ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

「Zapf 展」が待ち遠しすぎる!

昨年も今年も、文字やタイポグラフィに関連したイベントや展覧会、トークショーなどがたくさんあって、なんともうれしいばかりですが、今年はもう目がウルウルするほど楽しみな展覧会が開催されます。

それが Zapf 展 「ヘルマン・ツァップ&グドルン・ツァップ カリグラフィーの世界」 です。
c0207090_1934462.jpg

OptimaやPalatinoなど、数々のフォントを生み出し続ける、フォントデザイン界の世界的巨匠ヘルマン・ツァップ氏と、その奥様である、カリグラファー・書体デザイナーでもあるグドルム・ツァップ=フォン・ヘッセさん、ご夫婦による日本初カリグラフィー展覧会だそう。

リリースをいただいたので、以下に転載します。

----
Zapf展
ヘルマン・ツァップ&グドルン・ツァップカリグラフィーの世界

会期:2011年3月22日(火)~4月3日(日)(休廊日 3月28日)
開場時間:11:00~19:00最終日は17:00まで
*3月26日(土)は六本木アートナイトにより21時までオープン
会場 :ギャラリ̶ル・ベイン
   東京都港区西麻布3-16-28lebain1F
入場料:1,000円
作品数:50数点を予定(直筆作品、複製品、フォント制作資料、金属活字など)
主催:ジャパン・レターアーツ・フォーラム
   小林章(ドイツ・ライノタイプ社タイプ・ディレクター)

■みどころ
*ツァップ夫妻の原点、カリグラフィーに焦点を当てた展覧会
*文字芸術の魅力を堪能できるカリグラファー&デザイナー必見の展示内容
*ヘルマン・ツァップの貴重な直筆作品3点日本初公開
*グドルン・ツァップ作、珠玉の手書き本、直筆作品多数展示
*ツァップ氏がデザインした金属活字の特別展示(嘉瑞工房所蔵)
*ライノタイプ社所蔵フォントデザイン関係資料特別公開
*若きツァップ氏伝説のカリグラフィー指導映像『TheArtofHermannZapf』DVD特別上映
*シルクスクリーン、直筆カリグラフィー作品を含む50数点を展示予定

■展覧会の特徴
海外のファッション雑誌や高級ブランドの広告を目にする人、あるいは欧米の書籍に親しんでいる人の多くは、Optima、Palatino などツァップ夫妻のデザインしたフォントも同時に見ているといってほぼ間違いないでしょう。
その美しさゆえに高級化粧品や有名ブランドが使いたがり、その読みやすさゆえに多くの書籍の本文に採用されるツァップ夫妻のフォントのデザインの原点は、彼らが若い頃から情熱を注ぎ続けているカリグラフィーにあります。
ツァップ夫妻による直筆も含めたカリグラフィー作品、金属活字やデジタルフォントの制作途中のメモを併せて展示することで、彼らの70年以上にわたる創作活動の一面を紹介します。展示物には日本人カリグラファーとフォントデザイナーによる日本語での細かな解説がつきます。
美術全般に興味のある人はもちろん、カリグラフィーに興味のある人、欧文フォントデザインの神髄に触れたい人が見ても興味深い、また資料的価値も高い展示です。

■ 関連プログラム
DVD『The Art of Hermann Zapf』(1967年 Hallmark社制作 嘉瑞工房所蔵)特別上映
日時:3月27日(日)&4月3日(日)1日2回 13:00 15:00(上映時間約18分)
場所:展示会場内
内容:伝説のカリグラフィー指導映像。若きヘルマン・ツァップが教授する手書き文字の極意。カリグラファー&デザイナー必見の動画。
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-16 19:38 | イベント・展覧会・新製品情報
<< すばらしい箔押しカレンダーをプ... 活版エキスポ1に行ってきました >>