ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

カテゴリ:その他( 36 )

半日アルバイト募集

※応募は締め切りました。ご応募ありがとうございました!

ものすごく久しぶりの更新がアルバイト募集ですみません……。
のし紙を巻く、みたいな作業を半日お願いできる方を急募しております。
以下、可能な方がいればぜひご応募くださいませ。

日時:12月5日(火)

    10時〜18時までのうち4時間(早く終われば4時間より短くても終了です)
場所:千代田区九段北1-14-17 グラフィック社内
   (地下鉄九段下駅より徒歩5分)
謝礼:5000円+交通費全額
  (4時間より早く終わっても謝礼金額の変更はありません)
仕事内容:手のひらサイズのものに、のし紙を糊付けするというような簡単な作業です

【応募方法】
ご応募いただける方は、氏名、住所、電話番号、年齢を明記のうえ、 hikidashi@graphicsha.co.jp までメールにてご連絡ください。メールの件名は「アルバイト応募」でお願いいたします。

【応募〆切】12月1日(金)18:00まで(決定次第、早期終了の可能性あり)

ご応募お待ちしております。

[PR]
by design_hikidashi | 2017-11-30 12:05 | その他

文字入力・編集補助の短期アルバイト募集

※お仕事をお願いする方が決まり、メールにてご連絡しました。
 たくさんのご応募、ありがとうございました。
 (2017/1/7 12:41)


編集部 雪です。
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、「デザインのひきだし」編集部では、2月上旬発売の30号(創刊10周年記念号!)の校了に向けて、制作が佳境を迎えているところですが、実は、雪担当の書籍企画がもう1冊、進行中。こちらの制作のため、短期アルバイトを募集します。

日時:1月10日(火)〜12日(木)の3日間
    11時〜18時まで(お昼1時間休憩)
場所:千代田区九段北1-14-17 グラフィック社内
   (地下鉄九段下駅より徒歩5分)
時給:1,000円+交通費全額
  (最終日12日に現金にて支払)
仕事内容:文字入力(Exel上でのデータ入力)・編集補助作業(簡単な校正など)

※上記3日間以外に、翌週もお仕事をお願いするかもしれません。

【応募方法】
ご応募いただける方は、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレス、アピールポイントを明記のうえ、 編集部 雪 朱里 yuki@graphicsha.co.jp までメールにてご連絡ください。メールの件名は「文字入力アルバイト応募」でお願いいたします。

【応募〆切】1月6日(金)18:00まで

※お仕事をお願いする方にのみ、1月7日(土)中にメールにてご連絡いたします。

* * *

さて、上記「制作中の書籍」とはなにかというと…
春に向けて、明治・大正・昭和生まれのデザイナーや作家の描いた素晴らしい「描き文字」を集めた本をつくっているのです。

たとえば、こんな感じの本とか、
c0207090_14192728.jpg


こんな感じの本とか、
c0207090_1420476.jpg


もちろん、本以外にもポスターやパッケージなど、いろいろなところにデザインされた描き文字を、作家別にたっぷりとご紹介していきます。

そんな本の制作現場に興味がある!という方、ぜひご応募ください。
よろしくお願いします!
[PR]
by design_hikidashi | 2017-01-05 14:45 | その他

ヒグチユウコ 100 POSTCARDS Animals/100枚展示書店さんリスト

久しぶりの更新なのに、ひきだしネタじゃなくてすみません……。

ひきだし28、29と同時進行でつくっていた『ヒグチユウコ 100 POSTCARDS Animals』が今週発売となります。流通の具合にも拠るのですが、早いところでは昨日あたりから並び始めているようです。

c0207090_12565955.jpg


人気の画家・イラストレーターのヒグチユウコさんが描いた「動物」モチーフの絵が、100種類のポストカードになって、描きおろしの特製ブック型BOXに入ったもの。加えて描きおろしの小冊子まで!

