ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

素朴な紙。

『デザインのひきだし8』の巻末特集では「素朴な紙」という記事を掲載しています。今までシールのことばっかりご紹介してきましたが、この「素朴な紙」特集、紙にこだわっている方には、かなりご興味をもっていただけるのではなかいと思います。

というのも、普通、仕事で紙を選ぶとき、だいたい見本帳から選ぶことが多いですよね? でも、世の中には見本帳がない紙というのもたくさんあって、この特集でご紹介している紙も、多くは見本帳がないものなんです。

たとえば週刊マンガ雑誌の本文用紙。あのカラフルな紙、使ってみたいけど、ほとんど見本帳を見たことがないですよね? 他にも、新聞の折り込みチラシに使われていたり、本文用紙として新たに開発された紙だったり。どれも大変素朴な風合いがすてきで魅力的な紙なんですが、根本的にどんな色の、どんな風合いの、どんな厚さの紙が、どこで入手できるのか、ということがわからなければ、指定のしようがない。

そこで今回の特集では、そんな非塗工の素朴な紙を大特集。あのマンガ雑誌の紙も平判で買えるんだということを、編集部も初めて知りました!

もちろん、実物サンプルも満載(下の写真がそれ)。紙見本がないものだけに、今回の綴じ込み付録を切って、紙見本代わりに使ってもらえたらうれしいです。

c0207090_15105131.jpg

[PR]
by design_hikidashi | 2009-10-08 15:11 | ただいま制作中!
<< 動いているUVフレキソ印刷機が... 電子ブックには、どうもなじめない >>