「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

デザインのひきだし・制作日記

dhikidashi.exblog.jp

『デザインのひきだし30』発売中!

今日、『デザインのひきだし30』が発売となりました。発売前に弊社在庫がゼロになる……という事態で、ご迷惑おかけしているところもあるかと思います。すみません。

でも、創刊10周年をこんなにうれしく迎えることができるとはと、本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。全国の書店さん、たくさんのご注文ありがとうございます。そしてお手にとってくださる読者のみなさま、本当にどうもありがとうございます。みなさまのおかげで、10年間続けてくることができました。

そんな10周年感謝カンゲキ記念号ですが、内容をご紹介します。お伝えしたいこと満載で長くなりますが、お付き合いくださいませ。


『デザインのひきだし30』
特集|日本中のあらゆるスペシャル印刷加工を完全網羅!
   新しい特殊印刷加工の教科書

透明ニスの厚盛りや箔押しだけが特殊印刷じゃない! 日本中の特殊印刷や特殊加工を108種類、ドドーンとご紹介する永久保存版の1冊です。別冊付録として、特集でご紹介している特殊印刷加工の実物サンプルを89枚綴じ込んでいます。

c0207090_17251086.jpg


というわけで、今回は本誌+別冊(3種類)という仕様で、書店店頭ではボコっと膨らんでOPP袋に入って陳列されていると思います。なんか……付録いっぱいの女性誌みたいな感じです。

表紙には、特殊印刷加工特集に合わせて、こんな感じの特殊印刷がなされています。

c0207090_1726226.jpg


白く浮きだしたものが2段階の厚みで入っていて、その上からさらに金がのっているという仕様。いったいどういう印刷加工をしたかわかりますでしょうか? 私はこの印刷サンプルを始めてみたときには、どうやっているのか全然わかりませんでした。聞けば知っている加工だったのに。。くやぢい。

本誌は今回から、アートディレクションを鈴木千佳子さんにお願いしています。ロゴも縦書きのものに変わり、誌面デザインも一新されています。

鈴木さんから、巻頭の特集扉のテキストは、私の手書きでというお話をいただいて、最後まで抵抗したのですが、やはり心が伝わるかな……と思い直し、書かせていただきました。

c0207090_1728377.jpg


特集の巻頭には、海外のすごい特殊印刷加工の取材記事を入れています。こちらは世界でここしかやっていない、ドイツの小口加工工房のお話。本の小口を三方金加工することは日本でもありますが、さらにそこに刻印をいれているんです。すごい!

c0207090_17294517.jpg


108種類ご紹介している特殊印刷加工は、地色によって「ピカピカ」とか「凸凹」とか「スケスケ」「見え方が変わる!」など、カテゴリ分けして掲載しています。

c0207090_17311536.jpg
c0207090_17312339.jpg
c0207090_17313175.jpg
c0207090_17314523.jpg


この特集と連動した別冊付録がこちら。

c0207090_17321014.jpg


A5サイズで、本誌よ分厚い冊子になってしまいました(苦笑)。
こちらに特集で紹介した特殊印刷加工の実物サンプルが89枚綴じ込まれています。

例えば

●箔押し(2色押し)/一度通しでこの加工すべてができるんです。
c0207090_1734254.jpg


●村田金箔のベーシックなメタリックホイルサンプル/ついつい見本帳が見つからなくなるんですよね……
c0207090_17342036.jpg


●カタニ産業の変わったカラーのメタリックホイルサンプル/こんな色があったなんて!
c0207090_1735288.jpg
c0207090_17351440.jpg


●クルツの見る角度によって紫と水色に変更する箔「ポーラライト」サンプル/美しい!
c0207090_17353469.jpg

c0207090_1736912.jpg


●従来品より明るい銀インキ「フラットシルバー」/マットPP貼ったサンプル最高です!
c0207090_17362318.jpg


●新しい広演色インキ「Kaleido Plus」と新しいシルバーインキ/オフセット印刷でこんなに輝くシルバーが刷れるなんて!
c0207090_17374539.jpg