こちら箱からポストカードがばらばら落ちてしまわないように、シュリンクをかけて出荷しています。ですので書店さんで中を見ていただくことが難しい状況なんです。そこでご協力してくださる書店さんで、このポストカード100枚全点を展示していただいています! すごい! ありがたい!!

現在決まっている書店さんは以下の店舗なのですが、増えたらまた順次お知らせ致します。展示期間は今週から順次という感じで、終了時期も書店さんによって異なりますのでご了承ください。

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
紀伊國屋書店 札幌本店
コーチャンフォー 新川通り店
コーチャンフォー ミュンヘン大橋店
コーチャンフォー 美しが丘店
ジュンク堂書店 旭川店
大丸藤井セントラル
コーチャンフォー 旭川店
三省堂書店 札幌店
函館 蔦屋書店
ヴィレッジヴァンガード 渋谷宇田川店
HMV&BOOKS TOKYO
ジュンク堂書店 池袋本店
三省堂書店 池袋本店
ブックファースト アトレ大森店
ブックファースト ルミネ町田店
くまざわ書店ランドマーク店
リブロ横浜ジョイナス店
ヴィレッジヴァンガード横浜ルミネ店
TSUTAYA 南太田店
オリオン書房所沢店
旭屋書店 天王寺MiO店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
梅田 蔦屋書店
ふたば書房 FUTABA+京都マルイ店
MARUZEN 京都本店
丸善 博多店

こちらの書店さんでは、もちろん『ヒグチユウコ 100 POSTCARDS Animals』を販売していただいています(売り切れてしまった場合はすみません)。

お近くの書店さんで展示されていたら、ぜひ実物100点を御覧ください。どれも本当に素晴らしいのです!
[PR]
by design_hikidashi | 2016-09-07 12:57 | その他

文字入力の短期アルバイト募集!

現在制作を進めている書籍のため、文字入力の短期アルバイトを募集させていただきます。

日時:7月16日(水)〜18日(金)の3日間、朝9時〜17時まで
場所:千代田区の九段下にある弊社(地下鉄九段下駅より徒歩3分)
日給:12,000円+交通費全額
  (最終日18日に現金にて支払)
資格:文字入力ができる方。簡単な校正ができれば尚可。

※上記3日間以外に、翌週もお仕事をお願いするかもしれません。

【応募方法】ご応募いただける方は、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスを明記の上、hikidashi@graphicsha.co.jpまでメールにてご連絡ください。メールの件名は「文字入力アルバイト応募」でお願いいたします。

【応募〆切】7月14日(月)22:00まで

お仕事をお願いする方にのみ、7月15日(火)朝にメールにてご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by design_hikidashi | 2014-07-14 10:53 | その他

食べられる印刷が家庭でできる! プリンターをプレゼント

「デザインのひきだし20」の「食べられる印刷加工」特集でご紹介したエディブルインク。インクジェットプリンタ用の食べられるインクで、対応プリンターがあれば家庭でも手軽に「食べられる印刷」が行えるというもの。

今回、記事に使用したエディブルインク対応プリンター「EPSON PX-105」を抽選で本誌読者1名の方にプレゼントします。応募方法は下記の通りです。

エディブルインク対応プリンター
EPSON PX-105プレゼント


c0207090_1235017.jpg


●応募方法:6月上旬発売の「デザインのひきだし22」をお買い上げいただき、感想を添えて、デザインのひきだし編集部まで下記必要事項をメールでお送りください。
 【必要事項】お名前、年齢、性別、職業、
  会社名(勤務先名・学校名)、
  郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス
 +「デザインのひきだし22」のご感想
●メールの件名は「プリンタープレゼント応募」でお願いします。
応募先 → hikidashi@graphicsha.co.jp
●応募〆切:6月16日(月)

※当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。

※注意事項:お送りするのは対応プリンターのみです。可食印刷に必要な他の備品(可食シート、エディブルインク、除菌液、可食洗浄液は、「デザインのひきだし20」P70をご参照の上、必要に応じてお買い求めください)。また、プリンターは記事作成時に使用したもの(中古)となりますことをご了承いただければ幸いです。

皆様のご応募をお待ちしております。
[PR]
by design_hikidashi | 2014-06-03 12:38 | その他

放出品、差し上げます!

