ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みなさま、良いお年を。

今日で弊社も仕事納め。仕事が終わろうが終わるまいが、とにかく会社は閉まってしまいます。こんなことを書く、ということは、ええ、ええ、私は仕事はまったく終わっていません。おせち料理食べながら原稿書くことにします。

今年は無事にデザインのひきだしを3冊出すことができました。

9号は「紙の魅力をもっと知る」で、ファンシーペーパーなどの印刷用紙はもちろん、印刷用紙の見本帳には入っていないような生活の中の紙や工業用紙などもご紹介しました。セメント袋の紙とか、鮪を包む緑の紙、お札の帯紙、クリーニングのタグの紙など、どれもステキな紙ばかり。意外に平判で購入できるものがあることがわかり、自分でも勉強になりました。

10号は「凸版・活版印刷でいくのだ!」。ここ数年、若い人たちに急速に広まっている感じを受ける活版印刷、凸版印刷について特集しました。さまざまなトライアルも実現し、どれもすばらしい仕上がりの実物サンプルを綴じ込むことができ、うれしい1冊でした。

11号は「インキの魔術師」。主にオフセット印刷で使えるインキについて、金銀とひとくちに言ってもどんなインキがあるのか、濃い墨インキってどんなものがあるのかなどなど、紙違いの刷り比べも含めたインキ見本帳も豊富に綴じ込み、手前味噌ですが自分でも役立っている1冊です。

これ以外にも、ひきだしの巻頭連載「装丁道場」をまとめた単行本、その名もズバリ『装丁道場 〜28人がデザインする『吾輩は猫である』』も刊行できました。vol.7までにご登場いただいた方全員と、本誌ADのアジール佐藤直樹さんに新たにデザインしていただいたもの含め、28作品をご紹介しています。

他にも、『印刷・加工DIYブック』『予算がなくてもステキなデザインのフライヤー・コレクション』などをつくるこができ、それに伴って、多くの方に出会い、いろいろなことを教えていただいた1年でした。本当にどうもありがとうございました!

来年は、『デザインのひきだし12』でまずお目にかかります。今回は紙の抜き加工を中心とした紙の加工特集。もう、色校や試作があがるたびに「ひゃー!」とか「わーっ!」とか、あまりのステキさに悲鳴を上げている毎日です。2月頭にはみなさまにお届けできると思いますので、どうぞよろしくお願い致します。ブログを見て下さった方だけに、本誌のテスト抜きの画像をチラ見せ。

c0207090_112377.jpg



今年は景気も悪く、いろいろ嫌な話を耳にすることも多い年でした。また大事な人が世を去ってしまった連絡もありました。でも、それでも、うれしい話や素晴らしい話もたくさん耳にし、また自分自身でもそんな幸せなことを感じる機会も多くありました。そんなさまざまなことを抱え、来年ももっともっと頑張って、デザイナーの皆様方の引き出しが、ちょっとでも増えるよう、『デザインのひきだし』をつくっていきたいと思います。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。今年も1年、どうもありがとうございました。
[PR]
by design_hikidashi | 2010-12-28 11:04 | その他

年明け早々スタート!「秀英体100」

今年もあっという間に最終週。時間が過ぎるのが早すぎて、恐ろしいです。

さて、来年早々にすごく楽しみにしている展覧会が始まります。その名も「秀英体100」

c0207090_11324858.jpg


100年前に完成期を見た伝統ある書体「秀英体」。その100周年を記念して、gggの1Fでは、豪華24名+1組のグラフィックデザイナーがデザインした「四季」をテーマにした新作ポスターの展示。平成の大改刻で開発された秀英初号明朝、秀英明朝L/M/B、そしてただいま開発中との秀英角ゴシック、丸ゴシックを使ったポスターだそう。(ひとり言:「四季」って入力しようとしたら、「紙器」って変換されました)

B1Fでは秀英体の誕生から平成の大改刻までが、秀英体の100年を書籍・雑誌・新聞広告・ポスター・電子書籍、さまざまなメディアや開発資料とともに紹介されるそうです。

うーむ、これは楽しみ!