●ホロフィルム貼り+UVオフセット印刷+擬似エンボス
c0207090_17384939.jpg


●紙が透明化する加工ワックスプラス(エッジタイプ)/こんなに細かい柄を透かせるなんて!
c0207090_17392818.jpg


●パチカへの加熱型押し加工/網点までできるなんて、神!
c0207090_17401776.jpg

c0207090_17404987.jpg


●ふわふわなフロッキー加工/紙地に影響をうけているのがおもしろいです
c0207090_1741778.jpg


●活版印刷(すべて鉛の活字と罫線活字!)で刷られた時刻表
c0207090_17414731.jpg


などなど、1枚ずつ本当に見応えのあるサンプルが89枚続きます。

そしてこれ以外にも今号には2つの別冊付録がついています。

★紙器研究所 小冊子
c0207090_1742312.jpg


福永紙工が母体となって活動している、紙器研究所。その研究結果をまとめた小冊子がついてきます。機械でつくれる箱を基本として、どんな新しいかたちの箱がつくれるのか。すごく興味深いです。

c0207090_17442791.jpg

c0207090_17443639.jpg


そしてもう一つの別冊が、祖父江慎さん考案の新しい色付きチップボール「ゆるチップ」の全色見本帳。
c0207090_17451762.jpg



こんな風に、10周年記年号らしく(?)豪華な内容で、お値段据え置き2000円(税別)! 全国書店で発売中ですので、どうぞお手にとってご覧くださいませ。
[PR]
# by design_hikidashi | 2017-02-07 17:46 | ただいま制作中!

見に行きたい展覧会・イベント等

備忘録代わりにブログ掲載。ひきだし読者の方は興味あるもの多いかもしれません。

●Hong Kong Design PMQ pop up @ aiiima
会期:1月20日(金)~1月24日(火) 11:00~20:00
場所:Creative Lounge MOV aiiima 1+2(SHIBUYA HIKARIE 8F)
くわしくはこちら

●鳥海 修氏  文字をつくる仕事―理想の書体を求めて―
会期:2月10日(金) 19:00〜21:00
場所:国立市公民館 3階講座室
くわしくはこちら

●マリメッコ展 -デザイン、ファブリック、ライフスタイル
会期:〜2/12(日) 10:00-19:00
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
くわしくはこちら

●中村至男展
会期:〜2月16日(木) 11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館
場所:クリエイションギャラリーG8
くわしくはこちら

●絵双六ワンダーランド
会期:〜2月19日(日) 9:30~17:30
場所:新宿歴史博物館 地下1階企画展示室
くわしくはこちら

●「クリエイター100人からの年賀状」展vol.12
会期:1月20日(金)〜2月24日(金)  10:00-19:00
場所:竹尾 見本帖本店
くわしくはこちら

●切手デザイナーズトーク
会期:2月25日(日)
場所:郵政博物館
くわしくはこちら

●WASHI 紙のみぞ知る用と美 展
会期:〜2月25日(日)
場所:LIXILギャラリー
くわしくはこちら

●本づくり協会フェア 荻窪 Title
会期:〜2月27日(月)
場所:Title
くわしくはこちら

●印紙・証紙――小さなグラフィック・デザインの世界
会期:〜3月5日(日)   9時30分~17時 月曜休館
場所:お札と切手の博物館 2階展示室
くわしくはこちら

●川島小鳥展 境界線で遊ぶ
会期:1月21日(土)~3月5日(日) 10:00~17:00 月曜休館
場所:福井県 金津創作の森 アートコアミュージアム-1、ギャラリー
くわしくはこちら

●世界のブックデザイン2015-16 feat.造本装幀コンクール50回記念展
会期:〜3月5日(日) 10時~18時
場所:印刷博物館 P&P ギャラリー
くわしくはこちら

●鹿児島睦の図案展
会期:1月28日~3月12日 10時~20時
場所:三菱地所アルティアム(福岡)
くわしくはこちら

●鹿児島睦の造形展
会期:1月28日~3月12日 10時~20時
場所:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室(福岡)
くわしくはこちら