(13時20分、追記)募集は締め切りました。数多くのご応募、ありがとうございました!

みなさま、こんにちは。年の瀬にはまだ少し早いですが、会社(会長)から「席を移動せよ。そして荷物を片付けよ!」と厳しい達しが出てしまいました。この会社に入社して8年半、その間も毎年、荷物はせっせと片付けていたつもりだったのですが、席を移動するとなると(入社以来はじめてです)、今まで見ないふりをしていた資料なんかも、片付けなくてはならないわけで。

『デザインのひきだし』をつくっていると、いろいろな紙や印刷・加工関連の資料・サンプルがたまってくるので、物量がものすごいことになっていたのです。

「席を移動したくない」とか「もっと収納場所を」とムダな抵抗をしてみたのですが、文字通りムダで、席移動+収納場所も半分くらいになる、という暗澹たる結果に(涙)。

もうこうなってはしょうないと、意を決して、きのうの日曜日、席の引っ越しをしました。でも、あまりに処分しなくてはならないものが多すぎて、twitterに泣き言を書いたところ……なんと、救いの天使が2人登場してくれました! 皆さんご存知のブックデザイナーの名久井直子さんと、今年独立したばかりなのにてんてこ舞い大忙しのブックデザイナー黒岩二三さんです。

わーわーわー、ありがたや!

そんなお二人が、私の新しい席に置ききれない資料や見本帳、サンプル品などを、福袋形式で詰め込んでくれました。じゃじゃん。

c0207090_1223419.jpg


それがこの15袋。それぞれお二人がテーマ(?)を決めて、入れてくれました(中身の説明はブログの最後に)。これを「ほしい!」という方がいらっしゃったら差し上げますので(もちろん無料です)、ぜひご応募ください。捨てるにはしのびないので、どなたかに役立てていただけたらうれしい限りです。

応募法はメールにて。件名を「放出品プレゼント希望」としていただき、本文に

1、どの袋が希望が
2、発送先の郵便番号、住所、電話番号、お名前(会社のかたは会社名も)

上記2項目を書いて、 hikidashi@graphicsha.co.jp までメールにてご応募ください。先着順に差し上げます。(上記項目に不備があった場合は、次の方に繰り下げになりますので、ご注意ください!)

さて、最後に福袋の詳細です。(コメントは、福袋をつくってくれた名久井さんが書いてくれましたよ)

紙見本セット(2セットあり)
 なじみの紙から、めずらしい紙まで、
 紙の見本がどっさり詰まっています。

風変わりな紙見本セット(2セットあり)
 合成紙やフィルム、不織布など、
 ちょっと変わった紙の見本がどっさり詰まっています。

加工見本セット(3セットあり)
 LCコートや箔をはじめ、3D、タックシールまで、
 たくさんの加工見本がわんさか。
 いつか使える時を夢見てください!
 
インキ大好きセット(1セット)
 インキ見本がいろいろ。見本帳になっていないものもたくさん。
 なかなか手に入らないスクリーン印刷のインキ見本も。
 インキ缶もオマケに入っています。小物入れに最適。

更紙大好きセット(1セット)
 漫画雑誌の色更紙から、いろんなクラフト紙など、
 ざらっとふわっとした紙が、ずっしりと詰まっています。

板紙大好きセット(1セット)
 手に入りにくい板紙やライナーなどの見本がたくさん。
 今では製造中止になった板紙見本もあるので愛でてください。

かわいい見本セット(1セット)
 印刷加工見本で手に入った、かわいい印刷物がごちゃごちゃと
 たくさん入っています。紙好きな方は楽しめるかと。

実用セット(2セットあり)
 ノートや便せんや付箋など、実際に「使える」セットです。
 紙まわりの仕事じゃない方も是非。

本関係セット(2セットあり)
 束見本や、本まわりの仕事の方に役立ちそうなセットです。
 
以上です。ぜひご応募ください!(どなたかもらってくれないと、会長に捨てられる!)
[PR]
by design_hikidashi | 2013-12-09 12:48 | その他

すっごい蛍光色インキ「TOKA VIVA FLASH DX」のカレンダーがもらえる!