このブログのために、「秀英体100」展の担当者であり、秀英体を愛してやまない、大日本印刷の佐々木愛さんからコメントをもらいましたよ。

--
明治生まれの秀英体が、2011年で生誕100年目を迎えます。
最初につくった職人は、こんなに長く愛される書体になるとは予想もしていなかったと思います。秀英舎と大日本印刷が開発をしてきた書体ですが、多くの出版社、厳しい編集者や校閲者に育てられてきた書体でもあります。
ぜひ、gggに足を運んで、秀英体の100年の足跡とそしてこれからの100年に思いを馳せてください。(大阪・福島へも巡回いたしますので、そちらもおたのしみに!)
--

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 第294回企画展

「秀英体100」

会  期2011年1月11日(火)~1月31日(月)
会  場ギンザ・グラフィック・ギャラリー
開館時間11:00-19:00 (土曜日は18:00まで)※休館:日曜・祝祭日
監  修永井一正
告知物・展示デザイン大日本タイポ組合

●巡回
dddギャラリー(大阪)第179回企画展 2011年3月22日(火)~5月11日(水)
CCGA現代グラフィックアートセンター(福島)企画展 2011年6月11日(土)~9月11日(日)

●オープニングパーティ
日時:2011年1月11日(火)17:30-19:00
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー

●ギャラリートーク
日時:2011年1月12日(水)18:30-20:00
会場:DNP銀座ビル3階ホール、先着70名
出演:港千尋(写真家・多摩美術大学教授)+大日本タイポ組合
秀英体展示室見学&トークショー「秀英体 平成の大改刻の道のり」
秀英体のリニューアルプロジェクト「平成の大改刻」、製作メンバーで、これまでの山あり谷ありを中間報告。また、開発資料がたくさんつまった秀英体展示室もご見学いただけます。

日時:2011年1月18日(火)17:00‐19:30(トーク=17:00~18:30、見学=18:30~19:30)
会場:DNP五反田ビル1階ホール、先着50名
出演:片塩二朗(朗文堂)+鳥海 修(字游工房)+石岡俊明(リョービイマジクス)+伊藤正樹(DNP秀英体開発室)
※秀英体展示室見学&トークショーは定員の先着50名様以降は、展示室の運営上、トークショーのみのご参加となります。ご了承くださいませ。

出展作家 25名(予定、五十音順、敬称略)
浅葉克己・井上嗣也・葛西 薫・勝井三雄・佐藤晃一・佐野研二郎・澁谷克彦・杉浦康平・杉崎真之助・祖父江 慎・高橋善丸・立花文穂・永井一正・中島英樹・長嶋りかこ・仲條正義・中村至男・南部俊安・服部一成・原 研哉・平野敬子・平野甲賀・松永 真・三木 健 + コントラプンクト(デンマーク)
[PR]
by design_hikidashi | 2010-12-27 11:35 | イベント・展覧会・新製品情報

1日だけのアルバイト募集!

※ご応募いただき、お願いする方が決定しましたので、募集を終了します。ありがとうございました。12/20 10:55

以前もここで募集させていただきましたが、1日だけ(もしかしたらもう1日?)のアルバイトを募集させていただきます。なんでこの時期なのか……と申せば、年賀状発送のための名簿入力/整理をお願いしたいのです。

日時:12月21日〜25日のどこか1日、朝9時〜18時まで(お昼1時間休憩)
場所:千代田区の九段下にある弊社(地下鉄九段下駅より徒歩3分)
日給:10000円+交通費全額
資格:老若男女どなたでもOKですが、エクセルへの文字入力、Illustratorでの簡単な作業(できているテンプレートに文字をコピペして出力するだけです)ができる方

よろしくお願いします!
[PR]
by design_hikidashi | 2010-12-20 10:28 | その他

『予算がなくてもステキなデザインのフライヤー・コレクション』発売中!

気がついたら今年も残すところあと2週間。いやぁ、時間が過ぎるのが早すぎて、恐ろしくなりますね。みなさま方も、年末進行でお忙しいことと思います。……これを乗り切って、楽しいお正月を迎えましょう!

