ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

製紙業界 海外事業を強化

というNHKニュースが。ふむ。

---
景気の低迷で紙の需要が落ち込むなか、製紙メーカー各社は、中国で工場を建設したり、ベトナムの企業を買収したりするなど、海外事業を強化しています。

このうち、最大手の「王子製紙」は、およそ1800億円を投じて中国の上海近郊に工場を建設し、来年中にも現地で紙の生産を始める計画です。また、「日本製紙グループ本社」は、ことし6月にオーストラリアで3番目に売り上げが多い製紙会社をおよそ360億円で買収し、現地で印刷用の紙などの販売を強化しました。このほか、「レンゴー」も出資しているタイの製紙会社を通じて、ベトナムの段ボールメーカーを来月にもおよそ20億円で買収することを決めました。各社が海外事業の強化を急ぐ背景には、景気の低迷の影響で企業がチラシやカタログなどの発注を減らすなど、国内の紙の需要が低迷していることがあります。アジアなどの新興国では、経済成長に伴って紙の需要も拡大しており、今後、製紙メーカー各社の間で新たな需要を取り込むために海外事業を強化する動きが一段と加速しそうです。
--

日本で出しているのと同じ紙をつくるのかしら。抄紙機って、同じような機械で、同じようにつくっても、出来上がる紙は同じものにはならない、ということを耳にするので、海外ならではの紙になるんですかね。日本と求めてるものも違うんでしょうし。うーむ、気になる。
[PR]
by design_hikidashi | 2009-12-21 09:44 | こんなん見つけた。
<< うーむ、歴史缶、すごいなぁ 凸版印刷/グラフィックトライアル >>