ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

できぬなら 自分でやろう 印刷・加工

そろそろ都内書店に並び出す『デザインのひきだし9』ですが、紙の特集は巻頭に。そして巻末特集は「できぬなら 自分でやろう 印刷・加工」という記事を掲載しています。

印刷物をつくる場合、お金がなかったり、時間がなかったり、小ロットすぎてやってくれるところがなかったりと、さまざまな理由から、やりたい印刷や加工が実現できないことってありますよね。そんなときは、もう、腹をくくって自分で印刷加工してしまおうではないか! という特集なのであります。

このブログでも、ひきだし編集部がポスターや年賀はがきを自作しているところを、ご紹介したことがありますが、数百くらいなら、効率よくやればそれほど時間がかからずにできる加工もあります。それに作業自体がだんだん楽しくなってきて……(笑)。

でもって最近は、この特集内でもご紹介している「パーソナルシールプレス」という、ハンディなエンボス機で、自分の名刺に「ひきだしちゃん」をエンボス加工しています!

c0207090_1555482.jpg

活版が映えるようにと、ふわふわなハーフエアという紙を使っているので、これがまたエンボスが映えること映えること。

このパーソナルシールプレスは、2万円強でオリジナルデザインのエンボッサーがつくれてしまう。送付状とかちょっとしたお手紙なんかにも気軽にエンボス加工ができて(ホチキスの2周り大きいくらいの機械です)、ついつい欲しくなる逸品!
[PR]
by design_hikidashi | 2010-02-03 15:56 | ただいま制作中!
<< デザイン書を「見てから」購入で... 印刷現場は興味深い。 >>