ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

「活版アートのチカラ展」

デザインのひきだし10』で特集し、大好評だった活版印刷。(『デザインのひきだし2』でも特集しましたが、こちらは申し訳ありませんが、完売です)その盛り上がりは年々すごくなっているなぁと、身をもって感じています。

そんな活版印刷を支える活版印刷所、活字鋳造所、製版所、紙会社、そしてデザイナーなどが一緒になって開催するイベントが今月28日(土)、29日(日)に開かれます。3会場にまたがってさまざまな催しがあるそうです。これは行くしかない!

-------
【大伸印刷60周年記念特別企画】
活版アートのチカラ展

2011年5月28日(土)、29日(日) 10:00〜18:00
第1会場 大伸印刷ガレージ
第2会場 ハワイアン・カフェ「サルブ」
第3会場 手打萬蔵そば「尾張屋」
以上の台東区鳥越周辺3会場で開催されます。

詳しくはこちらで。

主旨(Webサイトより)
「活版アートのチカラ」展は、
活字、製版、紙など活版印刷に関わる会社、
様々なジャンルの作家や
デザイナー、学生などによる
活版、凸版印刷作品を
中心とした展示会です。

ここ数年、GWに合わせて
開催されておりました、
朗文堂・アダナプレス倶楽部主催による
活版イベント「活版凸凹フェスタ」。
活版を愛するものにとって
心待ちにする大切な場所でしたが、
今年は東日本大震災に伴う
様々な理由で中止となりました。
開催の可能性をさぐりつつも、
考えに考えた末の決断だとお聞きしました。

そんな背景がありながら
あえて有志で集い、
本イベントを企画したのには、
震災の影響により揺らいでしまった
デザインやアートという
創作活動へ向かう心の基盤となるものを、
まずは自分達が取り戻そう、
そういう場を小さくても
提供しようという思いからでした。

「活版アートのチカラ」というイベント名は、
私達が持っている「チカラ」を
お互いに確認し合い、
ご来場くださった方と私達に、
これから必要な「チカラ」が
芽生えるきっかけになればという
望みが込められています。

本イベントは、ガレージや、
小さな店舗で作品を展示します。
スペースの都合上、
活躍されている多くの方々に
お声がけをできないことを
残念に思っております。
どうかご了承ください。

なお、本イベントで得た収益の
一部を東日本大震災で被災された方への
義援金として寄付させていただく予定です。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-05-18 16:04 | イベント・展覧会・新製品情報
<< 『本づくりの匠たち』が1冊にま... トークショー「メッセージが伝わ... >>