みなさん、こんにちは。ひきだし編集部の津田です。

今月ももう明日で終わり。お、おそろしや。デザイン・印刷関連でお仕事なさっている方は、年末進行などなど、もう非常にお忙しいことでしょうね……。『デザインのひきだし』も次号18号がもう佳境……にならないといけないのに、全然進んでないっ! ぎゃー!! というジリジリ焦りっぱなしの毎日です。

さて、年末になると毎年楽しみにしているのが、各社からいただくカレンダー。印刷・紙・加工関連の会社からいただくことが多いので、みなさん自社技術をドカーンとアピールしたカレンダーのオンパレードで、それを眺めては楽しませていただいております。

今年、一番最初にいただいたのが、インキ製造会社・T&K TOKAさんのもの。今年発売になって、『デザインのひきだし16』でご紹介した、圧倒的な蛍光感のオフセット用蛍光インキ「TOKA VIVA FLASH DX」をコレでもか! というほどに使ったカレンダーで、私はもう使わず資料として引き出しにしまいました(笑)。
c0207090_16435741.jpg

表紙からすごい蛍光色! 携帯でとった写真のため、すごさがわからなくてすみません……。

c0207090_16443917.jpg

2ヶ月で1枚のカレンダーは、それぞれが違った蛍光色で刷られていて、まるで色見本のよう。巻末には何のインキでどうやって刷ったかなどの記載もあり。

そんな「TOKA VIVA FLASH DX」をふんだんに使った来年のカレンダーを、なんと250名様にドドーンとプレゼントしてくれる! というお話をTOKAさんからいただきました。これはうれしい!

応募の方法などは以下をご覧いただき、TOKAさんのWebサイトからお申し込みください。こんなカレンダーが無料でもらえるとは、またとないチャンス!

●T&K TOKA 2013年カレンダープレゼント
応募資格:デザイン関係の仕事をしている企業・個人・教育機関(但し学生を除く)
プレゼント数:先着 250名 (1社[1名]につき1部とさせて頂きます)
応募期間:11月29日から12月10日まで。250名に達した時点で受付を終了します。
※システム上、受付を止めることが出来ませんので、251名以降の方には当選に漏れた旨をメールにてご連絡致します。
発送予定:12月20日ごろ/ゆうメール(旧冊子小包)にて配送予定
応募方法:T&K TOKA 問い合わせページより。「必須事項」に入力の上、ご応募ください。会社名欄には、必ず社名又は職業(フリーランス・デザイナー等)を入れてください。
[PR]
by design_hikidashi | 2012-11-29 16:48 | その他

夏休みに読みたい、子ども向け「印刷・紙」関連本 その1

7月中にアップしたい……と思って準備していたのに、気がついたら8月も後半。否が応にも、子どもの頃、宿題をのばしのばしして8月後半に入ってしまった自分を思い出します……。

さて気を取り直して。

普段、私は、印刷や紙、加工に関する本はないか、いろいろ探しているのですが、そうしていると、たまに子ども向けにつくられた印刷・紙関連の本に出会うことがある。子ども向けとはいえ、こういう本は、大人でも十分おもしろい!(NHKの週刊こどもニュースが大人にも人気なのと一緒ですかね)

こうした本は、まとめて紹介されることもないし、またいざイチから探そうと思うと、なかなか難しい。そこで今日は、子ども向けにつくられた「印刷・紙」関連の本をまとめてご紹介します。身近なもので紙をつくったり、印刷のことをや本づくりのことを調べるなんて自由研究もおもしろそう。残り少ない夏休みですが、ぜひご活用ください!

