ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

「もじ部」参加者募集! 英Monotype社・大曲都市さん登場!

【3/3追記】
当選者の方に「参加決定のお知らせ」をメールにてご連絡しました。


【2/28追記】
こちらの募集は締めきりました。たくさんのご応募、ありがとうございました。結果は当選者にのみ、メールにてお知らせいたします(3月4日頃までにご連絡の予定)ので、ご了承ください。


こんにちは。編集部・雪です。
オフセット印刷を大特集した『デザインのひきだし21』が書店に並び始めたところですが、「もじ部」では早速、次の『デザインのひきだし』22号の参加者を募集します。

次号22号(6月初旬発売)の「もじ部長」は、英Monotype社で欧文書体デザイナーとして活躍中の大曲都市さん。先日NY TDC受賞のニュースも飛び込んできた書体「Metro Nova」の開発背景や制作過程を中心に、大曲さんのお仕事についてたっぷりお話いただきます。

以下、詳細です。

-------------------
【デザインのひきだし連載企画「もじ部」概要】

フォントの良し悪しって、どうやって判断したらいいんだろう? 書体の制作背景や作り手の意図がわかったら、フォント選びがもっと楽しく豊かな時間になるかもしれない。

そんなふうに思っている『デザインのひきだし』読者に集まっていただき、フォントメーカーや個人の書体デザイナーの方などフォントの作り手を訪ねて、制作背景やコンセプト、この書体のここを見てほしいというポイント、フォント選びの考えかたなどを、じかに教えていただこうという企画です。

この連載企画では、毎回、読者の方から参加希望者を募集しています。開催概要は以下のとおり。
※第11回もじ部の様子は『デザインのひきだし22』(2014年6月上旬発売)誌面に掲載します。

【第11回「もじ部」開催概要】

●日時:2014年3月14日(金)19:00~21:00頃
●開催場所:東京都内(新宿近辺)
●もじ部長(スピーカー):英Monotype社 大曲都市さん
●募集定員:5名
●参加対象者:書体、フォントに興味のある方でしたら、どなたでも(フォント制作関係者の方もOKです!)。また、『デザインのひきだし』誌面に顔写真、お名前などが掲載されることをご了承いただける方に限らせていただきます。

【応募方法】
氏名、年齢、職業(学校名)、メールアドレスに、「大曲さんに聞いてみたいこと」を添えて、デザインのひきだし編集部までメールをお送りください。
メールの件名は「もじ部参加希望」でお願いします。
応募先 → hikidashi@graphicsha.co.jp

【応募〆切】
2月28日(金)午前10時まで


※定員を上回る方のご応募があった場合、抽選とさせていただきます。
※結果は当選者にのみ、メールにてお知らせいたします(3月4日頃までにご連絡の予定)

--------
大曲都市さんプロフィール:
英国Monotype社 欧文書体デザイナー。福岡生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業後、2011年、英レディング大学のMA書体デザインコース(MA Typeface Design)を卒業し、Monotype社の欧文書体デザイナーとなる。現在、ロンドン勤務。主な制作書体に、Google FontsのTangerine、MA書体デザインコースでデザインしたMarco(PDF)などがある。欧文以外にも、キリル文字、ギリシャ文字、モンゴル文字のデザインも手がけている。
http://tosche.net/

Monotype社とは:1887年に創立以来、金属活字の自動鋳植機を主力製品としながら、Times New Roman、Bembo、Gill Sansなど数々の名作書体を生み出してきた伝統ある企業。近年ではLinotype、ITC、Bitstreamなどの書体会社を買収し、世界一の書体ライブラリの規模となっている。
http://www.monotype.com/

---
以上です。
みなさまのご応募をお待ちしています!
[PR]
by design_hikidashi | 2014-02-13 11:17 | ただいま制作中!
<< TAKEO PAPER SHO... 『デザインのひきだし21』小冊... >>