ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

活字屋さん

c0207090_9511419.jpg

『デザインのひきだし10』では、活版印刷の特集をしているわけですが、そのもととなるといってもいいのが「活字」。主に合金で出来た活字は、活版印刷屋さんにありますが、足りない文字や、使って摩耗してしまった場合等は、新たに活字屋さんから購入します。

昔、活版印刷が印刷の主流だった時代には、毎朝、印刷会社の小僧さんが、自転車で活字屋さんに乗り付け、必要な活字をいっぱい買って行ったそうです。長さ20センチはあろうかという、伝票を刺しておく棒も、その日の注文で紙が溢れてしまうほどの量だったとか。

今は、残念ながらその棒にささっている伝票もさほど多くない日が多いとか。でも、まだまだ現役で活字を鋳造、販売している活字屋さんは何軒もあります。

ひきだし10では、そんな活字屋さんのご紹介もしていますので、ご覧くださいねー。
[PR]
by design_hikidashi | 2010-06-04 09:51 | ただいま制作中!
<< 「活版を巡る冒険展」に行ってきました 『しかけのあるブックデザイン』... >>