------------------------------------------
c0207090_1151212.jpg『どんな草でも紙になる ---植物せんいのふしぎ』
大西 秀夫著/大日本図書刊/本体1359円+税

もう、これはホントにおもしろい。身近にある植物で紙がつくられるのかを、写真とやさしい文章で解説している。そしていろいろな植物での紙のつくり方が見えたら、あとはもう、怒濤のごとくいろいろな紙をつくっていく。たとえば、つくしやヨモギ、人参、サツマイモ、ワラビやゼンマイ、彼岸花、竹、ユリ、ひまわり……とここにはあげきれないほど。自分でもやってみたくなるし、見ているだけでもおもしろいのだ。

------------------------------------------
c0207090_1194693.jpg『紙の大研究1〜4』
岩崎書店/各・本体2800円+税

これは、4冊セットでも、それぞれ1冊ずつでも購入できる。

「紙の大研究 ①紙の歴史」
  紙のはじまりと歴史、日本とのかかわりなど。現在の和紙・洋紙の製造工程の紹介。本文用紙が4種類も使われていて(色もさまざま)それも面白い。
「紙の大研究 ②紙とくらし」
  紙がくらしの中で果たす役割、利用のされ方。日本の中の紙の特産地、紙にかかわる環境の問題など。生活の中で使われているさまざまな紙(トイレットペーパーとか新聞雑誌以外にも、紙巻き鉛筆とかリトマス試験紙、クリーニングタグなどマニアックでいい!)について知ることができる。
「紙の大研究 ③紙をつくろう」
  紙の目や燃え方など、さまざまな「性質」を実験を交えながら徹底分析!野草などから自分で紙をすいてみる。紙の繊維の拡大写真とか紙の引っぱり強度とか、もう子ども向けとは思えないマニアックな面白さ。後半では写真をたくさんつかって、身近な蔓植物から紙をつくる方法を解説。
紙の大研究 ④紙の実物図鑑
  実物の紙をさわって見られる、実物見本図鑑。それぞれの紙について、原料や用途など、簡単な解説つき。パピルス(エジプト産)、画仙紙(中国産)、和紙(コウゾ、ミツマタ、ガンピでできた紙、その他)、洋紙(ファンシーペーパー、非木材紙、トレーシング・ペーパー、その他)30種つき。
c0207090_11183371.jpg

もう、パピルスまで実際に触れて、めちゃくちゃいいです。

1冊2800円とちょっと高いけど、これは子どもを紙好きにするためには、必要経費です!


------------------------------------------
c0207090_15581284.jpg『雑草からカードづくり ワンダーランド――紙のやさしいつくり方』
木村光雄著/いかだ社刊/本体1300円+税
家庭にあるもので、雑草から紙をつくることを紹介した本。モノクロ本ですが、詳しいやり方が乗っているのがよい。ただ、品切れ(絶版?)のようで、新刊はあまり手に入らないかも。



------------------------------------------
c0207090_155853100.jpg『NHKやってみよう なんでも実験第2集〈1〉ススキやキャベツで紙に挑戦』
盛口襄監修、町井弘明実験指導/理論社/本体2000円+税
NHK教育テレビで放送された「やってみよう なんでも実験」(1995〜1996年)の中から抜粋して書籍化したもの。パピルスのつくり方から、すすきやキャベツなどを使った紙づくりまで、ほぼ図版のみで解説している。ただし、こちらも出版社が倒産しているため、入手は古書に限られそう。

--------
まだまだ印刷や本に関する本があるのですが、長くなりすぎるので今日のところはここまで。紙についての本をまとめました。

こういう本に興味がある方は、今週の土曜日に行われる、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店の夏休みイベント「ミズノプリンティングミュージアムの紙と印刷の出張博物館」に参加されてはいかがでしょう? 入場無料で、印刷や紙に関する貴重な資料を実際に手で触りながら、貴重なお話が伺えそうですよ。詳しくはこちらに(真ん中よりちょっと下の方に書かれています)。
[PR]
by design_hikidashi | 2012-08-16 16:05 | その他

