ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

もじ部 〜 フォントの目利きになる!〜参加者募集のお知らせ

東京は今朝なんと11度。秋をすっ飛ばして冬の様相です。そんな中、次号の『デザインのひきだし12』(2月上旬発売予定)の編集をエイヤッ!と毎日進めている訳ですが、次号で新しい連載が始まることになりました。その名も「もじ部」。こちらの連載では、読者のみなさんにもぜひご参加いただきたいと思っており、その募集を致します。

あの「ヒラギノ」書体や「游明朝体」などの書体をデザインした、字游工房代表の鳥海修さんに、直にお話を伺えるチャンス!

以下、この連載を御担当いただく、雪朱里さんから。

--

こんにちは。ライター・雪です。

このたび『デザインのひきだし』にて、新連載企画「もじ部〜 フォントの目利きになる!〜」を立ち上げることになりました。

フォントの良し悪しって、どうやって判断したらいいんだろう? 書体の制作背景や作り手の意図がわかったら、フォント選びがもっと楽しく豊かな時間になるかもしれない。

そんなふうに思っている『デザインのひきだし』読者に集まっていただき、フォントメーカーや個人の書体デザイナーの方などフォントの作り手の仕事場を訪ねて、制作背景やコンセプト、この書体のここを見てほしいというポイント、フォント選びの考えかたなどを、じかに教えていただこうという企画です。

この連載企画では、毎回、読者の方から参加希望者を募集します。第1回「もじ部」の開催概要は以下のとおり。文字好きのみなさん、ふるってご応募ください!

もちろん、もじ部の様子は『デザインのひきだし』次号誌面でもお伝えして参ります。

【第一回「もじ部」開催概要】
●日時:2010年11月9日(火)16:00〜18:00
●訪問先:字游工房 代表・鳥海 修さん
 游明朝体、游ゴシック体、ヒラギノUDなどについて
 お話を伺う予定です。
 字游工房
●募集定員:5名
●参加対象者:書体、フォントに興味のある方でしたら、どなたでも。ただし、フォント制作に関わるお仕事をされている方はご遠慮ください。また、『デザインのひきだし』誌面に顔写真、お名前などが掲載されることをご了承いただける方に限らせていただければと思います。

【応募方法】
●氏名、年齢、職業(学校名)、メールアドレスに、鳥海さんに聞いてみたいことを添えて、下記デザインのひきだし編集部までメールをお送りください。

hikidashi@graphicsha.co.jp

※定員を上回る方のご応募があった場合、抽選とさせていただきます。結果はメールにてお知らせいたします。

【応募〆切】
11月2日(火)午前10時まで

以上、どうぞよろしくお願いいたします!


「もじ部」担当ライター・雪 朱里
[PR]
by design_hikidashi | 2010-10-28 12:02 | ただいま制作中!
<< 『装丁道場』単行本、好評発売中です。 今年ももうすぐCET開催 >>