今日は、先週発売になった新刊をご紹介させていただきます。その名もズバリ『予算がなくてもステキなデザインのフライヤー・コレクション』。中身を説明しなくてもわかりそうな長いタイトルですが(スミマセン・汗)、もう中身もそのまんまです。フライヤーやチラシをつくるときのアイデアソースになる、ステキなデザインのフライヤーを、印刷加工コスト別に4つのカテゴリに分けて掲載しています。

デザイナーのみなさんの「やりくり上手」が満載! 目にまぶしい、蛍光ピンク(TOKAのVIVA FLASHです!)のカバーに、フライヤーの型抜きがされた帯が付いたこの本、ぜひ書店でご覧下さいませ。

---
『予算がなくてもステキなデザインのフライヤー・コレクション』

コストを抑えつつ、でも目につく
いいデザインのフライヤーが満載。
自分で地道にフライヤーを集めなくても
この1冊に参考になるデザインが揃ってる!

c0207090_10291915.jpg


デザイナーが一番数多くつくっている印刷物。それが「フライヤー」。デザインアイデアがひらめかない、デザインしてみると、どうもしっくりいかないことが多いものです。また、昨今の不況もあり、印刷物に掛けられるコストは減り続け、そんな中でも効果的なデザインのフライヤーをつくることが、よりいっそう大きく求められています。

そんなとき一番参考になるのは、優れたフライヤーの数々を見ること。そこで本書では、コストを意識し、かついいデザインのフライヤー250点以上を4つのカテゴリに分けて掲載。デザインのポイントや、使用色、紙の銘柄などの仕様、印刷会社名、コスト削減ポイントも併せて紹介しています。予算のないフライヤー作りに必携の1冊です。

4つのカテゴリ

●非常にコスト削減できたフライヤー
紙はコート紙、印刷はCMYK4色のオフセット印刷。そんな一般的なフライヤーに比べて、非常にコストを抑えることができ、かつステキなデザインのフライヤーをご紹介します。

●CMYKと同等コストでできたフライヤー
紙はコート紙、印刷はCMYK4色のオフセット印刷。そんな一般的なフライヤーと、ほぼ同じコストながら、特色を使ったり紙を変えたりと工夫を凝らしたフライヤーをご紹介します。

●CMYKでつくられたフライヤー
一般的なコストでつくられたフライヤーをご紹介します。その仕様ながらコスト削減できたアイデアも掲載しています。

●コスト配慮しつつも特殊加工したフライヤー
一般的なフライヤーよりコストアップしてしまうけれど、効果的に特殊加工を施したり紙を選んだりしたフライヤーをご紹介します。

amazon yahoo books bk1
[PR]
by design_hikidashi | 2010-12-17 10:29 | ただいま制作中!

紙の加工にくびったけ。

師走ももう6日。心ばかりは毎日、焦りに焦っているのですが、仕事は進まず……。いや、進んでいないわけではないのですが、あとどのくらいどんな作業をすればいいのか、まだ先が見えない状況です。とほほ。

さて、何をそんなに焦りながら作業しているのかと申しますと、次号の『デザインのひきだし』の取材で、方々を尋ね歩いているのです。今日は朝から鶯谷→松伏(埼玉)と取材に伺ってきました。

活版印刷の取材をしているときにもよく見かけた、活版印刷機に付いた「ORIGINAL HEIDELBERG」のプレート、実は今回もけっこうな確率で目にしています。え? ということは今回も活版? いえいえ違うんです。今回は「紙の抜き加工」の特集を予定しているんですが、それにもこのハイデルの機械を使っているんですねぇ。

機械を入れられたのは、どこも、もう数十年前ですが、いぶし銀がステキなかっこいい機械です。今日もこの機械が現役で動いて、紙の抜き加工がフル回転で行なわれていましたよー。
c0207090_16324385.jpg

[PR]
by design_hikidashi | 2010-12-06 16:32 | ただいま制作中!