震災による影響

今回の震災で、紙や印刷業界にも、いろいろな影響がでています。ここではWebに掲載されたものや、編集部が見聞きしたものを、少しずつまとめたいと思います。

【紙関連】

●王子製紙
日光クラフトボールなどの板紙をつくっている王子板紙日光工場が、設備被害により操業停止していたものの現在は、通常通りの操業を開始。その他の板紙工場は震災の影響はない模様。ダンボール関係は、王子チヨダコンテナー仙台工場が現時点でも操業停止中で、復旧の目処は立っておらず。震災直後は操業停止していた王子チヨダコンテナー福島工場、森紙業グループ仙台森紙業、森紙業グループ常陸森紙業は、現在は通常通りの操業を開始している。
王子製紙の発表

王子製紙は、主力工場が北海道や静岡、愛知県、鳥取県などで、今回の震災の地域には、生産拠点があまりなかったため、被害も比較的大きくないようです。ただ、王子特殊紙は主力工場が東京電力の管轄内のため、計画停電の影響があるかもしれません。


●日本製紙
日本製紙の全8工場のうち、石巻工場、岩沼工場、勿来工場が地震と津波の影響で現在でも操業停止中。日本製紙グループ本社の芳賀義雄社長の石巻視察の記事はこちら。--「同工場と岩沼市の岩沼工場は国内の印刷用紙の1割を生産する主力工場で必ず再建する」
日本大昭和板紙 秋田工場も、震災直後は操業停止していたが、18日から停止していた一部設備を稼働して操業を再開している。
グループ会社の北上製紙も震災直後は操業停止していたが、24日から順次抄紙機を稼動を再開し始めた。
日本製紙の発表(PDF)

日本製紙は被災した地域に工場があり、まだ復旧の見通しが立っていない工場も多いようです。ですが、上記のニュースでも最新の抄造機「N6マシン」事態が無事だったとのことで、少しホッとしました。(アジア最大級の最新抄造機・N6マシンの導入プロジェクトについてはこちらを)

そんな甚大な影響がでている日本製紙ですが、そんな中でも被災地支援をされている。すばらしい。一日も早い復旧を心よりお祈りし、応援します!

●大王製紙
大王製紙は、28日までに、今回の震災で操業停止していた大王製紙グループの紙・板紙、家庭用品の全生産設備の操業を再開。関連会社のる「いわき大王製紙株式会社」(福島県いわき市:新聞用紙、段ボール原紙の生産工場)は、原子力発電所の放射性物質の漏出問題を踏まえて操業再開を延期していたものの、3月24日(木)に新聞用紙抄紙機、25日(金)に段ボール原紙抄紙機の操業を再開している。
大王製紙の発表(PDF)

●三菱製紙
国内5拠点の工場のうち、八戸工場(塗工印刷用紙、非塗工印刷用紙、 高級白板紙、特殊白板紙、PPC用紙)の操業が停止している。津波の影響を受けて、1階部分が浸水し、電気系統の被害が大きいとのこと。
現在の見通しとしては、4月下旬頃からパワープラントの順次、操業再開(電力不足解消に寄与するため、パワープラントを早期に立ち上げ、一部電力を東北電力に供給すべく、現在、関係省庁、青森県、東北電力と協議中とのこと)、5月中旬頃から抄紙機・塗抹機の順次、操業再開(7台の抄紙機、3台の塗抹機を順次立ち上げ操業を再開する)予定だ。
三菱製紙の発表(PDF)

●中越パルプ工業
中越パルプは主力工場も含め、今回の被災地に工場はないため、特に操業停止などもなかった。


このように、地震や津波の影響で、抄造機などが停止しているところがあり、希望の印刷銘柄が使えないという事態も起こっている(弊社でも、来月新刊は本文用紙の銘柄を変更したもの多々あり)。