●仲條正義 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐
会期:1月13日(金)~3月18日(土)
場所:ggg
くわしくはこちら

●生誕140年杉浦非水 開花するモダンデザイン
会期:2月22日〜3月30日
場所:愛媛県美術館
くわしくはこちら

●花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼
会期:2月11日(土)〜4月9日(日) 10:00~18:00 月曜休館
場所:世田谷美術館 1階展示室
くわしくはこちら

●平野甲賀 描き文字展  小豆島から台湾へ
会期:3月31日(金)〜5月14日(日) 火・水休み 14時〜19時
場所:緑光+marute(台中市西區中興一巷2號)
くわしくはこちら

●数理の国の錯視研究所
会期:~5月15日(月)
場所:日本科学未来館 3階 常設展「未来をつくる」内
くわしくはこちら
[PR]
# by design_hikidashi | 2017-01-19 13:16 | イベント・展覧会・新製品情報

文字入力・編集補助の短期アルバイト募集

※お仕事をお願いする方が決まり、メールにてご連絡しました。
 たくさんのご応募、ありがとうございました。
 (2017/1/7 12:41)


編集部 雪です。
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、「デザインのひきだし」編集部では、2月上旬発売の30号(創刊10周年記念号!)の校了に向けて、制作が佳境を迎えているところですが、実は、雪担当の書籍企画がもう1冊、進行中。こちらの制作のため、短期アルバイトを募集します。

日時:1月10日(火)〜12日(木)の3日間
    11時〜18時まで(お昼1時間休憩)
場所:千代田区九段北1-14-17 グラフィック社内
   (地下鉄九段下駅より徒歩5分)
時給:1,000円+交通費全額
  (最終日12日に現金にて支払)
仕事内容:文字入力(Exel上でのデータ入力)・編集補助作業(簡単な校正など)

※上記3日間以外に、翌週もお仕事をお願いするかもしれません。

【応募方法】
ご応募いただける方は、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレス、アピールポイントを明記のうえ、 編集部 雪 朱里 yuki@graphicsha.co.jp までメールにてご連絡ください。メールの件名は「文字入力アルバイト応募」でお願いいたします。

【応募〆切】1月6日(金)18:00まで

※お仕事をお願いする方にのみ、1月7日(土)中にメールにてご連絡いたします。

* * *

さて、上記「制作中の書籍」とはなにかというと…
春に向けて、明治・大正・昭和生まれのデザイナーや作家の描いた素晴らしい「描き文字」を集めた本をつくっているのです。

たとえば、こんな感じの本とか、
c0207090_14192728.jpg


こんな感じの本とか、
c0207090_1420476.jpg


もちろん、本以外にもポスターやパッケージなど、いろいろなところにデザインされた描き文字を、作家別にたっぷりとご紹介していきます。

そんな本の制作現場に興味がある!という方、ぜひご応募ください。
よろしくお願いします!
[PR]
# by design_hikidashi | 2017-01-05 14:45 | その他

行きたいイベント一覧〈備忘録〉

もうそろそろ和紙特集の『デザインのひきだし29』が書店さんに並び始めると思います。実際に読んで見て触って持って、和紙を体験してください。

編集部は早くも次号(なんと30号、まるまる10周年記念号!)が動き始めていますが、校了間際に比べると遥かに時間がある日々。そんな間にはぜひいろいろなイベントに行っておきたい。SNSなどで見かけて気になっているものも多数あるので、ここに備忘録がわりにまとめたいと思います。デザインや紙、印刷加工に関連するものばかりなので、ひきだし読者のみなさんなら行きたいと思われるものもあるかと。

★会期終了が迫ってる順

●北欧デザイナーによるSASHIKO『UNIK(ウニーク) - 北欧デザインの原点』
会期:2016年10月5日(水)~8日(土)
場所:スウェーデン大使館(東京・六本木)
詳しくはこちら

●日本のポスターの黄金時代 60’s/70’s
会期:2016年9月17日(土)~10月9日(日)/毎週火曜日休館
場所:ポスターハリスギャラリー(東京・渋谷区)
詳しくはこちら

