ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

『クリエイターのための法律相談所』発売中!

仕事をしている上で「困ったな」ということは、いろいろ起こります。特にお金のことや著作権のこと、意匠権やパブリシティ権、肖像権など、法律に関わってくることは「これは正しいのかな?」と疑問に思うことも多いでしょう。そんなとき、弁護士に相談できればいいのでしょうが、知っている弁護士さんがいなかったり、金額的に難しい……という場合も多いのが現実。現に私も、ちょっと困ったからといって弁護士さんに相談するのは、ちょっと敷居が高い感じがしてしまいます。

そんなとき、まずは開いてみていただきたいのが、このたび刊行した『クリエイターのための法律相談所』。QA方式で、実際にデザイナーやイラストレーター、カメラマンなどから募った、法律に絡んだ疑問を解説しています。

もちろん、必要な法律についてわかりやすくコンパクトにまとめてもありますので、クリエイターに関係が深い法律知識を網羅的に知りたいという方にもお役立ていただけると思います。

寄藤文平さんの装画が入った黄色いカバーが目印ですので、書店店頭でぜひご覧ください!

-----

c0207090_18584880.jpg


『クリエイターのための法律相談所』

松島恵美・諏訪公一著

著作権はもちろん、お金のこと、下請法、パブリシティ権、肖像権、意匠権のことなど、クリエイターが知っておきたい法律のアレコレをQ&A方式で現実に即してわかりやすく解説。

「ギャラって何年も請求し忘れてると、もうもらえないの?」「ポスターをデータ納品したら、そのデータを勝手にフライヤーに流用された。これってあり?」「頼まれた仕事を納品したのに、そのだんになってやっぱりいらないって言われた!」「最初に打診された金額よりだいぶ安い金額に負けてくれと、仕事が終わったあとに言われても……」こんな疑問は、デザイナーやイラストレーター、カメラマン、編集者、広告制作者などなど、クリエイターにとっては非常に身近な問題。でもその都度、弁護士に相談もできないし……。そんなときに役立つのが本書。53問のQ&Aで、著作権だけではなくお金のこと、下請法のことなど、クリエイターに必須の法律問題をわかりやすく解説します。またクリエイターが知っておきたい法律知識のコンパクトなまとめや、契約書、発注書、秘密保持契約書などのサンプル文書も掲載して、今日から役立つ1冊です!

定価2500円+税

amazon←なか見検索あり bk1 TSUTAYA online 丸善&ジュンク堂 楽天ブックス
[PR]
by design_hikidashi | 2012-03-13 19:25 | イベント・展覧会・新製品情報
<< みなさんの「これ、使ったよ」作... 法律に関する「こまった!」を募... >>