また東京電力の地域内にある製紙工場では、計画停電の影響で、機械をとめなくてなはらなくなっており(パッと電源を入れてパッと紙がつくれる、というものではないので、停電があると言われた何時間か前から抄造機をとめ、停電後、機械の立ち上げにも時間がかかる。そのため、生産性がかなり落ちてしまう)、その影響で紙の不足が起こっているということもある。

紙の不足は、製紙会社の抄造マシン停止なども大きな要因ではあるが、震災前までにつくられた在庫の紙も、地震や津波の影響で使用不可能になってしまった製品がかなりあり、その影響も大きい。
また物流でも、物流手段の問題、燃料の問題、工場内引き込み線の貨物が復旧するかなど、さまざまな問題が出ている。

野村証券による紙パルプ業界の解説では、「印刷用紙や新聞用紙の供給に不足感。」と。



【インキ関連】
インキは個別のインキメーカーの被害も、また顔料などの原料不足もあるが、インキの主成分であるロジン変性フェノール樹脂(いわゆる松ヤニ)をつくっている、国内唯一の会社「ハリマ化成」の工場が被災し、再開の見通しが不明だったことから、「インキがなくなる」という話が持ち上がっている。ただし、今日付けの同社の発表では、、仙台工場(宮城県岩沼市)では、電気、水の供給ラインが復旧。ボイラー稼働再開し、早期の操業再開に向け、各種設備の点検を進めているとのこと。早期復旧することをお祈りします。
ハリマ化成の発表(PDF)

28日(月)の時点でまとめられた、印刷タイムスによるインキ関連の情報がこちらに。

これからも随時情報をまとめていきたいと思います。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-03-30 18:34 | その他

清水金之助さんの本

あっという間に今年も12分の1が過ぎてしまいました。この間お正月だったはずなのに……。

『デザインのひきだし12』は、早いところでは今週末くらいに書店に並びます。明日、詳しい内容などご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

その前に、今日は、『デザインのひきだし6』でも取材させていただいた、活字の種字直彫り職人・清水金之助さんの本をつくることについてお知らせをアップさせていただきます。

清水さんは、御歳89歳の活字地金彫刻師。活字地金彫刻師とは、活字の元になる種字を、鉛の棒に直に彫って作り上げる職人のこと。清水さんは14歳で弟子入りした後、途中長いブランクはあるものの、現在もご自分のペースで種字を彫られています。

といっても、もう活版印刷自体が、印刷の主流から外れて久しく、新たな母型をつくることもなくなっている現在、仕事として種字を彫ることはなく、ご自分の技術を、私たち活字全盛期を知らない世代などに見せてくださる目的もあって、彫っていらっしゃるのです。

もう、全国でも数えるほどしか残っていらっしゃらないであろう活字地金彫刻師。その清水さんのこれまでの軌跡を、今だからこそ本として記録し、後世に残したい。そうした思いから『活字地金彫刻師・清水金之助の本』(仮)をつくろうと、編集者・ライターの雪朱里さんが発起人となり、「つくる会」を立ち上げました。

残念ながら、商業出版として本を刊行する目処がたたず、それでも出したいという思いからの「つくる会」です。そのため、出版資金のご協力を、主旨にご賛同頂ける方にもお願い致したいと思っております。

私がうだうだ説明するより、発起人の雪さんが書いてくださったものが、しっかりまとまっていますので、そちらをご覧いただければと思います。

【活動趣旨】『活字地金彫刻師・清水金之助の本(仮)』をつくります。

「清水金之助の本」刊行基金にご協力のお願い

こちらをお読み頂き、ご賛同頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します。

書籍は現在、清水さんご自身でのチェックが終了し、また校閲協力の小塚昌彦さんによるチェックも進んでおります。この後、活版での組版印刷にむけて、動き出すところです。進捗状況はこちらのブログでも随時、お知らせ致します。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-01 13:06 | その他