●SAGAN GA 展
会期:2016年9月2日(金)~10月14日(金)/土日祝日休館
場所:株式会社竹尾 見本帖本店(東京・神保町)
詳しくはこちら

●企画展「文字ノ音——ことばの配列と印刷の技」
会期:2016年9月27日(火)~10月27日(木)
場所:明治大学生田図書館Gallery ZERO(神奈川県川崎市)
詳しくはこちら

● 「黒田泰蔵 白磁 写真 造本 印刷」展
会期:2016年9月28日(水)〜10月30日(日)/会期中無休
場所:MGG(光村グラフィック・ギャラリー)(東京都品川区)
詳しくはこちら

●AOYAMA CREATORS STOCK 06 REN TAKAYA EXHIBITION No.1-6
会期:2016年10月3日(月)〜10月31日(月)
場所:竹尾 青山見本帖(東京・表参道)
詳しくはこちら

●「かみの重力」展
会期:2016年10月19日(水)~11月6日(日)/10月31日休み
場所:リビング・モティーフ(東京・六本木)
詳しくはこちら

●安西水丸さん、デザインを教えてください!
会期:2016年8月19日(金)~11月6日(日)
場所:Books under Hotchkiss(金沢)
詳しくはこちら

●mt ex at CLASKA
会期:2016年10月19日(水)〜11月15日(火)
場所:CLASKA(東京・目黒)
詳しくはこちら

●GUSTAVEくん by HIGUCHI YUKO
会期:2016年10月7日(金)~11月20日(日)
場所:ポーラ ミュージアム アネックス(東京・銀座)
詳しくはこちら

●Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo
会期:2016年11月11日(金)〜24日(木)
場所:東京藝術大学大学美術館 陳列館(東京都台東区)
詳しくはこちら

●「本迷宮 ――本を巡る不思議な物語」展
会期:2016年10月21日(金)〜11月25日(金)/土日祝日休館
場所:株式会社竹尾 見本帖本店(東京・神保町)
詳しくはこちら

●現代日本のパッケージ2016
会期:2016年9月17日(土)~11月27日(日)/毎週月曜日休館
場所:印刷博物館(東京・文京区)
詳しくはこちら

●榎本了壱コーカイ記
会期:2016年11月11日(金)~12月24日(土)/日曜祝日休館
場所:ggg(東京・銀座)
詳しくはこちら

●世界のマガジン展
会期:2016年10月27日(木)~12月26日(月)/毎週水曜日休館
場所:リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿区)
詳しくはこちら

●武士と印刷
会期:2016年10月22日(土)~2017年1月15日(日)/毎週月曜日休館
場所:印刷博物館(東京都文京区)
詳しくはこちら

※関連企画 「5.講演会」12月24日(土) 14:00~15:30
「【武士と印刷】展のポイント」川井 昌太郎(印刷博物館学芸員)

●江戸の遊び絵づくし展―おもしろ浮世絵版画
会期:2016年1月19日(土)~2017年1月15日(日)
場所:うらわ美術館(埼玉県・浦和)
詳しくはこちら

●デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法
会期:2016年10月14日(金)~2017年1月22日(日)/毎週火曜日休館・年末年始休館
場所:21_21 DESIGN SIGHT(東京・赤坂)
詳しくはこちら
[PR]
# by design_hikidashi | 2016-10-05 18:01 | イベント・展覧会・新製品情報

『デザインのひきだし29』和紙特集はこんな内容だ!

内容も和紙、本誌自体も和紙でできた『デザインのひきだし29』。早い書店さんだと明日くらいから並び始めそうです。嵩高な和紙ならではの軽さですので、ぜひ現物を持ってみてください。

今日は和紙特集の内容をちょっとご紹介したいと思います。和紙と一口に言ってもさまざまな種類がありますが、本誌では手漉き和紙、機械抄き和紙の両方を紹介しています。印刷加工をするという前提でのご紹介が多いので、機械抄き和紙に重点を置いていますが。

