ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

特別記事「印刷通販・大紹介」は本当に役立ちます!

『デザインのひきだし』の発売告知ポスターを手づくりしている、ということは、以前書きましたが、その完成品がこちら。

c0207090_10165730.jpg


全国の書店さんや美術/芸術系大学・専門学校などに200枚くらい貼っていただいています。そして弊社の入り口にも、創刊号からのポスターが8枚、貼られています。

発泡スチロールに表紙を貼ってつくった『デザインのひきだし』ダミーを、印刷したB3ポスターに貼り付けているわけですが、このポスターの印刷は、「印刷通販」をやっている印刷会社にオーダーしました。

実は今号『デザインのひきだし8』では特別記事として、ネットワーク経由などでデータを入稿して、仕上がったものは宅配便で送られてくるという「印刷通販」を行っている印刷会社のご紹介をしています。ちょっと調べてみただけでも、こういったサービスを行っている印刷会社って百社以上あるんですね。

私も個人的なハガキをつくるのに、以前2度ほどお願いしたことがありますが、それももう5年以上前のこと。数年前から、通勤電車の中でこうした印刷通販をやっている会社の車内広告を見かけたり、ファイル転送サービスのWebでこういう会社の広告がいっぱいでてきたりと、印刷通販会社は増えているのだろうなぁとはおぼろげながらに思っていたのですが、うーむ、こんなにたくさんあるとは。

自分で頼んだときを思い返してみると、やはり何社もあると、値段やサービスの比較をするのがちょっと手間だなぁと思っていたことと、それ以上に「どんな仕上がりになるんだろう?」というのが、かなり不安でした。

そこで、「そうだ、実際にその会社に刷ってもらった現物を、ドーンと綴じ込めば、実物見本になっていいではないか!」と思いついて、今回の特別記事をつくることにしました。

実際には、周りの方の評判だったり、問い合わせをしてしっかりしている会社など14社にしぼって、こちらが渡したテンプレートに自社の情報や価格表を入れてもらい、それをその会社に印刷してもらっています。B5の表裏2ページずつなので、入れられる情報は限りがあるのですが、こうした印刷通販の会社を選ぶときにはかなり役立ちます。基本的に「コート紙110kg」に刷ってくださいとお願いしたのですが、「コート紙110kg」といっても各社それぞれ別の銘柄のコート紙を使っているので、それも参考になりました。

実際私も、本誌に綴じ込む前に送られてきたこの14枚の印刷サンプルを見て、印刷クオリティや価格、サービス内容を比較検討して、このひきだしポスターや、他の本のポップ数種類、挨拶状など何社にもオーダーしてしまいました。仕上がりも問題なし。そして驚くほど安い!

昨日の夜、敬愛するブックデザイナーの方のところへ伺っていたのですが、その方もこの記事に本気で見入っていました。これから年賀状シーズンでもあり、こうした印刷通販は頼もしい存在ですな。
[PR]
by design_hikidashi | 2009-10-15 10:17 | ただいま制作中!
<< えーっ! トリ・パインが会社を... おお、新しいフリーペーパー! >>