ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

PAPER'S No.34 2010冬号

今朝、薄いグリーンの「玉しき」の紙でできたきれいな封書が届いた。竹尾のPAPER'S No.34 2010冬号が入ってた!

c0207090_12391628.jpg

これは以前は「玉しき きっか」という名前の紙だったと思うのですが、他のシリーズと名前が統廃合され、すべて「玉しき」に。模様違いは色名の方で区別するようになったそうです。案内はこちら

で、入っていたPAPER'S、今回の「紙について話そう」は、ブルーマークの菊地敦己さんと漫画家の高野文子さん! うわ、すてき。

c0207090_12361755.jpg

その中の高野さんのお話に「(ペーパークラフトの話の中で・前略)色のついた厚紙でつくったんだけど、カッターで切ったときの断面が白いとちょっとがっかりするんですよね。」という一文が。ホント、そうですよね。本でも紙の断面が気になることあります。

そんなときの選択肢のひとつなりそうな紙が、新たに誕生しています! それはヨシモリ株式会社の「クニメタル・コグチ」。色カード紙にアルミが貼合してあるので、断面は白くない! 『デザインのひきだし9』では、その詳細と実物の「クニメタル・コグチ」が3種類綴じ込まれてますので、ぜひご覧くださいー。

PAPER'Sは竹尾見本貼各店などでもらえるはずです。インタビューと、その続きはWebにもアップされるようですよー。今から続きが楽しみ。
[PR]
by design_hikidashi | 2010-02-09 12:39 | その他
<< ほぼ日に出会った。 デザイン書を「見てから」購入で... >>