2社がデザイナー募集中!

昨日、『デザインのひきだし12』の見本ができあがりました。印刷や加工も問題なしだったので、これで量産に入ります(製本や抜き加工など、最後の仕上げの量産スタート。印刷や付録の貼り込みなどは、終了しています)。

詳しい内容は、発売予定の2月上旬頃、ここでもご紹介させていただきますが(紙の抜き加工の特集です!)、末尾ページに掲載している、デザイン事務所のスタッフ募集2件については、こちらでも早めにお知らせしておいた方がいいと思いますので、ご紹介を。

まずは、『デザインのひきだし』のアートディレクション/デザインをしていただいている、アジールの求人。グラフィックデザイナーとアシスタント、両方の募集です。詳しくはこちらを。締め切りは2月28日、応募書類必着です。

もう1件は、ひきだしで「祖父江慎の実験だもの。」を始めとして、いろいろご協力いただいているコズフィッシュの求人。詳しくはこちらを。締め切りは3月31日、応募書類必着です。

私がデザイナーやデザイナー志望だったら、ぜひとも入れてほしい! と思う両デザイン事務所。デザイン事務所へ入りたいと思っている方は必見です!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-01-25 10:34 | その他

ブッシュ抜き見学会・参加者募集!

※この募集は締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。

あっという間に、1月も残り1週間。……早過ぎる。

『デザインのひきだし12』は2月上旬発売予定で、今、最終工程に入っています。今回は「紙の抜き加工」を大特集していて、本誌自体もいろんな手法で抜き加工を多数取り入れています。

中でも、本全体を「ブッシュ抜き」で、抜いています(型抜き絵本のように)。今朝からその抜き立ち会いに行ってきましたが、うんうん、いい感じです。
c0207090_12295213.jpg


部数がけっこうあるので、抜き加工には数日かかっていて、その間にせっかくの機会なので、ご興味がある方も一緒に、見学に行ってみようではないか、ということになりました。

日時は2011年1月27日(木)の午後1時から。たぶん1時間程度。
場所は鶯谷です。参加費用は無料(交通費は自費でお願いします)。

同じところで、平盤打抜きなどもやっているので、先方のお仕事の状況しだいですが、他の抜き加工も見せてもらえるかもしれません。

参加したい! という方は、明日25日の午後5時までに、hikidashi@graphicsha.co.jpまで、以下をご記入の上、メールにてご応募ください。応募者多数の場合には抽選の上、ご参加頂ける方に25日午後6時頃ご連絡いたします。

応募要項

件名:ブッシュ抜き見学会参加希望
内容:お名前/会社名もしくは学校名(フリーランスの方は、フリーランスとお書きください)/職業/当日連絡がつく電話番号

今回、ブッシュ抜きをお願いしている会社は、A4サイズ程度までブッシュ抜きできるという、珍しい会社です(通常、こうした本を抜く場合、もっと小さなサイズしか抜けなところが多いのです)。いい機会だと思いますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-01-24 12:30 | ただいま制作中!

紙の知恵の輪

新年あけましておめでとうございます。

今年も日々精進して、少しでもいい本をつくるべく頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、本日から弊社は仕事始め。例年は5日からなのですが、営業日数の関係上、今年は本日からと相成りました。世間では明日からという会社もけっこうあるようで、通勤電車の中も、今日はまだ空いていました。いつもこのくらいなら楽なのに……。

『デザインのひきだし』の年賀状は、何とか昨年投函しました(といっても、大晦日になってしまいましたが)。昨日、今日あたり、皆様のお手元に届いているのではないかと思います(といっても、名刺交換させていただいている方のみですが)。

昨年は、シール号のひきだしの表紙が、ヤレがたくさん出ていたので(シールになった表紙なので、通常よりヤレが多くなりました)、それをハガキサイズに断裁し、ナンバリング打ち抜き機で2010を打ち抜き、年賀状と致しました。

今年は『デザインのひきだし12』(2月上旬発売予定です)の特集「なんでこんなにワクワクするの? 抜いたり折ったり貼ったり、紙の加工をもっと知る」に併せて、紙の型抜き加工を貼り合わせを使用し、「紙の知恵の輪」年賀状をつくってもらいました(ちなみに、私が考えたわけではなく、ある紙工会社さんがしくみを考えて加工してくれたものです。詳しくはひきだし12に掲載しますので、お楽しみに!)。

お送りできなかった方、または届いたけどどういうしくみなのかわからない、という方のために、簡単ですが、以下に解説を。

まず、届いた年賀状の宛名ラベルを剥がします。これは「再剥離タイプ」(貼って剥がしてまた貼れるもの。詳しくは「デザインのひきだし8」をご覧下さい)のラベルなので、きれいに剥がすことができます。
c0207090_1313821.jpg


ラベルを剥がすとこのような状態になるので、左右の端を両手で持って、軽くひねってみて下さい。そうすると、切れ目の入ったところからバラバラになります。
c0207090_1313237.jpg


手でひねってもうまく分かれない場合は、下図の赤い点部分を押し、白い点部分を上に持ち上げてみて下さい。すると、バリバリっと紙がはがれます。特に端っこの方は、郵送時にバラバラにならないようにしっかり糊が入っているものもありますが、そこは気にせず、バリバリ剥がして下さい。
c0207090_13133624.jpg


すると、このように6つの輪が繋がった、紙の鎖のような状態になります。
c0207090_13135313.jpg


これを元通りのハガキの状態に戻せるか、知恵の輪の要領で組み立ててみて下さい。

こんな感じなのですが、いかがでしょうか? またちょっとあまりがありますので、欲しいかたがいらっしゃれば、hikidashi@graphicsha.co.jpまで送付先をお知らせください。

それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-01-04 13:17 | ただいま制作中!