ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

『デザインのひきだし16』発売です!

ここのところ、製紙工場への取材や出張が目白押しで、どこの工場もそれぞれに違う特徴の抄紙機から、魅力的な紙がダーッッと出てくる様をみて、わくわくドキドキの日々です。(これは10月発売の号でみなさんに、現物の新しい紙とともにその様子もお見せできると思います!)

今週、『デザインのひきだし16』が発売となりました(流通の関係上、来週になってしまうところもあると思います。すみません)。今回は特集が3本。スクリーン印刷、オフセット印刷による白オペーク研究、そして紙に関連する全国スポットを紹介した紙トラベルです。

スクリーン印刷は、私は印刷のなかで最も自由度の高い印刷だと思っているのですが、今回、改めていろいろなスクリーン印刷会社に伺って、こんなにもいろいろな印刷表現ができるのか! と、本当に驚きました。

一見印刷とは思えないような疑似ラインストーン印刷
c0207090_11322630.jpg


蛇革の質感が気持ち悪くなるほどリアルなテクスチャー印刷
c0207090_11321928.jpg


食べられちゃう印刷・可食印刷
c0207090_11331854.jpg


などなど、実物が11種類も綴じ込まれていますので、それを見たり触ったりしながらぜひご覧ください! また表紙ももちろん、スクリーン印刷が施されています。その一部をアップでご紹介。
c0207090_11282384.jpg


なんだかわかりますか? 実は「ビーズ印刷」という技法を使っているのです。ちょっと斜めから見るとより効果的に見えますので、ぜひ実物を書店店頭でご覧ください!

他にも、オフセット印刷(油性/UV、両方とも)で白オペークインキを様々に刷り比べて、どうしたら効果的に白が刷れるのかを追求した、第二特集「白オペークを極める」も、読み応え、見応えばっちり。4種の白インキを各種用紙に刷り比べ(それも白三度刷りまで!)、実物綴じ込みしている白オペーク見本帳は、仕事ですごく役立つと思いますので、ぜひみなさんにご覧いただきたいです。
c0207090_11435830.jpg


そうそう、その綴じ込みサンプルは、北海道のアイワードさんと、大阪の大昇印刷さんに刷っていただいたのですが、アイワードさんがその様子をWebで詳しくご紹介してくださっていますので、そちらもぜひご覧ください!

第三特集は「日本・紙トラベル」と題して、紙をつくっているところ、紙を展示しているところ、紙を売っているところ。日本中に紙に関連するスポットを、北は北海道から南は沖縄まで網羅してご紹介しています。巨大抄紙機のある製紙工場も見学できるんだ! とか、こんなステキショップが! とか、見ているだけでも楽しくなること請け合いです。

連載など、他のみどころは、また後日ご紹介させていただきます。

-----
c0207090_11404611.jpg

『デザインのひきだし16』

第1特集
五感すべてを刺激する
スクリーン印刷ですごい印刷!

「視覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」など多くの感覚に訴えかけることができるスクリーン印刷ついて特集しています。スクリーン印刷ならではの色表現/金銀・蛍光・偏光パールを刷る/さまざまな厚盛り印刷/ラメ印刷/香料印刷/リオトーン/発泡蓄光印刷/テクスチャー印刷/ちぢみグラデーション印刷/印刷でラインストーン/ビーズ印刷/食べ物にも刷れる!/立体物への印刷と、スクリーン印刷を全方位から徹底特集!

第2特集
今までちゃんと知らなかった。
白オペークを極める

予算がなくてオフセット印刷しかできない。そんなときにもちょっと変わった特殊印刷物がつくれる、強い味方。それが「白オペークインキ」。今まであまり詳しいことは知られていない白オペークインキを73パターンの印刷テストを通じて徹底解剖。それを元にした、白3度刷り×4種類+CMYKというすごい刷り内容で、さまざまな用紙に刷った18種類の実物綴じ込み見本帳は必見!

第3特集
紙に関するスポットを大紹介!
日本・紙トラベル

紙をつくっているところ、紙を展示しているところ、紙を売っているところ。日本中に紙に関連するスポットを、北は北海道から南は沖縄まで網羅してご紹介しています。

連載・記事
新連載 クリエイターのための法律相談所
もじ部[フォントワークス・藤田重信さん編]/名工の肖像[青木英一(松岳社 青木製本所)]/秀英体101/編集部注目PICK UP![TOKA FLASH VIVA DXシリーズ]/本づくりの匠たち[日本製紙・石巻工場]/北川一成の負けた[巨大なえんぴつの塔に負けた!]/海外の現場から[グムンド]/デザインを考えない/活版六尺/金剛地デザイン研究所[Pam東京『初版本と装丁』編]/祖父江慎の実験だもの[影押し加工]

初版限定特別付録
各種スクリーン印刷サンプル11種類+白オペーク印刷見本帳+TOKA FLASH VIVA DX色見本12枚+影押し

表紙のヒミツ
まるで色付きビーズで絵をつくっているように見える。しかしそんなことで1万部も表紙はつくれない。実はこれ、オフセット印刷で絵柄を刷った上に、透明ビーズをスクリーン印刷で貼付けているのだ。詳しくは本誌P.58でご紹介しています。

amazon(なか見!検索あり)
[PR]
by design_hikidashi | 2012-06-07 11:44 | ただいま制作中!
<< 白インキ徹底テスト結果展&トー... 書籍「コレクションシリーズ」2... >>