ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

竹尾見本帖本店2階で

c0207090_19223099.jpg

今、「THE SEARCH」展示が開催されているので、ちょっと行ってきました。10人のデザイナーの方々が紙、印刷、加工を駆使して作品をつくり、展示してあります。

いろいろ面白かったのですが、なかでも「ミランダ」という紙を使って作られた「おりがみ」という作品に、目を引かれました。これは折り方がわからなくても折れるおりがみ、というもので、山折り、谷折りがそれぞれ筋が押されている。実際に折るのはちょっと難しそうだけど、この「ミランダ」という紙は微細なガラス粉が入っていて、すっごくきれいにキラキラするんですが、それが蝶々のリンプンのように見え、上品ですてきでした。

折る前のものを各色もらうことができるとのことなので、もちろんいただきました!

明後日までやっているので、ご興味のある方はぜひ。
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-30 19:22 | 見学記

ピカピカ

c0207090_15491689.jpg

今朝電車に乗ったら、目の端にピカッと光のを感じた。むむむ、と思って見回してみたら、をを、これはまばゆい。文字がすべて金色の箔押し。商品のゴージャスさがわかりやすくアピールされてて、こういうストレートなの、けっこう好きです。
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-29 15:49 | こんなん見つけた。

2010年・日めくりカレンダー「ハローサンロクゴ」

c0207090_15482858.jpg

次号のひきだしでもご紹介させていただいてますが、印刷機でおなじみのハイデルベルグジャパンが、JAGDAと協力してすごいプロジェクトをやっています。その名も「プロジェクト365」。

詳しくはここを見るとわかるのですが、365人のデザイナーが1日分ずつデザインし、それを11種類の用紙に15種類の印刷技術(6社が担当)で表現しているという、すんごい日めくりカレンダーなんです。

その完成発表会がさきほど行われて伺ってきたのですが、完成品、おもしろい! 会見会場の後ろにすべての刷り出しが貼ってあったのですが、ニスの効果や、高輝度シルバー/パール、コールドフォイルの効果を、上から下から右から左から斜めからと、気持ち悪い動きをしながら(苦笑)、じっくりと眺めました。

現物はここから買えるそうです。ちなみに10月25日までに予約すると割り引き価格の3000円だそうですよ。印刷物好きな編集部・津田は即買いです!
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-28 15:48 | その他

ポスター内職中

『デザインのひきだし』は、全国の書店(150店舗くらい)と美術・芸術系大学に、発売に合わせてポスターを貼っていただいています。といっても貧乏な媒体故、豪華なポスター印刷は無理……。おまけに表紙はいつも特殊印刷・加工のオンパレードなので、印刷ではなかなかわかりづらい。

そこで1号のときから、あまった表紙を、本体と同じくらいの発泡スチロールに両面テープで貼り、実際の『ひきだし』のようなものを作ります。それを、1色か2色程度で印刷したB3サイズのポスターの真ん中にどーんと貼る、というポスターを作って、各所に貼ってもらっています。

だいたい200個くらいつくるのですが、その担当は編集部・河村。

c0207090_14464921.jpg


マスクをしているのは、新型インフルエンザというわけではなく、発泡スチロールの粉が飛ぶのをすわないため。こんな内職作業でつくったポスター、「うちにも貼ってあげるよ!」という書店、店舗、事務所、会社、その他の場所などをお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひ編集部までご一報ください。すぐに手づくりポスターお送りします!
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-25 14:47 | ただいま制作中!

中吊り広告に本物のレースが!

今朝、取材に向かう電車内で、きょろきょろ中吊り広告を見ていたら、こんなものを見かけましたよ。

c0207090_14142817.jpg


サントリーの「ザ・ヨーロピアン ジャスミンティー」という商品の広告だったんですが、広告のした部分に実物のレースが貼ってありました。最初は「すっごい繊細な型抜きか!?」と思ったのですが、近寄ってみると本物。多分、手貼りしたんでしょうねぇ。

こういう手が込んでいる広告を見ると、意味もなくうれしくなってしまうのですが、残念なことにこれ、裏に吊られている別の広告が、レースの下端までと同じくらいのサイズなので、遠目からみるとレースだということがちょっとわかりにくい。これ1枚でぶら下がっているか、裏の広告より長ければレースがわかりやすいんでしょうが、それは無理なんでしょうね……。
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-24 14:14 | こんなん見つけた。

