ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

活版エキスポ1に行ってきました

c0207090_17282881.jpg


先週末、ちょっと所用で関西方面に行ったのですが、その直前に「活版エキスポ1」というイベントが大阪梅田で開催されているということを聞きつけ、これは絶対にどこかのタイミングで行ってみたい! と思っていました。

夕方、飛行機で伊丹空港から羽田に戻る予定だったのですが、その直前に伺うことができました。

c0207090_17283873.jpg

いやー、すごい人! お世辞にも広い会場とは言えないものの、自分の目線から写真を撮ったのでは、前にいる人の背中や頭が写るだけなので、上から撮ってみました。ね、大盛況でしょ?

この「活版エキスポ1」は、大阪の老舗活版印刷会社さんなどが主体となってつくられた「関西活版倶楽部」が主催しているイベントで、テキンによる活版の体験ワークショップや、8名のクリエイターによる凸版で刷られたポストカードの展示・販売、また活字を使ったキーホルダーの販売などが行なわれています。

c0207090_17285949.jpg

テキンや活版印刷の道具も展示されています。

c0207090_17293461.jpg

c0207090_17295399.jpg

活版でつくられた作品の展示。


c0207090_17301193.jpg

c0207090_17302377.jpg

これらは参加クリエイターの方がデザインした活版ポストカード。1枚でもセットでも購入できます。

今月の27日(日)まで開催されています。物販、ワークショップともに、25、26日以外はやっているそうです!(ちなみに私はポストカードもキーホルダーも買いました!)。詳しくはこちらをご覧下さいませ。

活版エキスポは、大阪・梅田のブリーゼブリーゼ2Fで開催中ですが、その会場のエスカレーターを登って2階へ行き、会場に向かう道すがら、なんだかステキな酒樽(菰樽)が。
c0207090_17235993.jpg


これは、「こもらぼ」というプロジェクトだそう。

「こもらぼ」とは、おめでたい席を演出する「鏡開き」を 中心に、日本古来からの伝統文化を受け継いできた 「菰樽」を、よりモダンにカジュアルに贈りものという スタイルで明日につなげていきたいという思いから はじまったプロジェクトです。 菰樽の歴史・背景を見つめ、クリエーターの創造力で 生まれるこれからの菰樽を提案していきます。(Webサイトより)

両手で持てるサイズの、このプロジェクトの菰樽は、こちらでも販売されているそうです。(会場でも売ってました)

ちなみに写真の中断右端は、『デザインのひきだし』で「Life Stripe」を連載してくださっているSPREADさんデザインの菰樽。ステキ!
[PR]
by design_hikidashi | 2011-02-15 17:32 | イベント・展覧会・新製品情報
<< 「Zapf 展」が待ち遠しすぎる! 新しい金銀紙「コズピカ」 >>