手漉き和紙の記事としては、人間国宝の岩野市兵衛さんの工房(福井県・越前)を訪ねたり、

c0207090_17463634.jpg


見るだけでうっとり、すぐに欲しくなってしまう和紙作品を多く作り出している、若手の和紙作家・森田千晶さんのインタビューがあったり(なんと、原料である楮を育てるところから!)

c0207090_17473253.jpg


手漉き和紙はあまり印刷加工できないイメージを持っていましたが、いえいえそんなことはないんです。オフセット印刷でこんなにも色鮮やかに手漉き和紙に刷ることもできるんです! 写真の左ページ(黄色い花の絵)が手漉き和紙にオフセット印刷した実物サンプル綴じ込みです。

c0207090_1748385.jpg


本文ページは機械抄き和紙なので、この綴じ込みの手漉き和紙とさわり比べてみると、風合いの差もわかって興味深いです。


機械抄き和紙については、いろいろな記事を載せていますが、ひとつだけピックアップ!

みなさん、世界一薄い紙ってどこでつくっているどんな紙か知っていますか? その答えがこれ。

c0207090_1831773.jpg

デザイナーの名久井直子さんが持っているのが「世界一薄い紙」。これは高知県は土佐にある「ひだか和紙」でつくられている「典具帖紙」で、私も実際に触れさせてもらいましたが、なんだか蜘蛛の巣のようなというか、紙とは思えない手触りで、破いてしまうのでは?とおどおどしながら触りました。
でもやはり和紙。想像以上に丈夫で破れることはありませんでした。
これがどんな場面で使われているのか、どうやってつくられているかなどは、ぜひ記事をご覧ください。

他にも記事はいろいろ載せているのですが、実物とじ込みをしているものだけ、ズラーっとご紹介しますね。

まずこれは、竹尾が出している「てまり」のオリンピックカラーバージョンです。本特集のためにオリジナルでつくっていただきました。思ったより少ない量からオーダーできるんですよ。知ってましたか?? ぜひ実物を見て触って、オーダーしたい場合は竹尾さんにご連絡してくださいな。

c0207090_186555.jpg


次は、美濃で和紙づくりをする丸重製紙に、オリジナル透かし入りの和紙をつくっていただきました! 絵柄は人気イラストレーター・福田利之さんの塗り絵ブック『森の王国』からお借りしました。うーん、かわいい! これはテンションあがります。こちらも最小100kgからつくってもらえるというから驚きです。詳しくはぜひ実物を透かして見ながら、記事をご覧ください。

c0207090_1875464.jpg


もうひとつ、オリジナル透かしをいれた紙をつくっていただきました。こちらは越前和紙の里にあるTAKI PAPERの手によるもの。エンドレス柄でなく、こうして位置していして透かしを入れることもできてうっとりです。詳しくはぜひ実物を触りながら記事をご覧ください。

c0207090_1891061.jpg


ここまでの綴じ込みは、和紙の大きな特徴のひとつである「比較的小ロットでオリジナル品がつくれる」ということがバッチリわかる内容になっています。

他にも、和紙の印刷加工についてもいろいろご紹介していますが、中にはこんな「耳付き風和紙のような断裁加工ができる+それがタック紙で!」というようなすごい加工もご紹介しています。お酒のラベルなどで見かけるあれだ!

c0207090_1811723.jpg

c0207090_18112047.jpg


また、和紙はお菓子などの「掛紙」にも多く使われていますが、中でも活版印刷でインキローラーに多色のインキを入れて刷り上げるグラデーションが美しい、そんな実物サンプルを綴じ込んでいます。網点のないグラデーションの豊かさと、和紙との相性の良さをぜひご覧ください。

c0207090_18123754.jpg


それ以外にも本誌でご紹介している和紙を30種類、ドドンと実物とじ込みしています! これだけを購入しても2000円超えるんでは……という豪華さ。ぜひ実物を見て触ってにおいを感じて、みなさんのお仕事で使ってもらえればと思います。

c0207090_1813438.jpg


もうすぐ書店さんで実物ご覧いただけると思います。どうぞよろしくお願い致します!
[PR]
# by design_hikidashi | 2016-10-04 18:15 | ただいま制作中!