ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

年賀状には穴をあけました。

『デザインのひきだし9』が校了して、つかの間の落ち着いた日々。でも、今月末校了の別の書籍があるので、本当はあんまりゆっくりしている場合ではないのだけど。

年賀状をたくさんいただいたものの、年明けはゆっくり見ている時間がなかったのですが、ようやく今週、改めてきちんと読み直している。それにしてもみなさん、すごい年賀状ばっかりで、ひとつひとつ「うわー」とか「すごい!」とか、一人感動しつつ見ています。いくつかは、いただいた方に許可をいただいて、ここで紹介してみたいと思いますので、乞うご期待。

さて、昨年末、当編集部の年賀状について書きました。本当に予算がなかったので、ベースの紙は表紙のヤレ紙を使い、印刷費もないので、大きなラベル用紙を買い、そこに宛名と一緒に新年のご挨拶をプリントして貼りました。

そして、それだけではあまりにも……なので、ハガキ上部に「2010(正確には0002010)」と、切手の切り取り線のような小さな穴で空けました。

c0207090_10565366.jpg

これはある機械を借りて、ひきだしの編集作業の合間にコツコツ打ち抜き作業。最初1000枚も打ち抜くのは相当大変だろうと思っていたのですが、これが煮詰まったときの息抜きになって、予想以上におもしろかったです。(そのある機械は、『デザインのひきだし9』に載っていますので、もう少しお待ちを!)

さあ、これからまた予算をかけずに寒中見舞いをつくらねば。年賀状いただきっぱなしのみなさま、申し訳ありません!
[PR]
by design_hikidashi | 2010-01-13 10:57 | ただいま制作中!
<< うわぁ、全部行かれるか!? 校了しました >>