ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

和紙特集の『デザインのひきだし29』完成!

来月上旬発売の『デザインのひきだし29』の、版元見本があがってきました!  今回は本誌初めての「和紙特集」。それならば、本誌自体も全部和紙でつくらないと話にならない(?)と、最初から私の中だけで勝手に仕様を決めていたのですが、それを実現するには予想外のハードルもあり、結果として各所に本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。このことについては、また改めてブログでお話できればと思います。

まずは第一報ということで、『デザインのひきだし29』の概要をご紹介します。

特集は「和紙 〜日本全国の和紙を知れば、紙ものづくりの幅がグンと広がる。(価格だって思っているほど高くない!)」と題し、手漉き・機械抄きの両方の和紙を徹底的に特集しています。洋紙だけでも本当に多種類の紙がありますが、日本ならではの美しく風合いのある和紙を知って、自分の仕事で使いこなせれば、より五感に訴える紙ものができること請け合い!

今回も豊富な実物サンプルを綴じ込んで、読んで、見て、触って、においを嗅いで(?)、和紙を堪能できる、完全保存版の1冊になっていると自負しています。

多くの方々の協力があって完成した、表紙も本文用紙もすべて和紙を使用した『デザインのひきだし29』。ちらっと写真でご紹介すると、表紙は筆で書いていただいた文字を、麻の葉模様の落水紙を貼合した和紙にオフセット印刷しています。

c0207090_17404995.jpg


本文用紙にも数種類の和紙を使用。密度が低いので、洋紙より裏抜けしやすいですが、それが紙の地合いをより見せてくれて、私は大変気に入っています。

c0207090_17424527.jpg


ちなみに、使っている和紙名は、すべてノンブル横に記載していますので、見本帳がわりにぜひ眺めてみてください。

c0207090_17432587.jpg


和紙は密度が低いものが圧倒的に多いため、非常に軽い! 今回、表紙も本文用紙もすべて和紙なので、通常の号(同じくらいの厚みのもの)と比べて半分くらいの軽さですし、刺繍の表紙の『デザインのひきだし27』と比べると5分の1程度です!(笑)  

いつも数冊の見本誌を持ち歩くだけで「重い……」と感じる本誌ですが、今回は片手で10冊持っても大丈夫!  私が力持ちなのは否めませんが、本当に軽いんですよ。

c0207090_17454930.jpg


記事詳細は明日以降、徐々にアップしてきますので、またぜひご覧くださいませ。

----------------
c0207090_17472222.jpg

『デザインのひきだし29』

特集「和紙 〜日本全国の和紙を知れば、紙ものづくりの幅がグンと広がる。(価格だって思っているほど高くない!)」

 和紙というと、独特の味わいある風合いが美しく、日本伝統の紙として、好きな人はかなり多いだろう。でもそれを紙ものや印刷物をつくる際に、紙選択のひとつに入れているかと問われれば、残念ながらほとんど選択肢に入っていないのではないだろうか。日本にはこんなにいい紙があるのに、それを使わない手はない。

 しかし実際に印刷物を企画・製作する人たちは、和紙のことをなかなか知る機会がない。和紙と言えば手漉き和紙が頭に浮かび、1枚ずつ手で漉く和紙は、高価でまた量産も難しいと思い込んでいる人も多いだろう。でも手漉きにはその良さがしっかりあり、また機械抄き和紙であればコストも予想以上にリーズナブルなものもある。

 そこで本特集では日本全国でつくられている機械抄きの和紙を中心に、手漉き和紙も多数紹介。比較的小ロットでオリジナル品がつくれることも大々的にご紹介しています。印刷加工が洋紙に比べると難しいと言われる和紙ですが、その印刷加工のポイントや和紙印刷加工が得意な会社紹介と、和紙をつかった印刷物をつくるためのノウハウを、あますところなくご紹介します。

★以下目次で緑色文字部分は、関連の綴じ込み付録があります。

006 …… インタビュー 黒栁 潤
010 …… インタビュー デザインフィル
016 …… 和紙づかいのすてきな作品たち
024 …… 和紙ってなんだろう?
030 …… 手漉き和紙編
031 …… 手漉きの極薄・典具帖紙をつくり新たな和紙にも挑戦する
      ──浜田兄弟和紙製作所
032 …… 人間国宝・9代目 岩野市兵衛さんの手漉き工房を訪ねる
034 …… インタビュー 和紙作家・森田千晶さん
040 …… 手漉き和紙へのオフセット印刷─コマガタ
042 …… 機械抄き和紙編
      世界一薄い和紙を抄くひだか和紙を訪ねる
046 …… 落水紙をはじめ多彩な美しい和紙をつくる─モリサ
048 …… チャレンジングな和紙もドンと来い!─高岡丑製紙研究所
049 …… 土佐典具帖紙の技術を活かした 
     世界一薄い合成繊維紙を開発─廣瀬製紙
049 …… 障子紙からスタートし乾式・湿式両方の不織布をつくる
      ─三和製紙
050 …… 編集部おすすめ! 和紙紹介
060 …… 和紙見本帳を手に入れよう!
062 …… オリジナル和紙をつくる①
      オリンピックカラーの「てまり」をつくる─竹尾
066 …… オリジナル和紙をつくる②
      100キロからオーダーできるオリジナル透かし和紙
      ─丸重製紙

070 …… オリジナル和紙をつくる③
      和紙の里・越前でつくるオリジナル透かし和紙
      ─TAKIPAPER

074 …… 和紙の印刷・加工編/和紙への印刷は難しい!?
      本誌はこうしてつくられた
078 …… 耳付き加工の和紙ラベルをつくる─高桑美術印刷
080 …… グラデーションの美しい掛紙の活版印刷─瀬川商店
082 …… 和紙の印刷加工 頼りになる会社紹介
086 …… 特集内に出張 名工の肖像[高木裕夫(揉紙職人)]
090 …… 和紙ならではの加工いろいろ
094 …… 綴じ込み付録目次


Amazonでは現在予約受け付け中です。
[PR]
by design_hikidashi | 2016-09-27 17:54 | ただいま制作中!
<< 『デザインのひきだし29』和紙... ヒグチユウコ 100 POST... >>