今度はジュンク堂へ

c0207090_13322740.jpg

沖縄・那覇での夕食後、今度はジュンク堂那覇店へ。観光客で賑わう国際通りから1、2分歩くと、をを、見慣れたジュンク堂のグリーンの看板が。

すが県内最大だけあって、1階から3階まで広いフロアにはあふれんばかりの本、本、本。2階には県産本がこれまたたくさんあって、またも散財……。

3階の芸術書コーナーも超充実で、「デザインのひきだし」も3〜7号まで揃い、面だしして並べていただいてありました。おまけに、「標準 印刷見本帳」シリーズや「セオリー」シリーズなど、私が手掛けた他の本もかなり充実。「しかけのあるブックデザイン」も置いていただいてましたよ。ありがとうございます!!
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-21 22:06 | その他

沖縄で浅葉克己さんの講演を聴く

c0207090_13354315.jpg

那覇市内を車で走っていると、与儀公園付近にあった掲示板に「オキナワデザインの現在」という文字を発見。むむ、なんだこれはと思って、急いで携帯で検索してみると、県立美術館で今現在この展示をやっているではないか!

急遽進路変更して県立美術館へ来てみると、ちょうど10分前から、浅葉克己さんが記念講演をやっているとのこと。なんたるタイミング。まだ少々席があるとのことで入れてもらいました。

でもその空いている席というのは来賓席。そそくさと一番前のその席に座らせてもらって、すごいお仕事の数々を冗談いっぱいで説明してくださる講演を楽しみました。いやー、与儀公園付近でキョロキョロしてよかった!
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-21 17:38 | 見学記

宮脇書店とまりん本店

c0207090_12384460.jpg

編集部・津田は暇さえあれば島へでかけるのを趣味としていますが、このシルバーウィーク(いつの間にか、こんな名前がついてたんですね)は、沖縄本島と水納島という島へ来ています。

今回の目的のひとつが、今年、那覇に巨大書店がふたつ出来たので、そこに行ってみようということ。沖縄は県産のユニークな本がたくさんあるのも興味深いし、「ひきだし」も置いていただけてるかしら、というのも気になるし。

今日は一軒目の宮脇書店とまりん本店に来ています。とまりんというのは、離島へのフェリーうあ高速船などの港「泊港」に隣接した施設。ここの2、3階が宮脇書店になっているのだ。

2階は県内の出版社を始めとして、沖縄に関する書籍や雑誌がおかれていて、ついつい旅の途中だというのに、8冊購入。これから離島に行くというのにどうするのだ……。

3階にあがって芸術書のコーナーにいくと、ありました、ありました、「デザインのひきだし」の5号が1冊、6号が2冊。芸術書コーナーの担当者さんにもごあいさつ。これからもよろしくお願いします!
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-21 12:38 | その他

やはり、めくる。


次号のことや別件なども含めて打ち合わせをしに、アジールへ来ています。

お土産に(?)表紙の見本を持って行ったら、アートディレクターの佐藤直樹さんもさっそくめくってます。やっぱり面白いですよねー。

「わっ、びっくりした!」

佐藤さん、めくったところのビジュアルに驚いてますが、そのビジュアル作ったのアジールさんじゃないですか(笑)。

「いや、そうなんだけど、実際にめくってみたら、びっくりしたー」

確かに。私も「やっちゃった!」ってびっくりしました、始めは。

発売前でまだ現物お届け出来ないのに、こんな話ですみません!
c0207090_13383294.jpg

[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-18 19:21 | ただいま制作中!

今回は200名くらいに読者プレゼント!

今朝、会社に来ると、重いダンボールがひとつ。バリバリっと開いて中をみると、をを、表紙のヤレが届いた!

c0207090_17153643.jpg


次号(10月初旬に全国書店に並びます)「デザインのひきだし⑧」の第一特集は「シール・ラベルはこんなことまでできるんだ!」と題して、子どもも大人も大好きなシールについての大特集なのですが、それにあわせて、表紙が全面シールになっているのは、ブログ初日にお話した通り。

このシールをはがすのが思いのほか楽しいのですが、ふと考えてみると、2000円出して買った本の表紙を思いっきりはがしてしまう、というのは、ちょっと勇気がいるかも。という気がして、それなら、表紙制作時に出たヤレ(ちょっと型抜き位置がずれたりして、実際の製品には使わないもの)を、3枚1セットにしてプレゼントすれば、ヤレを無駄にしなくてすむし、もらった方も思いっきりシールを楽しめるし、一挙両得ではないか、と思った次第。

それを表紙の印刷/型抜き加工をしてくれた福永紙工の社長・山田さん(本誌に登場します!)にお話したところ、「じゃあ、ヤレは処分せずに全部送りますよ」といってくださっていたのだが、それが今日、届いたというわけ。もう既にシールをはがしたくてしょうがないのですが、これは読者プレゼント用。固い決意で我慢して(苦笑)、誰にも触られないように、倉庫に保管しました。応募方法などは、本誌の最後の方に載っているので、ご希望の方はぜひご応募ください。先着順にどんどんお送りします!
[PR]
by design_hikidashi | 2009-09-17 17:16 | ただいま制作中!