ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

「もじ部」参加者募集! アドビ 西塚涼子さん・服部正貴さん登場

【10/27追記】
当選者の方に「参加決定のお知らせ」をメールにてご連絡しました。


【10/22追記】
こちらの募集は締めきりました。たくさんのご応募、ありがとうございました。結果は当選者にのみ、メールにてお知らせいたします(10月27日頃までにご連絡の予定)ので、ご了承ください。


こんにちは、『デザインのひきだし』編集部の雪です。
透明スケスケ表紙の『デザインのひきだし23』が書店店頭に並び始めているところですが、本日はその次の24号(2015年2月初旬発売)掲載の連載企画「もじ部 ~フォントの目利きになる!~」参加者募集のお知らせです。

今回のもじ部長は、アドビタイプデザイナー・西塚涼子さんと、タイプエンジニアの服部正貴さん

アドビといえば、この夏、Googleと協力して日中韓3ヵ国語に対応できる初のオープンソースフォントを発表したことで大きな話題となりました。今回は、そんな画期的なデジタルフォント「Source Han Sans(源ノ角ゴシック)」制作の舞台裏を中心に、コンセプトをどのようにデザインに落とし込んだのか、3ヵ国語対応ということでのデザインの工夫や難しさ、デザイナーとエンジニアがどのようなやりとりをしながら書体を開発していったのかなどについて、途中過程の資料などもお見せいただきながら、お話いただきます。
仕事場も見学できるかも!?

以下、詳細です。

* * *

【デザインのひきだし連載企画「もじ部」概要】

フォントの良し悪しって、どうやって判断したらいいんだろう? 書体の制作背景や作り手の意図がわかったら、フォント選びがもっと楽しく豊かな時間になるかもしれない。

そ んなふうに思っている『デザインのひきだし』読者に集まっていただき、フォントメーカーや個人の書体デザイナーの方などフォントの作り手の仕事場を訪ね て、制作背景やコンセプト、この書体のここを見てほしいというポイント、フォント選びの考えかたなどを、じかに教えていただこうという企画です。

この連載企画では、毎回、読者の方から参加希望者を募集します。第13回「もじ部」の開催概要は以下のとおり。フォント制作の現場に直に触れられるチャンス! とにかく文字が気になる、文字が好きというみなさん、ぜひご応募ください!

※第13回もじ部の様子は『デザインのひきだし24』(2015年2月上旬発売予定)誌面に掲載します。

【第13回「もじ部」開催概要】

●日時:2014年11月5日(水)14時~ 3時間前後
●訪問先:アドビ システムズ株式会社(東京都内)
●もじ部長(スピーカー):アドビ 西塚涼子さん、服部正貴さん
●募集定員:5名
●参加対象者:書体、フォントに興味のある方でしたら、どなたでも。ただし、フォントメーカーに勤務されている方はご遠慮ください。また、『デザインのひきだし』誌面に顔写真、お名前などが掲載されることをご了承いただける方に限らせていただきます。

【応募方法】
氏名、年齢、職業(学校名)、メールアドレスに、西塚涼子さん、服部正貴さんに聞いてみたいことを添えて、下記デザインのひきだし編集部までメールをお送りください。
メールの件名は「もじ部参加希望」でお願いします。
応募先 → hikidashi@graphicsha.co.jp

【応募〆切】
10月23日(木)午前10時まで


※定員を上回る方のご応募があった場合、抽選とさせていただきます。
※結果は当選者にのみ、メールにてお知らせいたします(10月27日頃までにご連絡の予定

------
西塚涼子さんプロフィール:
1972年、福島県生まれ。アドビ 研究開発本部 日本語タイポグラフィ シニアデザイナー。
1995年、武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科卒業。1997年、アドビ システムズに入社。小塚昌彦氏の指導のもと、「小塚明朝」、「小塚ゴシック」の開発に携わる。その後、アドビオリジナルかな書体「りょう」および「りょうゴシック」ファミリー、フルプロポーショナルかな書体「かづらき」、「源ノ角ゴシック(Source Han Sans)」をリリース。1999年「ブランチレター」モリサワ国際タイプフェイスコンテスト佳作、2002年「汀花(ていか)」モリサワ国際タイプフェイスコンテスト銀賞、「かづらき」2010年NY TDC 審査員賞、2012年Letter.2 受賞。  

服部正貴さんプロフィール:
アドビ 研究開発本部 日本語タイポグラフィ シニアデザイナー。
1968年、名古屋生まれ。愛知県立芸術大学デザイン科卒業後、1994年、アドビシステムズ入社。小塚昌彦氏の指導のもと「小塚明朝」、「小塚ゴシック」の開発に携わると同時に、エレメントベースのフォント制作技術、アドビのフォント開発キット「AFDKO」を習得。アドビオリジナルかな書体「りょう」および「りょうゴシック」ファミリー、アドビオリジナル フルプロポーショナルかな書体「かづらき」の開発に参加。2014年にリリースされた「源ノ角ゴシック」では中国、韓国の書体デザイナーと協力し開発に携わる。

---
以上です。みなさまのご応募をお待ちしています。
どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by design_hikidashi | 2014-10-09 09:26 | ただいま制作中!
<< 「もじ部」参加者募集! 赤松陽... 『デザインのひきだし23』製本... >>